ここから本文です
アトムの国のカントリージェントル。
「遅れまい・外れまい・田舎と思われまい」という近代化のメンタリティが終わりに近づいていることをヒシヒシと感じています。
  • イメージ1 いろいろ書いてきましたけれど、このシリーズは今回で最後。 気がついたら下書きが山のようにあって、書いても書いても終わらんな、と思ったので、強引に幕引きをします。 ので、写真は二次会という名の打ち上げの食べもんを中心に紹介しますよ。 文面とは関係あるようなないようなww。 さて、熊本のような人口70万人前後の地方中核都市のコミュニケーション状況は、たぶんいま同時多発的に大きな問題に直面しています。 でも特にそれが激しいのは東北と、熊本あたりかな。 というのはそれらの場所では大きな災害によって、それまで「何とはなしにこの地に生きていた」という状況から「なぜ自分はここで、こうして生きているのか」を突きつけられたからです。 ※のっけからカニの茹でたのを突きつけられたのは二次会の参加者ww 前項で述べたよう ...すべて表示すべて表示

  • 書庫その他の最新記事

    すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事