ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

Kindle for PC (Windows)で読み上げ機能を試してみた。


普段からkindleを愛用しています。

今回はこのkindle本の読み上げについて書いてみます。

モバイル端末であればGoogle TalkBackというアプリで読み上げることができます。
操作にかなり癖はありますが、今のところkindle本を読み上げてくれるのはこれだけ。ちなみにAndroidの場合です。

もっと他に読み上げる方法は無いかな?

調べたところkindle for PC というアプリにも読み上げ機能が追加されたとか。
kindle for PCはWindowsPCでkindle本を読むためのアプリです。
詳しい記事はこちら


さっそくダウンロード

ダウンロードはこちらから

アプリ自体のダウンロードは問題なくできたけど、本のダウンロードが出来ない状態。はてさて。

調べてみると端末を再登録することで問題は解決。詳しくはこちら

無事本をダウンロードして、いよいよ読み上げ機能を使ってみようと思ったら今度は手持ちの本が読み上げ機能に対応していない。

2,3冊試してみたけどどの本も対応していません。。ぐぅ

ベストセラー本でもあるこの本ならさすがに行けるだろうと思ったが、ダメ。
イメージ 2


あきらめた

kindle for PCでの読み上げはあきらめました。

どの本が読み上げに対応しているのか、いちいち調べるのが大変。

Amazon Echoも読み上げに対応しているので試してみたいけど、同じ結果になったら困るのでamazonヘルプで確認。

以下引用
Alexaでの読み上げに対応しているKindle本:

Kindleストアから購入した本
Kindleオーナー ライブラリーで利用中の本
Kindle UnlimitedまたはPrime Readingで利用中の本
Alexaは以下のKindleコンテンツや機能には対応していません。

マンガおよびグラフィックノベル
朗読スピードのコントロール

これを見るとkindleストアから購入した本は読み上げに対応しているようです。
自分としてはモバイルアプリでもっと便利に読み上げできればいいのだけど、、、
今後に期待します。

Amazon Echoはためしに購入してみようかな。


最後に独り言

Yahooブログってちょっと野暮ったい感じがするのは自分だけでしょうか。
はてなブログや他のブログが日々機能改善されているなかYahooブログは昔のまま。

運営は単に広告を表示する媒体と捉えているのかもしれませんが、ユーザーは離れていないのかな?ちょっと心配。

自分はどうして使っているかというと、Yahooショッピングストアを運営している兼ね合いでこのYahooブログを利用しています。

Yahooショッピングストでは外部リンクへ誘導する場合、あいだに警告画面を挟むためそこでユーザーが離れてしまう確率が高いのですが、同じYahooブログの場合は警告画面をはさまずに移動ができるメリットがあります。

今のところYahooブログを使う理由はそれだけですね。
要望としてもうちょっとカスタマイズできる部分を増やしてほしいです、あと有料でもいいので広告を消せるプランも欲しいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。




本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事