ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

Airfix Avro Shacklton MR.2



エアフィックスの最新キットであるShackletonのレビューをしたいと思います。

まず、シャクルトンについて軽く説明しますと、この機体は戦後にアブロリンカーン爆撃機をベースに改修を加え哨戒機とした機体です。

シャクルトンの72キットは長らくフロッグのMR.3しか無い中、エアフィックスが新しくリリースしてきました!

早速中身の確認〜

イメージ 1

まず箱絵から、背景は写真で手前の機体はレドームを展開しているのでこれから哨戒に向かう所なのでしょうか?

次はデカールです!

イメージ 2

発色も良く、蛇の目マークもしっかり出来ています。最近のエア製デカールは品質、使いやすさ的にとてもGOODです♪

次は胴体パーツです。

イメージ 3
イメージ 4

ここで爆弾倉内のモールドに注目、かなりの密度に驚きました。

翼パーツはAirfixスタンダードといった感じです。

イメージ 5

イメージ 6

表面の筋彫りは最近のエアフィックススタンダードといった感じでアッサリめです。これは人によって好き嫌いがわかれるかもしれません。

イメージ 7

小物はパーツもギッシリ詰まっています。精度も良さそうです。

イメージ 8

胴体下につくレドームは展開前と展開後が用意されています。

イメージ 9
イメージ 10


エンジン、タイヤ周りです。タイヤの溝、エンジンのインテーク入口の再現はバッチリです!

イメージ 11

2重反転プロペラなのでプロペラは8枚あります(笑)

イメージ 12

キャビン内のコンソールの再現が凄いです。

イメージ 13

説明書をみれば機内の再現度が分かると思います。これ、組んだら殆ど見えないんですが(汗)

イメージ 14

爆弾倉の再現もよくやったなあという感じです。

イメージ 15

勿論フラップは降りた状態も再現できます。

イメージ 18

クリアパーツは見たところ問題なし!

イメージ 16
イメージ 17

マーキングは2種類で、簡単に言えば、ロービジとハイビジって感じかな?

流石エアフィックス本国の機体だけにリサーチが凄く、HPに実機を見ながら3Dモデルの編集をやっている記事が出ていたので相当やる気があるようです。
これくらいの意気込みを日本の国内メーカーにお願いしたいですが、なかなかそうはいかないんですよねぇ

という事で、いつか作ります。いつか(^_^;)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事