酔っぱらいのたわごと

酔っぱらいのたわごとと軽く受け流して下さい

全体表示

[ リスト ]

Rostockでの演奏会

3年ほど前。

2008年のリサイタルが終わった時、

「海外に出る」

と勝手に自分の心の中で決めたのでした。


それからここにたどり着くまで

何と長い道のりだったのでしょう。


ずっと海外での演奏、

特にドイツでの演奏をする事が

長年の夢でもありました。


確かに時々海外でもありましたが

団体であったり

ただどこかから招待されて行ったり

って、悪い意味ではなく

自分の力で行っている訳ではないなぁと。


私は英語がさっぱりできないので

通訳無しでどこかで演奏するなんて
絶対無理
とかずっと思っていたのですが、
ドイツ語ならワーグナーはじめ
ドイツオペラが大好きなので
勉強する気にもなる。
って事で再びドイツ語を勉強し始めました。
(同じ理由でセンター試験もドイツ語でした。。。)

と言っても具体的な目標がないのにはかどりませんが。


海外でできると確信したのは

2008年に委嘱した作品が

とてもすばらしいものばかりが出来上がってきたから。

これまでの作品と私の作品と

楽器ひとつ持って海外に出て行ける

と言うか早く行かなければと思ったのでした。


それから友人はどんどん海外へ出て行き。


2009年に日本に来日してサントリーのサマーコンサートで

ウンスクチンの中国笙Shengの協奏曲を吹いたWuWeiとの

出会いはさらにドイツへの思いを膨らませました。

その辺の事はここら辺に書いてあります↓

http://blogs.yahoo.co.jp/magamonabe/55814202.html


そして紆余曲折

無理矢理押しかけていったドイツで

文化交流使になれるかもという話をもらえたのでした。

文化庁の奨学金は45才までなのでもうあまり時間が無いし
この歳になって仕事を置いていくというのものなかなか厳しいし
DAADというドイツのレジデンス制度もあるのでそれを応募しようかな
とかいろいろ見ているうちに文化交流使なんてあるんだって思っていました。
でもそれは応募とかできなくてどのように決まっているのか謎でした。
こういうので行ければ一番良いんだけどなぁと何となく思っていた時の
話でした。

それからも紆余曲曲曲曲折

正式に決まったのは4月末。。。

発表は前日


でもそんな事に負けている暇はないのです。


昨年の9月からはゲーテインスティテゥートと言う
ドイツ語の語学学校のようなところに通い、
二十歳そこそこの音大生にあまりにできなく呆れられながらも
ここわからない〜とかいいながら教えてもらったり
それはそれは楽しい時間でした。
勉強は私にとってはいつでも楽しいひとときです。
(テストのための勉強には興味ないけど)

さて、
Rostockの16日

ロストック音楽演劇大学。
イメージ 1


連れて行かれた先はOrgelsaal.

イメージ 2


800年前に立てられた建物のかなりいい感じな広い部屋。

こんなところで演奏出来るんだ〜とワクワクしてきました。


朝からワークショップ
2時からって聞いていたのに
何で11時のも入っているんだろう?

そして1時間半くらいたどたどしいドイツ語でワークショップをして・・・もう汗だく、冷や汗もん。


ワークショップ後に本格的に練習開始。

とにかく練習したかった。

だってあまりにも練習不足だから。

どんな響きがするのか楽しみだったのでワクワクしてました。

そして吹いてみてびっくり。

残響はめちゃくちゃ長いしものすごくよく響く。

自分の音がいつもの5倍くらいになったような。


ほんの小さな音でも良く聞こえるし、

息の音を使う曲もあるんだけどそれも良く鳴っていく。

あぁ、作曲家はこういう事を考えていたのかなぁなんてふと思ったりする。

1時間くらいしか時間はなかったけど充分練習した感じです。

(だってここで練習すると間違えないし上手く吹けるんだもん)


