全体表示

[ リスト ]

先週の日曜日に義理の祖母が亡くなり、昨日略式の葬儀(母国スウェーデンで後日本格的な式がある予定)に参列した。急に具合が悪くなり、救急車を呼んでも来てくれず・・・という記事をこのブログでも紹介したことがあるが、それからわずか1週間あまりのことで誰も予期していなかった。


フランスはもともとキリスト教の国なので、今でもやはり土葬が主流だが、昨今少しずつ火葬にする人も増えてきているという。衛生的かつ経済的理由によるらしい。今では信じがたいが、歴史を振り返れば、ローマ時代には火葬だった。


うちの場合はどうかと言うと、義母たち姉妹で相談した結果、結局火葬ということになった。それはさまざまな理由による。


まず第1に、このところ暑く、昨日は31度だった(ちなみに今日は32度)し、義母の遺体をスウェーデンまで運ばなければならない。スウェーデンでは、お墓に入れるのに諸手続き等とても時間がかかり、最低3週間は待たなければいけないらしい。この暑さで何週間も待たされるのは大変だ。(結局、今回は納骨が8月末または9月上旬ということになった。つまり1ヶ月以上待たされることになる)


第2に挙げられるのが、手続きの煩雑さだ。日本もそうかもしれないが、フランスの場合、遺体を他の市町村に運ぶ場合、警察の誘導を必要とする。さらに、県が変わる場合は、その都度、県庁に赴き、書類に判を押してもらわなければならない。複数の県を跨るとしたら大変なことだ。葬儀会社の車に遺体を積んだまま、一族郎党総出で県庁から県庁へと移動することになる。一苦労だが、安全管理上、法律でそう決まっているらしい。


昨日の葬儀のことに話は戻って・・・


日本だと喪服等何かと決まりごとが多いと思うが、私がまず驚いたのは、やはり参列者の服装だった。大体黒、グレー、茶系がほとんどだが、中には故人が「赤」が好きだったからということで、オマージュとして赤をまとっている人も結構いたことだ。また、黒でもポロシャツだったりと思ったよりラフなのに驚いた。気持ちがあれば形にはさほどこだわらないということだろうか。


また、事前にざっと調べたところによると(私にとって初めての葬儀参列だったので)、供花の場合、フランスでは華やかなものが好まれるらしい。昨日は赤のバラ一色だった。これにも驚いてしまったが。


今回は略式だったからかもしれないが、式の間中、故人が好んだという軽快な音楽がかけられ、真っ赤なバラが手向けられ、赤色の洋服の人々がいて・・・と、とても「個人的」なお葬式だった。もちろん全員といっていいほどの人がサングラスをかけていた。泣きはらした目を隠すためだろうか。それらすべてが日本ではきっと考えられないような形式かもしれないが、私にはむしろ好ましく思えた。決して固苦しくなく、それでいてそれぞれが思い思いに故人を偲び、その面影を形にしたお葬式。今回改めてフランスまたはフランス人の新たな一面を見た思いがした。そして、いつの日か私もこの国に骨をうずめることになるのだろうなと1人で考えたりしたのだった。








是非クリックしてみてください。

この記事に

閉じる コメント(19)

イタリアでも知人の葬儀に参列したときあまりにみなさんがカジュアルな服装でびっくりしました。身内の人もカジュアルでした。参列することに意義があるという意味でしょうね。日本のように喪服のルールがなくてかえっていいかもしれません。

2008/8/1(金) 午前 5:48 [ ravannemariko ] 返信する

一言メッセージでお義母様のことを知りどうしてらっしゃるか心配していました。
初めてのそちらの葬儀、いろいろ驚かれたようですね。
急だったのでよけいでしょうか。
でも故人を偲ぶ心はどこでも同じですよね。

2008/8/1(金) 午後 3:20 lemonade 返信する

顔アイコン

お義母様のご冥福をお祈り申し上げます。

2008/8/1(金) 午後 3:21 lemonade 返信する

ご葬儀参列お疲れ様でした。急なことで大変でしたね。
故人の好きな色の服で参列したり、お花を手向けるってとても心がこもっている感じがします。
亡くなった方との境界線を引くのではなく、一緒にいらっしゃるという視点がうかがえて心に響きますね。

2008/8/2(土) 午前 11:19 [ lov*ly1*086* ] 返信する

顔アイコン

身内の葬儀の際準備と挨拶に追われ葬儀に疑問を持ちました。
フランスでのご葬儀のお話を読ませていただいてスタイルに
こだわらず親しい人だけで送ることのほうが故人を偲ぶことに
なるような気がします。

