カバラバカの生態観察日誌 * 本日も激しくネタバレ中(´Д⊂ヽ*

ある主婦による日本人のジェノサイドを企むイルミナティーのテロ予告解析 & 全力で呪い返しを行うブログ♪

全体表示

[ リスト ]

 
今、この映画の試写会が各地で行われ、観る人に衝撃を与えています。
 
モンサント社は自社の利益のためならなりふり構わず、なんでもやる会社。
 
そのやり方は、相手にわざとぶつかっておいて「肩が触った!」と因縁をつける
ヤクザとまるで同じです。
 
遺伝子組み換えの花粉を撒き散らしておいて、在来種と交雑してしまったら、
謝罪するどころか、在来種の農家を「特許権の侵害」で訴えるのです。
 
遺伝子組み換え作物が安全でない、という情報を、わたしたちがテレビや新聞
で見ることはありませんが、それは安全性が証明されているからではなく、
モンサント社が、自社に都合の悪い情報を握りつぶしてしまうからに他なりません。
そのやり口が、詳細に映画の中で語られます。
 
モンサント社の野望は食料を支配することによって、世界を支配すること。
そして今や、世界中の種苗会社は続々とモンサント社に買収されつつあり、
世界の種子の1/4が既にモンサント社の支配下に入っています。
 
組み換え遺伝子がいったん自然界に放出されて、それが風によって拡散されて
しまうと、取り除くことは永遠に不可能になります。
 
「核と人類は共存不可能」なのと同じように、「在来の農業と遺伝子組み換え農業
の共存は不可能」。
 
しかし、日本のTPP参加によって、遺伝子組み換え作物の表示がなくなり、商業
栽培も始まることが強く懸念されています。
 
今、すべての消費者に、そして農家に迫っている危機と、その解決法について、
この映画を見て一緒に考えてみませんか?
 
シンポジウムでは安田も登壇します。
 
 
●第1回  8/5(日)@新横浜、スペースオルタ
  
●第2回 8/25(土)@横浜市歴史博物館
 
●時間:14:00〜17:00頃
 
●映画上映の後、シンポジウム。パネリストは国会議員首藤信彦氏、安田美絵。
 (25日は他の有識者も加わる可能性あり)
 
●主催:食の安全とグローバル経済を考えるシンポジウム実行委員会
 
●参加費:500円+資料代500円
 
●お申し込み・お問合わせ: TEL 045-942-4606  our_food_safety@yahoo.co.jp
 
詳細はチラシで。チラシのダウンロードはこちら
 
FaceBookページもあります。いいね!&お友達の招待をお願いします。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

コメントありがとうございます。
自分たちが良いように、使われていることは分からないのでしょうね。同情もしませんが。

2012/8/1(水) 午前 8:54 [ macrobioticstudio ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事