そしてワークショップ2回目は14時〜。


武満徹の「ディスタンス」を聞いた事があるという人が話しかけてきました。

とても気に入ったようで12月頃に一緒にやろうという事になりました。


そしてまた練習。

一度ホテルに帰り荷物を取りがてら近くのパン屋さんでパンを買って遅い昼食。


それにしても20時のコンサートなんだけど

19時になっても19時半になっても誰も来ない。

しょうがないから自分でセッティングして着替えて準備して。

打合せもないし、ひとつの大きな部屋で舞台の袖とかないから

隅っこに準備の場所を作り勝手に終わったらそこへ戻るようにスペースを作る。


そんな事をしている間に、お客さん入場。

こんにちはとか言いながら。

まぁそんなもんでしょう。

でも、話ながらの演奏は嫌だったのでSellingさんに司会を頼み

私は普通のコンサート形式で演奏するだけにしてもらいました。


ロストックでのプログラムです


渡辺裕紀子「an d ant e」-Yukiko Watanabe “an d ant e”(2008)

盤渉調調子-“Banshikicho Choshi”

小櫻秀樹「N.A.M.I II」-KOZAKURA,HIDEKI “N.A.M.I II”(2010)

休憩

湯浅譲二「原風景」-JOJI,YUASA “To the Genesis” for Sho (1988)

真鍋尚之「呼吸II」-MANABE,NAOYUKI “KOKYU II” (1998)

真鍋尚之「呼吸III」-MANABE,NAOYUKI “KOKYU III”(2003)


聴きに来てくれた日本人の萬谷さんが

ブログに書いて下さったのでそちらも読んで下さい。

フルコースだなぁ。
一曲目からかなり盛り上がってました。
二曲目の時には演奏しながらそれまで考える暇もなかったのだけど
あ〜やっとここまでたどり着いたんだと思ったら
感極まって涙が溢れてきましたが・・・
そしたら急に息が苦しくなり・・・
そんな余計な事を考えている場合じゃないと。。。

三曲目でもう大盛り上がり!!

休憩中にはみんなが押しかけ質問攻め
(休憩も何もないじゃん。楽しいから良いけど)

そして後半の二曲はしっとりと集中力で聴かせます
そして、最後で爆発

めちゃくちゃ気持ちよかったです。
ドイツでの第一歩をこの
Rostockの地で始められた事は
ずっと忘れない事でしょう。

閉じる コメント(7)

顔アイコン

長年の念願がかなわれて、おめでとうございます。
読んでいてこちらももらい泣きしそうでした。
あらためて思います、音楽って本当にいいですね!!

2011/5/20(金) 午後 4:50 ぴよぴよ 返信する

読んでて嬉しくなりました。
正に水を得た魚なのね。

2011/5/20(金) 午後 10:54 achi 返信する

ぴよぴよさん
あっちさん
ありがとうございます。
やっと第一歩を踏み出せたのです。
これからが勝負です。
干物になるところでした

2011/5/21(土) 午前 4:26 酔っぱらい 返信する

顔アイコン

ロストックで真鍋さんの演奏を聴いたハロルドと申します。
初めて聴いた音だったので、とても興味深くもちろん最後まで聴かせていただきました!
休憩中はなんだかわやわや集まって、質問攻めでしたね(笑
それだけ注目されてるんです、日本の楽器や文化というものが。
アジア人なのに西洋楽器をやっている身としては、日本古来の楽器をやって活動されている真鍋さんを本当にステキだと思いました。

これから一年間、楽しんで活動してくださいね。 削除

2011/5/23(月) 午前 1:29 [ Harold ] 返信する

ハロルドさん。
コメントありがとうございます。
なんだかドイツ語で説明でき無くって悔しかったです。
というか日本人のみなさんに助けてもらいました。
ありがとうございます。
また、ロストックでお会いしましょう!

2011/5/23(月) 午後 10:24 酔っぱらい 返信する

顔アイコン

またロストックで演奏会される予定なんですか?
そのときはまた是非伺いたいと思います。

来月のベルリン演奏会も楽しんでくださいね(>ω<) 削除

2011/5/24(火) 午後 5:44 [ Harold ] 返信する

また12月ころ行くかも知れないです。
はい、ありがとうございます。
先日最初のリハーサルがありました。
全然喋れないけどリハーサルは上手くいきました?!

2011/5/25(水) 午前 6:32 酔っぱらい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事