役員運転手とは

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

愚痴を聞く


先月、引き継いだ前の派遣先の後任運転手から時々、

連絡がある。

相当ストレスに感じているのか、

あれこれ客に言われているらしい・・・・

私にも思い当たるところがあるので、

納得する。

序に車をこすってしまったとの事・・・・

アァ・・、やってもた。

国産のセダンでは市販されている中で1、2のボディーサイズなので、

慣れないと車幅や長さがつかみずらい。

別会社なのでそこまでする必要があるのかとも思うが、

同じ運転手で飯食おうって人間を邪拳にするのもな・・・

何かの縁だろう・・・

それでも、本人はもう少し頑張って続けると言うし、

それはそれで就職したばかりの仕事だからそうだろう・・・

嫌になったら、相談には乗るとだけ伝えた。

私もその派遣先に入ったばかりはあれこれ前任者に聞いた。

愚痴は営業に言ったが、

ただ諭すような返事しかないままストレスが鬱積した。

自身の身になって聞いてくれる人間がいれば気がまぎれる。

愚痴の一つも言いたくなるような現場では・・・

人間、逃げ道や多少の希望があれば、

なんとかやっていける。

後任の運転手がこの先、続けるか、はたまた辞めてしまうか、

それは本人の問題で誰かが決める事ではない。

ただ、辞めるのであればその経験を生かして、

私の会社に来ることは勧めた。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新人

 
大方、日本の会社は新入社員を迎えて、

新人研修をしている時期であろう。

私の会社のような運転手派遣の場合は新人と言っても、

中高年の再就職である。

ホテル関係等の他の部門での新卒採用はあるのだが、

運転手派遣に関しては新卒はないし、

この業界に入り、運転手をやりたいなどという大卒は皆無と思う。

そういう事情ではあるが、

それでも中高年者の応募はあるようで、

ブラブラしてる私が教える事になって2日目。

新人、または業界未経験者の運転、動作を見ると、

自分もこんなだったかな・・・と、改めて思う。

道が分からない、それで無駄な車線変更が多くなる、独り言を言う、

ステアリングの手の位置、加速の加減・・・

1年も現場に入ってしまえば、それなりにやれてるとは思うし、

自分自身や周りの運転手を見ていてもそんな感じだから。

新卒と違うところは、彼等、彼女たちには養う家族がいたりする。

早い話、生活があるので出来れば、

上手く現場に配属されて仕事をこなし、

家族を安心させてもらいたいとは、この年になると思う。

若い頃は、他人の生活など知った事ではないと思ってたが・・・

家族がいなくても、それは生活の為にこの仕事を選んだのだから、

手伝ってやるべきなのだろうな・・・と、過去の辞めさせた新人の事を思い出す。

入社するまではそれなりに時間もかけてるだろうし・・・

自分の勝手な考えを押し付けてしまったのだから。

所詮は運転手でしかないし、

世間から見れば何やってんだかよくわかんない仕事だが、

それでも生活する手段としてこの仕事を選んだのだから、

この仕事が嫌いな自分が手伝えることはする。

夢を語ったり、すばらしさを語るのではない。

生きる術として、いかにすればこの仕事で食えるか、

シンドイ部分や嫌な事を含めて、嫌われても教えてやる。

それが現場の人間が教えられる本当の事だから。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


今週の月曜日に引継ぎがありました。

明後日の金曜を持ちまして、今の派遣先は終了になる。

どんな人が後任でやるのか、

興味はありました。

それは今月に入ってからのブログにも色々と書いてますが、

予想通りというか、お客は別会社に頼んでドライバーを探したのですが、

新規に募集を掛けて採用という形でした。

こうした場合、経験者が転職する場合と、

業界未経験の人が運転経験を生かして応募する場合があります。

一日、同乗して感じたのは後者に近いという事です。

長くこの仕事をしてる運転手ならそんな事聞かないだろう・・という事を何度も聞かれました。

自分の会社の社長を乗せて運転手の様な事をしていた事がある、という事らしいのですが・・・

年齢は私より多少若いので、無理はきくでしょうが。

それでも苦労すかもしれないな・・・という事は思います。

唯一の救いは深夜とかの遅い仕事はなく、

休日はウンザリするほどある事ですが、

裏を返せば金にならない・・・

私の前任者はタクハイの経験は14年程あるベテラン、

私自身も20年以上この業界にいます。

その後を素人同然の新人にやらせるというのを、

一体、誰が判断したのだろうか・・・と。

役員運転手の仕事などは1年もやれば新人でも出来るとは思いますが。

それでも最初は分からないことだらけで、

行き成りお客の所に出すかな・・・

