ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

Airfix Avro Shacklton MR.2



エアフィックスの最新キットであるShackletonのレビューをしたいと思います。

まず、シャクルトンについて軽く説明しますと、この機体は戦後にアブロリンカーン爆撃機をベースに改修を加え哨戒機とした機体です。

シャクルトンの72キットは長らくフロッグのMR.3しか無い中、エアフィックスが新しくリリースしてきました!

早速中身の確認〜

イメージ 1

まず箱絵から、背景は写真で手前の機体はレドームを展開しているのでこれから哨戒に向かう所なのでしょうか?

次はデカールです!

イメージ 2

発色も良く、蛇の目マークもしっかり出来ています。最近のエア製デカールは品質、使いやすさ的にとてもGOODです♪

次は胴体パーツです。

イメージ 3
イメージ 4

ここで爆弾倉内のモールドに注目、かなりの密度に驚きました。

翼パーツはAirfixスタンダードといった感じです。

イメージ 5

イメージ 6

表面の筋彫りは最近のエアフィックススタンダードといった感じでアッサリめです。これは人によって好き嫌いがわかれるかもしれません。

イメージ 7

小物はパーツもギッシリ詰まっています。精度も良さそうです。

イメージ 8

胴体下につくレドームは展開前と展開後が用意されています。

イメージ 9
イメージ 10


エンジン、タイヤ周りです。タイヤの溝、エンジンのインテーク入口の再現はバッチリです!

イメージ 11

2重反転プロペラなのでプロペラは8枚あります(笑)

イメージ 12

キャビン内のコンソールの再現が凄いです。

イメージ 13

説明書をみれば機内の再現度が分かると思います。これ、組んだら殆ど見えないんですが(汗)

イメージ 14

爆弾倉の再現もよくやったなあという感じです。

イメージ 15

勿論フラップは降りた状態も再現できます。

イメージ 18

クリアパーツは見たところ問題なし!

イメージ 16
イメージ 17

マーキングは2種類で、簡単に言えば、ロービジとハイビジって感じかな?

流石エアフィックス本国の機体だけにリサーチが凄く、HPに実機を見ながら3Dモデルの編集をやっている記事が出ていたので相当やる気があるようです。
これくらいの意気込みを日本の国内メーカーにお願いしたいですが、なかなかそうはいかないんですよねぇ

という事で、いつか作ります。いつか(^_^;)

都内遠征と戦果


最近、休日は休む事に専念していて殆ど外出していなかったのですが、今日は早起きして都内の模型店へ遠征しました!

いつもキットの購入はだいたいネットか秋葉原で済ませているものの、今回は東京は代々木八幡のドラさんで年末セールがあるという事で早起きして行ってきました。

ドラさんは店舗内に所狭しと積まれたプラモによって足の踏み場もない事で恐らく都内で一番有名?なプラモ屋で、セールの時は特設会場が設置されます。

その特設会場もプラモの山で多くのモデラー達と相まってカオス状況となっており、写真も撮れず(^_^;)

キット選びをするにも、人一人すら通れないような通路なのにかなりの人がいてあちこちでプラモ崩れが発生、店内のみんなで協力して積み直ししたりしました(笑)

帰り際に、下北沢のサニーへ行って買い忘れのキットを購入、無事帰還しました。

↓今回の戦果!

イメージ 1

ドラのセールは色々安いものがあって欲しいものがいくつもあったのですが、手持ちで帰らなければならないのと積みプラ増加抑制の為、フラゴン2機、X-1B、シャクルトン、コメートで我慢しました。

サニーでは買い忘れたエアの新金型C-47、海自デカール入りPV-2D、シーバンパイアを購入。

トラぺのフラゴンはなかなか手に入れる機会がなかったし、エアのシャクルトン、C-47は出たばっかりで良さそうですし、今日の戦果には概ね満足です!希望があればシャクルトンのレビューやります。

あぁ…また積み(罪)が増えるなぁ( ゚Д゚)





また久々の更新となってしまいました(^_^;)

体調不良は少しずつ良くなってきているのですが、今度は仕事で神戸出張に行ったりバタバタしておりました。

休日は休養に費やしていたのであまり模型の方は進んでいないですが、それでも毎日少しずつ作業を進めてきています。

イメージ 1

ミラージュさんの方は胴体の気泡消しで少々難儀しましたが、なんとか形になり、増槽も湯口の関係で潰れていた先端部を直したりしました。

大物、小物の下準備は殆ど終わったので、次はサフ吹きまで行こうと思います。


体調不良気味・・


こんばんは〜

前回の更新から1週間以上たってしまいましたが、先週末から体調不良で趣味どころではありませんでした。

就寝前1時間の記憶が無くなる程意識が朦朧としたり、朝は吐き気で胃薬を欠かせない状態が数日続いていました。

病院は月に1度通っているのですが、病院いった次の日に体調崩すという失態です・・

週明けからなんとか持ち直して今に至ります。

結局A-144の方は完成までいかず、中途半端な所で止まってしましました。

一応塗装までは終わっているのでタフト貼りについては追々記事にしたいと思います。

イメージ 1

ということで、本調子ではありませんが、ジェット練習機@ミラージュの製作を進めていきます。


イメージ 2

レジンキットなので主翼、胴体はアッサリ付きました。

但し、レジン特有の気泡が一部出ている箇所があるので要表面処理です。

更にレジン特有の削る度に灯油のニオイが漂ってくるのも味ですかね(笑)

イメージ 3

練習機なので吊りものの武装はありませんが増槽は付きます。

キットには500Lと1300Lが選べるので、今回は大きい1300Lをチョイスです。

イメージ 4

ミラージュの初期型が好きな理由の一つであるアター9型エンジンのノズルは後入れ可能なように微調整済み。

イメージ 5

フルレジンキットと言いつつ動翼はインジェクションパーツを使います。キットの動翼はご丁寧にフラップとエルロン部が別パーツになっていて収縮の所為か形が合わなかったので某チェコメーカーのMirage3Cパーツから租借しました。(3キット分くらい持ってるのでw)

ジェット練習機ネタ、無理せず進めてい項と思います。




ラストスパートです・・・

コンテスト締め切りがあと一週間となりました。

本格的に製作へつぎ込めるのはこの土日となっていたので気合を入れました。

イメージ 1

サフ吹き→修正→サフ吹き(黒)→銀塗装

更にスミ入れ、デカール貼りまで完了です。

後は小物部品の取り付けと今回の肝であるタフトの取り付けをあと1週間以内に終わらせなければなりません。

さて、間に合うかなぁ??


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事