鷲巣義明のシネファンタスティック

ようこそ、ホラー映画とSF映画の快楽の部屋へ……!!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 今年のTIFF(東京国際映画祭)で鑑賞した作品の中で、前回紹介した『玄海灘は知っている』の他に気になった2作品を紹介しておきます。


『愛してる、成都』
(アジアの風・部門)

 08年に起きた、中国の四川大地震の後に発足した企画で、中国のツイ・ジエン監督が未来=2029年の成都を舞台にした物語を描きで、香港のフルーツ・チャン監督が「過去=1976年」の成都を舞台にした物語を描いた、全2話のオムニバス映画。前者では地震が「運命的な出遭い」を起こす出来事として、後者では地震が「ある予兆の隠喩」として用いられている。
 2029年、ある女性が従兄に重傷を負わせた若者をようやく探し出すが、彼は少女時代に巨大地震で崩壊したガレキの下敷きになったところを助けてくれた命の恩人である少年と同一人物だった。2人にはそれぞれ鬱積した感情がわだかまっていたが、お互いの気持ちが解放される瞬間を迎えることに……。
 初監督作なので演出に多少の初々しさを感じさせるが、それが作品全体に漂う、爽やかな感情の発露とも受け取れる。サンバチームのダンサーである女性と、特殊な武術を身につけた青年の共通点は肉体に流れる躍動感にあるのかもしれない。ラストでは2人が肉体を寄りそい、お互いがそこに流れる「気」を感じ取り、感情を確かめあうような印象に見える(あくまで筆者の感想だが!)。これが実に清々しくて、いい感じなのだ。
 1976年……それは中国変革の年。茶館に風変わりな男チャンが舞い戻ってきた。その姿は髪も髭も伸ばし放題で、不精な雰囲気が存分に漂っていた。実はこの店がチャンの自宅であり若い店主らしい。チャンは茶館の若いウェイトレスに長い注ぎ口の茶瓶の伝統芸を伝授する内にお互いが好意を抱き、恋に落ちてしまう……。
 本来は、韓国のホ・ジノ監督が「現代の成都」を舞台にした『きみに微笑む雨』(日本では、11月に劇場公開)が2作の間に入る予定だったが、諸事情で入れられなくなり、『愛してる、成都』の構成が弱くなってしまったようだ。この2作がなかなか興味深かっただけに実に惜しい。


『クリエイション/ダーウィンの幻想』(写真は、本作のポスター)
(natural TIFF・部門)

 19世紀末、チャールズ・ダーウィンが、当時の宗教を覆す、画期的な生物学的理論書「種の起源」を書きあげるまでの挫折と葛藤を描いたドラマ。原作は、小説「ANNIE’S BOX」。

(※以下の文中には、終盤のストーリー展開に触れています。ご了承の上、お読みください)
 ダーウィンが書きあげるまでに長い年月を要したのは、膨大な研究にあたった実質の時間だけでなく、難病を患う長女アーニーに深い愛情を注ぐと共に、執筆する上で信仰心の厚い妻エマとの対立があったため。
 チャールズが聖書と異なる人類の起源を著すことは社会に対する反逆であり、神への冒涜を意味することから、信心深い妻エマから猛反対されていた。とはいえ2人は共に愛し合っているが、長女アーニーの難病が2人の心に暗い影を落としはじめる。
 実は長女アーニーがドラマの鍵をにぎっているのだ。
 最初、アーニーが実在しているのか否かを曖昧にし、実はチャールズの妄想なのかもしれないと思わせる。そして過去の出来事を交錯させて描くことで、父親に冒険談を話し聞かせて欲しいとアーニーが度々ねだることから、生物の食物連鎖などを理解し、親子の深い絆に結ばれていることが分かる。
 エマは教会でアーニーの病気が治ることを祈り続け、チャールズはアーニーをエマの看病を続ける。そしてアーニーの死後も、チャールズはアーニーの幻影を見続け、アーニーの幻視に向けて独りごとのように話しかけていたのだ(よほどアーニーの死が精神的ショックを与えていた)。エマはそんな夫の姿をずっと見続けていたわけだ。
 そしてチャールズは「種の起源」の執筆に取りかかり、書き上げたものを最初にエマに読ませ、どうするか否かの判断を委ねることに……。
 監督が『ジャック・サマースビー』『コピーキャット』『ザ・コア』のジョン・アミエル、製作が『ラスト・エンペラー』のジェレミー・トーマス、出演がポール・ベタニー、ジェニファー・コネリーといったネームバリューながら、現在の洋画興行不振が続く日本では劇場公開は難しいのかもしれない。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事