鷲巣義明のシネファンタスティック

ようこそ、ホラー映画とSF映画の快楽の部屋へ……!!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 友人で既にこの世から去ってしまった
北林一光さんのデビュー作にして最期の小説「ファントム・ピークス」が、
彼が亡くなった後の2007年11月に角川書店から書籍化されました。

 日本では比較的少ないタイプのパニック小説としては娯楽性とメッセージ性が共存し、
しかも、宮部みゆきさんの推薦文もあって、三刷りまでいきました。

 そして、2010年12月25日に角川文庫から文庫化されました。
 とても、快調のようです。
 増刷も決定し、一人でも多くの方に読んでもらえれば、北林さんも喜んでくれるのかもしれません。

 もし、「ファントム・ピークス」をまだお読みになっていないのなら、
角川文庫から660円で発売されています。
 ぜひ、一度手にとってみてください。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事