yonedamasaki ヨネダ設計舎

*米田雅樹 三重県 建築設計事務所 ヨネダ設計舎ホームページURL http://www.yonedasekkeisha.com

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全294ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1





20180921

2018JIA環境建築賞.

4+1HOUSEの現地審査に日建設計 山梨さんと ARUP 菅さんがお越しくださいました.

雨のなか、秋霖煙る田んぼを見ながらお話をさせていただけて、

今まで自分がはっきりと気付けていなかったこと 下足と上足の行為で生まれる結界、農村地域での囲いというレイヤー、など、大変示唆と勉強の時間をいただきました.




11月、東京での公開三次審査.

自分の言葉で、素直にプレゼンしてこようと思います.


遠路、松阪までお越しくださいましてありがとうございました.

















この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


イメージ 1







イメージ 2





今日発売の新建築 住宅特集10月号に亀山市 「野原の家」 が掲載されました.

建築を志した頃からいつも隣にあった本.

目標であり、夢のひとつでした.

とても嬉しいです.



僕に設計をお任せくださり、撮影にも快くご協力くださった建主さん

この建物をつくってくださった職人さん、材料を届けてくださった業者さん

新建築社編集部、写真部のみなさま

プロフィール写真を撮ってくださった浅田政志さん

26歳からの遅いスタートだったのに、僕を雇い入れてくださって、仕事を与えてくれた社長、所長、先輩の方々


に心から感謝の気持ちでいっぱいです.



ありがとうございました.



もっと成長していけるように、建築を、この道を勉強していきます!!







2018.09.19 米田雅樹







イメージ 3







イメージ 4

















この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ベルギーチョコソフト

イメージ 1






毎年、秋口になるとミニストップから展開されるソフトクリームのシリーズ.



ベルギーチョコソフト.



甘いもの、アイス好きな自分は、ひと息つきたいときや、ひと仕事終えた時にこの冷たいものを食べます.


実はこのチョコソフトにはニガイ思い出があり、、、



夜間の専門学校を出て、二級建築士を初受験した時のこと、、、


実務経験4年後の1級のことばかり考えていて、二級建築士は資格対策の学校にもいかず、とれて当たり前、くらいに考えてしまって、作図試験で失敗した1年目.


2年目.通信講座で資格対策作図講座を受け、手応え満々で意気揚々と試験会場を後にし、試験会場である三重大学前のミニストップでこのベルギーチョコソフトを食べました.



ひと仕事終えて、充実感とチョコの甘さを堪能しているとき、瞬間的に脳裏に浮かんだ言葉。。。



「エレベーターの面積、面積表に入れ忘れた」


あの面積を含めると試験の要求最大面積オーバー、一発失格では・・・!!



でした・・・。


血の気が引いて、あの時、甘かったはずのソフトクリームが、無味に変わり、最後まで食べたかどうかも覚えていません.


当時お世話になっていた会社の社長からは、


「実力以外のところに問題がある」


と、的確なお叱りをいただきました.


(建築の知識、技術以外のことも含めて自分の能力であることを直視して、自分の至らなさを自覚、反省しました)


翌年、二級建築士は借りを返して合格し、

その後の初受験となった一級建築士も、(試験会場に場慣れしていたこともあり)一発合格しました.


慢心は絶対いけない.


世の中、すんなりうまくいくことの方が珍しい.


今もずっと思っている、この教訓をもらった、今となっては今に活きる出来事でした.




だから僕は、自分という人間はドジで、人一倍気を付けないといけない、という戒めのため、毎年この時期になるとこのソフトを一度は食べます.




正直、甘く感じません、が毎年のルーティンにしています。。。。




今年は一回、チョコソフトを食べたので、この日はバニラを混ぜたミックスソフトにして、苦さを勘弁していただき、半分甘さをいただきました.  


















この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1





20180915


みえ木造塾2018 第4回



山辺豊彦先生による講義のあと、実大実験.

オーソドックスな試験体の実験を見たことがない若手や、新塾生の為に、そして先輩塾生たちの復習のため、原点回帰ということで昨年からシンプルな実験シリーズにしています.


昨年の単純梁に続いて、

今年は筋交の耐力について.


筋交 スギ 45x90 2倍耐力壁

①端部を釘でのみ、とめつけたもの

②筋交に死節があるもの

③現行建築基準法上、正しい工法の筋交

④構造用合板の耐力面材



印象に残ったのは、面外座屈を拘束するとしないのではものすごく耐力が変わるということ、

圧縮と引張では値も、耐力に必要な要となる部分も全く変わってくるということ、

変位角 1/30 終局体力まで案外耐力は持続するんだということ、(筋交が折れなかったら)  

やはり面材、強いな、ということでした。




なにより、実際にどの規模の地震で、壁構面がどれくらい変位し、その時の耐力がいくらか、仕口はどう変形しているのか、ということをこの目で見、リアリティをもって感じれたことが大きな学びと収穫です。





イメージ 2







イメージ 3









イメージ 4


























この記事に

開く コメント(0)

20180912

イメージ 2








イメージ 1







イメージ 3






20180912 夜


先日お引渡しをさせていただいた浅田さんちですき焼きパーティーにお誘いいただく。


工務店の最上さんと。浅田さんご夫婦、ぼーちゃんと。





楽しい(美味しい)時間をありがとうございました☆



玄関にはNEW LIFE の大きな写真が!

超絶、カッコイイ。。。(浅田さんが育たれた近所にあったスーパーの写真だそう.)


新しい住まいの玄関の上に NEWLIFE って素敵です。。。




ご馳走様でした☆






これからも素敵なNEWLIFEを。。。。





イメージ 4















この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全294ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事