「ちょうどいい暮らし」

みんな誰かの大切な人。みんなの祈りが、願いが、届きますように。

全体表示

[ リスト ]

DIY!二重窓の効果



イメージ 1



アナベルが色づいてきました。梅雨に入り、夏もすぐそこですね。
奥で咲いてるチェリーセージもいい香りを放っています

結露防止・断熱効果はあったのか、光熱費を見ながら振り返ってみようと思います。
この冬は降雪が少なく、怖いほどまったく積もらなかったので
あまり参考にならないかもしれませんが。

<我が家の使用状況>

都市ガス…給湯器、台所のコンロ、暖房(居間のヒーター)
電気…居間・寝室のヒーターの電源、浴室暖房換気扇、除湿器など ※エアコンの暖房は使用しない
灯油…暖房(寝室のヒーター)


イメージ 2

↑見にくくてスミマセン。
都市ガスの使用量…減りました!
4・5月は増えてしまいましたが、暖房が欠かせない冬季は確実に減っています。
まあ、この冬は積雪がほとんどなかったので当たり前と言えば当たり前ですかね。





イメージ 3

↑ところが、都市ガスの料金単価は毎月変動するため、
使用量が減ったのにガス料金は上がるという事に(上記参照)。ちょっと残念。
※警報器のリース料は含まれません。



イメージ 4

↑電気の使用量はどの月も減っています。これは驚き。
暖房は居間のガスヒーターがメインなので、ガスの方が減ってると思ったんですけどね。
そういえば、お風呂の浴室暖房換気扇、
今シーズンは衣類乾燥機能をあまり使わなかったかも?それも要因かも。



イメージ 7

↑電気料金で見ると、かなり節約できてる気がします。
※電力量料金のみの比較なので、契約容量に係る基本料金、
燃料費調整額、再エネ発電賦課金は上記に含みません。



イメージ 5

↑最後に灯油。
18Lのポリ缶で購入しますが、春が近づくと満タンはいらないかな、と10Lだけ購入することも。
そうすると、3〜4缶の差が出ますね。予想通り減っています。
寝室のみで使うので、朝の1時間と寝る前30分くらいの使用ですが。
※1Lあたりの単価は結構変動するので購入量のみで判断しました。

住む地域によって違いますが、我が家の近所は給湯器は都市ガス、または灯油が多いです。
新築の場合はオール電化が多いかもしれませんが、
私の生まれ育った地域ではどの家にも灯油タンクが設置されていて、
冬の暖房=石油ストーブもしくはファンヒーター、という感じでした。
近年、石油価格が上昇しているので、灯油メインでこの実験をしたら
もっと増減が多くなったんじゃないかな、と思います。


雪国なのに積雪がない、という今シーズンの冬では
まだはっきり「二重窓の効果がはっきり出た」とは言えませんが、
とりあえず目安として数値で表してみました。

窓の結露も例年よりも減りましたね。
マイクロファイバーのクロスで拭く回数が減って、先シーズンより確実にラクでした。

これから冷房を使う季節なので、電気料金がまたどうなるか、期待しています。
今年はウッドデッキの半分くらいをシェードで日よけする予定なので、
遮熱の効果が表れるといいんだけどなー。




イメージ 6


青い紫陽花はもうきれい。
庭がにぎやかになってきましたー















閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事