ハイヤーなどでも一か月の研修後、簡単な仕事で覚えさせながら専属に付いたりするのですが。

取り敢えず、私の業務自体はあと2日のみ。

来週以降、どうなるか分からないし、

もう自分が関わる事でもない。

分からないようだったら連絡くれとは伝えましたが・・・

自分自身の事では来月の代務だのスポットだのの予定を既に貰っていて、

少しのんびりしたかったのですが。

こっちから代えてくれと言った手前、仕方ない。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

引継ぎ


来週の月曜日に次の運転手と引継ぎをする予定が決まった。

ほぼ一日使って引き継いで欲しいとの事。

さて、問題はどこまで伝えられるか・・・

現状は運転手とお客のみのやり取りでしか、

分からないようなところ。

自分の派遣会社にしろ、お客の会社にしろ

その実情はクレームが上がらない限り見えにくい。

自分の時もそうなのだが、いざ始めてみたら「何これ・・・」て事が多い。

辞める方は嫌な部分、やりにくい部分は話さず、

後になって何で辞めたのかの・・・その原因が分かる。

大方、お客自身は無自覚、または改善が望めない事が多い。

私も始めた頃、担当営業を通して相談したが、

無駄だと思った。

オーナー会社の三代目社長のワンマン経営の場合、

社員は所謂、下僕または使用人のよう状態で、

社長に耳障りな事は入れたくないようだ。

だから、何を変えてくれなどという事は伝えたくないようだった。

私が再三、交代を希望したのもこういう部分が日ごとにエスカレートしているように感じたからなのだが・・・

若い頃から、その会社に世話になっていれば、

何があっても頑張ろうとか思うのかもしれないのだが、

生憎、単なる派遣運転手にそれを求められても、

何言ってるのか理解できない。

という事で、引継ぎの時は洗いざらい嫌な部分を伝える予定である。

それで始まってみて、ああ・・これかと思うようなら後は、自分なりに熟してもらうしかない。

だいたい別会社なのでそこまでやる義理も無いのだが、

運転手自身が悪い訳でもないのだし、

その辺はキチンとやろうとは思う。

29日が最終日なので、

実質10日程で終了だ。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


役員車の運転手の募集という事について。

求人サイトに「役員車運転手」と入力すると、
かなりの数の募集が表示される。
その多くはタクハイ系またはドライバー派遣専門の会社、
そして企業の直接の募集。
一般的にはタクハイ系の会社かドライバー派遣会社が多い。
どこが違うのかと言えば、タクハイ系の募集では基本的に普通2種を取得が求められる。
これは以前にも書いたかな?
タクハイの中でも、ハイヤー業務を行っている会社のオプションと考えれば分かりやすい。

かたやドライバー派遣会社の場合は普通1種で問題なく、応募できる。
こうしたドライバー派遣会社は大手の金融系の子会社が多い。
若しくはタクハイから独立した会社や警備会社。
応募者の多くは元タクハイの割合が高く、その次が運輸系や営業車に乗っていた人など・・・

最後の直雇いは通称「プロパー」などと呼ばれ、
ハイヤー運転手や派遣はなりたがるのだが、
それは大手の企業の重役車であって、
募集が出ている契約社員とかは宝くじを買うようなものである。
いい様に扱き使われた挙句、何かあればクビになる。

総じて、こうした募集に色々と歯の浮くような文句が並べられている。

”私達の御乗せするお客様は企業のトップ等のVIPな方々です。
 そうしたお客様を担当していただくあなたには守秘義務、丁寧な応対、清潔な身嗜みが求められます。
 私たちとスキルアップを目指し、もう一つ上のステージで活躍しませんか。”

みたいなw

それ程、優秀な人間だったら、運転手なんかやらんだろ・・・と思います。

現実は、タクハイは年齢的にキツイとか、会社潰れた、上司とケンカし辞めたったわ・・みたいな感じでしょ。
長くこの業界にいても、運転手は何時まで経っても「運転手」でしかないな・・・と思います。
それは良くも悪くも自分の事しか興味ないし、
事故れば全てがぶち壊しの板一枚下は地獄の世界と同じです。

だから若くしてこの業界に入る事は賛成できかねます。
職業選択の自由という言葉はありますが、
私の身内だった反対します。

以前、新人で30代の人を辞めるように説得して辞めさせました。
酷く嫌われたようで、その後電話に出ませんでした。
会社は本人の意志だと思っているようですが・・・

昔ほどお金にならない、
拘束時間は深夜に及べば残業代が付くと会社言います。
でも、プライベートは無くなり、家族がいればほったらかしになります。
運転手には離婚者が多いのです。
奥さんが逃げ出すような仕事だと思った方がいいかもしれません。
だから、中高年者でリタイア寸前の人向きのシニア応援で安く雇うのです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事