全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

日暈(ひのかさ)

今、伊丹市では太陽の周りに虹が出ています。
イメージ 1


開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

EPSONさんのいつもの太っ腹企画に応募したところまたも当選。
4回連続の当選になります、ありがとうございます。 

イメージ 1

今回はEPSONさんの光沢写真用紙の中で最高級なものですが、サイズがL判からあるのでお家プリントでもお馴染みの用紙でしょう。 実際、お試しプリント用に2Lサイズを持ってます。
家のプリンタはPX−7Vを使っています。(実はこれもEPSONさんのモニタキャンペーン終了後に割引価格で買ったもの)
今までマット系の用紙ばかりを使っていたので、マットブラックを装着したままでしたが、今回はブルーインクを使うため初めてインクチェンジを行いました。 
マニュアルにも「主に光沢系用紙に印刷する場合は、ブルーインクをセットして使用することをお勧めします」と
あります。 必ず変える必要はないみたいですが、せっかくのチャンスなので変えてみました。
今回、提出する写真はこれ↓
イメージ 2

季節的にマッチするし、春の日差しのキラキラ感が光沢紙に合うのではないかという直感でチョイスしました。
あと、ブルーインクに変えたことでドライバ側で「ポジフィルム調」が選択可能になるのでこちらも試してみました。
今回はノーレタッチ、プリントするアプリも純正のE-Photoを使ってお手軽お家プリントの王道をいってみました。

イメージ 3

プリントしてみるとしっかりメリハリ感が出てきます。 ブルーインクに変えたことによって青系がより深くなった印象です。
「オートフォトファイン!EX」n風景でも印刷してみましたが、好印象なのは「ポジフィルム調」だったのでこちらを送ることにしました。
プリントしたものを写真に撮ってみましたが上の生データをリサイズした写真と比べるとディティールがつぶれてるように見えてしまうのが残念なところ。
他のモニターさんのブログでも書かれていましたが、やっぱり他の方のプリントした実物を見てみたいなあと思うのでエプソンプロセレクション事務局さん、何かそういう機会を作ってほしいなあと思っています。
そうそう、早稲田摂陵写真部さん(http://3rd.geocities.yahoo.co.jp/gl/wsshashinv/view/20130729)でA3ノビの用紙を送る時の梱包方法どうしてるの? とありましたので、うちでは↓のような感じで送っています。
イメージ 4

大きめの段ボールをばらして2枚の板にカットして、ビニール袋にいれた用紙をその段ボールでサンドイッチにして宅急便で送っています。 軽くて薄っぺらいのにサイズは大きくなるので運賃は千円以上かかるのですが、それ以上のものを頂いているので良しとしましょう。


開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

これで3回連続のモニター当選。
定価で一万円以上する用紙を毎度送ってくれるEPSONさんに感謝。
宿題で一枚提出しなくてはいけないけどお安いご用です。でも写真を選ぶのが大変なんだな。

イメージ 1

テクスチャのない滑らかな紙で結構厚くどっしりした感じ。 なんとなくモノクロが合いそうなんだけど手持ちの写真でモノクロを意識して撮ったものないし・・・、ということで試しにパートカラーの入ったモノクロを印刷してみた。
イメージ 2

印刷してみると前回のVelvetほどではないけど、しっかりカラーが載ってくる感じ。ちょっと予想より派手め(といいってもしっとりした感じ)にプリントされた印象かなと。(PX-7Vの顔料インクだから?)
なので、案外花マクロをカラーで出してみるのいいかもしれない。 次に試してみよう。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

またまたフレスコジクレーに続いてEPSONさんの用紙体験モニターキャンペーンに当選。
次はベルベットファインアートペーパーという用紙。 こちらもフレスコジクレーほどでもないけど高価な用紙。
写真選びはとりあえず終わり、この二枚をプリントしてみようかなあ。

イメージ 2


イメージ 1

詳細はまた後日・・・・



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今更ながらですが、EPSONさんにフレスコジクレーの体験サンプルを送るために選んだ写真は次の四枚。
いずれも紙質が伝わればと思ってプリントしたものを再度撮影したもの。
でも実物を見た方がもっと好印象かもしれないけど。
一枚目は風景、(結局これを送った)

イメージ 1

二枚目は黄色パートカラーの入った白黒、

イメージ 2

三枚目はこれも風景だけど彩りのある風景、

イメージ 3

四枚目はハイキーな人物、

イメージ 4

ローキー、ハイキーともに階調は出にくいかなあという印象。 いずれもレタッチで救える気もするけれど、自分にはその腕はないし。
色乗りしにくい先入観はあったけど、いたって普通にプリントされる。 紙そのものが適度に湿っぽいので、滲んだりするのかなと思ったけど、ベルベットファインアートペーパーよりも鮮やか(こってり系?)にプリントされると感じた。 紙のテクスチャーにも特徴があるので、やはり額に入れて飾ってナンボの用紙であるかと。
あとライティングも重要かな。
とにかく、高価な用紙を体験させてくれたエプソンさんに感謝。

そして第二弾のベルベットファインアートペーパーのモニターキャンペーンにも当選したので、また宿題を送らないと!




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事