2008/8/2(土) 午後 11:44 [ Tommy ] 返信する

顔アイコン

義理のお祖母さま、随分突然だったんですね…赤が好きだった方ですか…きっとそういう色を好む女性ですから沢山の方々に偲ばれて天国へ行ったことでしょうね。日本では決まりごとが多いお葬式、…なので忙しく、目まぐるしくて苦しい…という話を聞いたことがあります。ケイコさんの義理のお祖母さまの葬儀・告別式だと堅苦しくなく、自然なスタイルで皆気持ちは故人を想うだけ、シンプルで素晴らしいと想いました。
お祖母さまのご冥福をお祈りいたします。

2008/8/3(日) 午前 4:04 [ tru*p*re_b*o ] 返信する

顔アイコン

お義祖母様のご冥福を心からお祈りいたします。ケイコ様もご家族も早く悲しみから立ち上がってくれますように。

2008/8/3(日) 午前 4:28 mll**chihi*o 返信する

顔アイコン

私も先週親しくしてきた方のお葬式に出かけてきましたが、皆、黒の礼服でした。
日本は国民性からいってもはみ出すことが苦手ですから、それはそれでよろしいと思います。
ただ、お葬式といっても、いろんななくなり方がありますから、人生を全うしたなと思えるような方には、もっと個人が喜ぶような自然なスタイルのお葬式もあっていいと個人的には思います。

2008/8/4(月) 午前 10:11 Ako 返信する

marikoさん、やはりイタリアもそうなのですね。
主人に日本の葬儀スタイルを伝えたらとてもびっくりしていました。やはり国が違えば習慣は本当に変わりますよね。

2008/8/4(月) 午後 9:30 マダムケイコ 返信する

lemonadeさん、温かいお言葉ありがとうございます。いろいろと勝手が違うので驚きました。ある意味勉強になったと思います。

2008/8/4(月) 午後 9:31 マダムケイコ 返信する

ラブリーさん、まさにその通りでした。一緒にいるという感覚でした。初めてのことで驚いたのですが、故人のライフスタイルを尊重したお葬式のやり方もいいものだなと思いました。

2008/8/4(月) 午後 9:32 マダムケイコ 返信する

Kawausoさん、いろいろと大変でしたね。日本の場合、冠婚葬祭は本当に込み入っていて気苦労が絶えないですよね。たまには個性を生かした葬儀の仕方があってもいいのかもしれないと思います。

2008/8/4(月) 午後 10:46 マダムケイコ 返信する

bioさん、いつも温かい気持ちのこもったコメントありがとうございます。無事に終わりほっとしました。親戚一同こういう時にやっぱり揃いますが、別の機会で会いたかったねと言い合いました。

2008/8/4(月) 午後 10:47 マダムケイコ 返信する

ちひろさん、いつもコメント楽しみにしています。少し落ち着いてきたところです。この週末のお天気いまひとつでしたね。今月、少しは夏らしくなるといいなと思います。

2008/8/4(月) 午後 10:49 マダムケイコ 返信する

Akoさんのおっしゃるとおりだなと思います。これから少しずつ変わっていくかもしれませんね。

2008/8/4(月) 午後 10:50 マダムケイコ 返信する

顔アイコン

お祖母様のご冥福をお祈りいたします。
その昔、あるドラマで故人の遺言として「私を思い出すときは笑顔で思い出してほしい。涙を流すのなら思い出さないで」というものがありましたが、お葬式ほど悲しいものはありませんが、故人を偲ぶというのなら今回なされた形が一番自然かもしれないですね。お葬式にもフランス人の粋を感じました。

2008/8/5(火) 午前 6:02 siamofeliciecontenti 返信する

顔アイコン

ご訪問、ありがとうございました。
フランスはオシャレな方が多いので、故人の好きな色の服で喪に服すということもアリなのですね。
とてもいい習慣だと思います。日本では、白もかつては喪の色だったはずなのですが...。

2008/8/5(火) 午後 10:24 sayusan 返信する

顔アイコン

お義祖母様のご冥福を心からお祈りいたします。

大学に行く途中の通学路に葬儀屋さんがあります。で、お花の見本がいくつか飾ってあるのですが、、、カラフルですよね。ハート型だったりすると、日本だと結婚式にでも使えそうな…。故人の思い出をみんなでシェアする、いいお葬式ですね。

2008/8/6(水) 午後 11:16 めぐみぃ 返信する

国が変われば、やはり葬儀も形が違うんでしょうね。
わたしも個性的な葬儀には賛成ですね。
誰の為でもなく、故人の為ですから。

2008/8/7(木) 午前 3:07 ♪2KIKI♪ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事