まえだのModeling Diary

博物館で展示中です〜 https://muuseo.com/maeda
こんばんは〜^^

今日はパルスレーザー砲を組んで開口していました。
小さいので肉眼であまり見えないのでココまでやる必要は無いかもしれませんが・・・
デジカメでアップ写真を撮るとやっぱり開いてたほうがいいよね^^;
小さすぎて開けれない砲身も有りますが出来る限り開口したいと思います。

組んだ直後の状態。先っちょが丸いですね。
イメージ 1

ペーパーで少し平らにします。
イメージ 2

ケガキ針でセンターにあたりをつけます。押し過ぎると砲身が曲がるので注意。
イメージ 3

0.2mmの穴を開けました。ちょっとずれてるのも有るけどまあいいや^^;
イメージ 4

後部副砲の横の機銃
イメージ 5

本体は艦橋の基部まで組みました。
イメージ 6

第3艦橋の支柱を組みました。
イメージ 7

今日はココまで〜
明日は艦橋周りの工作ですね。
ではでは^^/

この記事に

開く コメント(8)[NEW]

こんばんは〜^^

台座の支柱の根元にコードを通す穴を開けました。
支柱に沿う形でコードを台座に引き込もうという作戦です。
実際にはコードが通らなかったのでこの後少しリューターで広げています^^;
イメージ 1

今回使うコード。ホームセンターで買いました。
イメージ 2

波動砲へはこんな具合に導光しています。
イメージ 3

胴体を貼り合わせて継ぎ目消しのため接着しています。
イメージ 4
イメージ 5

余剰パーツの2199の艦首(右)。2202のほうがボリューム有りますね。
イメージ 6

LEDに抵抗とリード線を付けていきます。
まずリード線の+側に150Ωの抵抗をつけました。
イメージ 7

熱収縮チューブを通してLEDに付けていきます。
イメージ 8

発光テスト。良さそうですね。
この後熱収縮チューブをドライヤーであぶって完成です。
イメージ 9

波動エンジンの基部に取り付けます。
イメージ 10

サブエンジンにもLEDを1つ使って左右に導光しています。
イメージ 11

胴体を受けるところに1mm真鍮線を取り付けました。
これが無いと胴体が安定しません^^;
イメージ 12

支柱の上あたりに穴を開けました。
イメージ 13

こんな感じでコードを通します。
イメージ 14

真っ直ぐ見たら隠れるはず^^;
イメージ 15

手近に有ったパソコンパーツのタッピングネジでラグ板を固定します。
ココに配線を集中させます。
イメージ 16

船体後半を組みました。
イメージ 17

接着剤が乾いたので継ぎ目消しのためサンディングして埋まったスジ彫りを彫り直しました。
イメージ 18

船体の前と後を合体し後ろ側の配線をラグ板に取り付けました。
イメージ 19

波動砲の根元のパーツです。本来ならボタン電池の発光ユニットがハマるところです。
イメージ 20

波動砲と艦橋のLEDを取り付けました。
イメージ 21

発光テスト
艦橋側
イメージ 22

波動砲側
イメージ 23

波動エンジン、補助エンジン
イメージ 24

今日はココまで〜
結構端折っちゃいましたけど、これで本体へのLEDの組み込みは終わりました。
明日からは艤装類の工作ですね〜
ではでは^^/




この記事に

開く コメント(2)

こんばんは〜^^

今日からは大分前に買っていたヤマトを作りたいと思います。
イメージ 1

波動砲と艦橋の発光用LEDが2個付属していますが、
波動エンジンと補助エンジンは別売りのユニットを買わないと発光できません・・・
イメージ 2
イメージ 3

別売のユニット2000円もするし、電池切れたときの交換が大変なので
外部電源から取るようにしたいと思います。

USB電源なら100均に売ってるしお手軽なのでUSB充電用ケーブルからDCプラグに変換して、
台座にコネクターを取り付けて給電する作戦にしようかなと思いました。

ブレッドボードに一応回路の確認用に組んでみました。
左2個は波動砲、艦橋用の青LED,右2個は波動エンジン、補助エンジン用の白LEDです。
抵抗は手持ちに有った150オームをそれぞれ取り付けています。
イメージ 4

台座にスイッチ付きのコネクターを取り付ける穴を開けたいと思います。
イメージ 5

こんな感じでのりしろを付けました。
イメージ 6
イメージ 7

こんな感じでいいかな。
イメージ 8

今日はココまで〜
明日は艦底を受ける支柱の改造をしたいと思います。
ではでは^^/


この記事に

開く コメント(4)

こんばんは〜^^

(10)シャーシに内装を取り付ける。

取り付けタボに普通の接着剤を塗り接着しました。
イメージ 1

(12)リアセクションの続き
ナンバープレートに両面テープを貼りボディに取り付けました。
イメージ 2
イメージ 3

(13)ラジエータの取り付け

低粘度瞬着を流し込んで接着しました。
イメージ 4

(14)シャーシにボディーを被せる。

ウィンドウの内側や車内のホコリをブロワーで飛ばしてから被せました。
イメージ 5

(12)の続き 

両面テープでウイングを取り付けました。
イメージ 6

完成^^
イメージ 7

ぐるりを適当に撮ってみました。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16

プリペイントとはいえある程度組みなれた人でないと難しいキットかもしれませんね・・・
特にリアウイングは組みにくかったです。

次は宇宙戦艦ヤマト2202の予定です〜
ではでは^^/


この記事に

開く コメント(6)

こんばんは〜^^

フロントガラスをボディーにくっつけたときの写真を撮り忘れました^^;
ゼリー状瞬着で屋根裏面に取り付けました。

(9)フロンドバンパーの組み立て
スモールライトのカバーとしたのドライビングランプはガイアノーツのUVジェルクリアで接着しました。
イメージ 1

ナンバープレートはデカールを貼り、乾いたら剥がれ防止に半光沢クリアでオーバーコートしました。
最後に両面テープで取り付ける予定です。
イメージ 2

ドアミラーにゲートがあるのでデザインナイフで綺麗に処理します。
イメージ 6

タッチアップは赤は手持ちの塗料の中でクレオス#158スーパーイタリアンレッドが一番近かったです。
メタリックブルーはタミヤのLP41マイカブルーが一番近かったです。
ミラー面は水性のデコプリンセスで接着しました。
イメージ 7


(10)は内装をシャーシーに取り付けるパートでした。明日くっつけます^^;

(11)リアウイングの組み立て
両サイドからウイングを挟み込むのですが取り付けタボが無いのでとっても組みづらいです。
両面テープで固定して低粘度の瞬着を流し込み固定しました。
このキットの中で一番イライラしたところです><
イメージ 3

(12)リアセクションの組み立て
ウイングのボディーへの固定は一番最後にします。
リアランプを取り付けましたら少し小さいのか中に塗ってあるシルバーがはみ出しています。
イメージ 5

タッチアップしました。
イメージ 4

この後ワイパーを取り付けています。

ボディーにエンブレムのデカールを貼りました。
イメージ 8
イメージ 9

明日になったらエンブレムのデカールが乾いているので剥がれ防止に軽く水性のクリアを上塗りする予定。
イメージ 10

今日はココまで〜
後は内装をシャシーに合体させてボディーを被せてウイングを取り付けるだけですね。

ではでは^^/

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事