ここから本文です

書庫全体表示

人を赦すことがなんで必要なの?
自分に酷いことをした人を赦す、。

誰が赦してやるもんか、、一生うらんでやる、。
そう思うのが、普通の人、

少し精神性が上がると、、
いつもでも怒ってても仕方がない、。
その人の事は忘れよう、。

となるんですけど、。
これがなかなか大変な作業で、。

私の場合は、自分側には落ち度があると思えなかったし、、
恩をアダで何倍にもして返された気分だったので、
超絶むかつきまして、、
呪詛するがごとくに怒って、、恨み続けました、。

で、、次第に、顔が、、鬼女か悪魔みたいな形相になりまして、、
これは事実です、。

ある日、鏡を見て、自分の容貌の酷さ、醜さに愕然としたわけで、。

心の状態は、顔にでます、。
特に目にでます、。

恨みに心奪われている時の目は、冷たい目です、。
朗らかさのかけらもなく、、爬虫類、蛇みたいな目でした、。

鬼、悪魔の形相にまで成り果てたのは、ほんと驚きました、。
まぁ、軽い思いではなかったからですからね、。

藁人形つかってない、というだけで、、気持ちだけだと、
思いっきり呪詛モードでした、。

自分では、向こうが100%悪いんだから、
私は、向こうを恨んで当然、憎んで当然と思っていました。

クリスチャンのくせに、、です、。
愚かですね、。苦笑、。

でも、その時、自分の罪深さを知らされたんですよ、。
いやというほど、。

何も言い逃れが出来ないでしょ?
呪詛して恨んで憎んで、、恨み倒して、、
愛ある行為を何もしてないんだもの、。

手を出してない、というだけで、、
心の中では何度相手のことを殺めていたかしれない、。
そういう心のおぞましさが、、顔に、出てたわけで、、、、。

鏡を見た瞬間、、サーっと血の気が引きました、。
自分で自分に恐怖しちゃった、。こんな自分は嫌だ〜〜〜って、。

この罪の重さで、私ぺしゃんこに潰れて、
苦しみあえいでいたから、、
この時、イエス様に救われたのですけど、。

そうでなかったら、、と思うとゾッとします、。

いつまでも、あんな顔でいたくない、。
数カ月おきとかに写真を撮ったりすると、
表情の変化ってわかりやすいかも、。

恨みつらみをずっと抱えてると表情がどんどん暗くなります。
目は生きる気力をなくしている場合だと死んだ魚の目、、
恨みが強いと、蛇の目のようになります、。

怖いですね、。
心のあり方が、、お顔に出てしまうんですから、。
見た目の美しさは、お化粧でごまかせても、
目だけは、、ごまかせないです、。

目は心の窓、目は口ほどにものを言う、、といいますからね、。

素敵な表情で、活き活きと生きるためにも、、
心に恨みつらみの毒は貯めないほうが良いです、。

それに、自分も相手を同じ立場だったら、
同じことするかも知れないし、
しないにしたって、、呪詛するがごとく恨み続けることは、
心で何度も人殺ししてるのと同じことになるのでね、、。

せっかくの綺麗なお顔もだいなし、、
ということになりますから、。

心にためないで、早め早めに、忘れることが良いでしょう、。
根深いとね、、業も深くなって、、
死んでからなかなか成仏できない、、。

怨霊となって、彷徨わないといけない、。
ということにもなりかねません、。

天国もちろん行けない、。地獄にすらもいけない、。
というのは、、どんどん悪霊化してサタンの手先になって、、

人ではない異形のものに成り下がっていくのでね、。
最後は、、形を失った真っ黒なヘドロみたいな命になっちゃう、。

生きている間に、自分の想念をきちんと管理して、
恨みつらみに支配されないようにしましょうね、。

せっかく輝く魂を、神様から与えられているのに、、
マイナス思考や我欲で穢して、
ヘドロみたいな命になりたいですか?

嫌でしょ?
イエス様は、、
人を悪だと裁いても良いことはないと教えられましたね、。

自分がもし、その人と同じ事をしていたら、、
自分が人を赦さないなら、自分も赦されないのですね、。
自分が赦されるためにも、、人を裁かず赦すことは大切です、。

私?
私を騙した人は、私を殺しては居ませんでした、。
私のほうが酷かったです、。
私は、彼女を恨んで憎んで、心のなかで彼女を殺めました。
彼女より私のほうが酷くて殺人鬼でした、。ごめんなさい、、。
と、
ひたすら平身低頭、父なる神様に謝罪致しました、。

自分の心を点検したら、、
相手がしてきた以上のことをしてたりします、。

心の中とはいえ、それは罪ですので、
相手にそういう危害を加えたのと同罪となります。

だから、、想念の管理は、大切なのです、。
心の中で位、、と軽く思ってると、、
どんどん、、顔が、、、鬼や悪魔に大変身してしまいます、。

ね?赦すこと、、大切でしょう?
赦し合いましょうね、。
知らないうちに、、鬼や悪魔に変身しないように、。


マグダラのマリア


イメージ 1



にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)

  • 顔アイコン

    2016/1/20(水) 午後 0:39さま、
    知らない間に、、鬼や悪魔の心にならないように、お互い気をつけないとですね、。

    Mary Magdalene

    2016/1/20(水) 午後 0:46

  • 顔アイコン

    本当にそうですね。

    私は、久しぶりにあった人から「以前と顔つきが全然違う。見違えるようによくなった。」
    と、言われたことがあります。
    救われた後のことです。

    私は鏡を見るのは好きではないので気が付かなかったのですが、ときどき鏡で自分の顔を見てみることもいいかもです。

    noelpix

    2016/1/20(水) 午後 8:49

  • 顔アイコン

    > noelpixさま、御訪問とコメントありがとうございますm(_ _)m
    心は顔に出ます、。
    どうせなら喜ぶ心で、素敵な笑顔がいいですよね、、。

    Mary Magdalene

    2016/1/20(水) 午後 9:26

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事