ここから本文です

書庫全体表示

今から2000年以上前の第11代垂仁天皇の御代、
天照大御神のお告げにより伊勢に皇大神宮が祀られ、
約500年後の第21代雄略天皇の御代には、
豊受大御神が伊勢に迎えられました、、。

伊勢は、古くからの、
秦氏(景教ネストリウス派クリスチャン)の信仰の地です、。

推古天皇は馬子の姪で、その摂政となった聖徳太子は、、
推古天皇の甥で、ともに蘇我氏の一族。
この時点で蘇我氏は天皇家そのものと同じ、。

で、その蘇我氏を滅ぼして、
中大兄皇子が天智天皇として即位して、
中臣鎌足が藤原姓を与えられ名乗って、、。

皇位継承については親子より兄弟が優先されていた旧来の
同母兄弟間での皇位継承の慣例に代わって、、
唐にならった嫡子相続制を導入、。
その後、天智天皇も672年に崩御、。

最初は、皇太弟として天皇を補佐し天智朝を支えてきた大海人皇子でしたが、
天智天皇の考えを知り、都から遠く離れた吉野に、
身を引いていました。

天智天皇の皇太子である大友皇子(弘文天皇の称号を追号)を、
即位はさせるものの、、。
なぜか急に大海人皇子(天武天皇)は兄の子大友皇子に対して挙兵。

皇弟である大海人皇子(後の天武天皇)が、
地方豪族を味方に付けて反旗をひるがえし、壬申の乱勃発、。

大友皇子(天智天皇の子)側も進撃体制を整え、
防戦しますが1ヶ月の後、
琵琶湖の南に位置する瀬田での戦いで大敗を喫すると、
その翌日、山前(琵琶湖の南西辺り)で大友皇子は自害、。
反乱者である大海人皇子が勝利し天武天皇となる。

この時、豪族に最初、出兵を要請した時、名張郡司は出兵を拒否したため、。
この状況を不利と見た大海人皇子は、
伊勢国に滞在し占いを行った後、伊勢神宮に参拝をした。

これにより大海人皇子は美濃、伊勢、伊賀、
熊野やその他の豪族の信を得ることに成功、。
続いて伊賀に入り、ここでは阿拝郡司が兵約500で参戦した。
そして積殖(つみえ)で長男の高市皇子の軍と合流した、。

伊勢神宮を参拝して、神示を仰いでの勝利ということになる、。
伊勢神宮は秦氏の建てた神社、。
天武天皇は、、秦氏に関係するのだろうか??

天武天皇崩御の後、
天武天皇の後に皇位についたのが、
天武天皇の妻であり、天智天皇の娘でもあった持統天皇。

壬申の乱で天智天皇側についていた藤原氏が、
持統天皇の重臣になっている?
まぁ、、天武天皇の妻でも、もとは天智天皇の娘だし、。

この持統天皇、天武天皇同様、、色々宗教改革?してまして、。
神宮では年間約1500回もの祭り(祭儀)が行われています、。
最も大きな祭儀は、、式年遷宮でしょう、。
この式年遷宮、、持統天皇の御代、持統2年(688年)に始められたもの。
しかし発願は天武天皇とされています、。

690年 持統天皇は、宗教改革として、
伊勢神宮において、第一回目の式年遷宮を行う時に、
皇祖の女神・天照大神を日本の国家神と定めました、。

天皇の即位礼として、
大嘗祭(正式の世継ぎの儀式)が行われたのも持統天皇が最初。
今、皇室で行われる皇位継承の祭儀、
持統天皇からということ?

藤原氏が天皇を背後から操った?
日本史の事実上の勝者は藤原氏??謎です、。

でも、藤原氏が権力を持って蘇我氏や物部氏を
弾圧したとしても、天皇家には手を触れなかった。
他の国の反乱なら、天皇家は皆殺しで滅ぼされてる、。

天皇陛下、という字は、
天の王の階段の下にいる天の王の副官、天の王の祭司という意味であり、
日本の国を統治するために召された特別な家系。
だから、霊的な守りがあるんでしょう、。

マッカーサーは、最初は天皇を処刑するつもり満々で来日してて、
昭和天皇が彼のもとに来たのは、、
昭和天皇が命乞いをしに来たと思ってたぐらいだから、。

ところが、直に話してみたら、一気に昭和天皇に、心酔して、
それまでとは真逆に守らなきゃ、となったんだものね、。
単に運がいい、、という一言では片付けれない何かはある、。


ちょっと横道、。
天智天皇から日本に導入された嫡子相続制、つまり世襲制、
現代の、、特に政治界でもかなり有効の模様、。

安倍晋三首相(第90代、96代)は、、
岸信介首相(第56〜57代)の孫で3世議員、つまりは世襲議員です。
2世、3世はおろか、小泉進次郎氏のように4世議員もいます。

麻生太郎氏は、副総理兼財務相・金融相、第92代首相です。
麻生太郎氏が吉田茂首相(第45、48〜51代)の孫らしいのですが、
なんか、、大久保利通の玄孫(やしゃご)でもあるようで、
そうなると5世議員?ということになる??

日本、世襲制の議員が多いのね、。
選挙って、もしかしてかなり建前化してる??


さて、話を戻して、、式年遷宮とは 、、
神社等において、周期を定めて社殿を更新し、
新たな社殿に神体を移すこと。
神宮最大の神事で約1300年にわたってつづけられている。
20年毎に御正殿(ごしょうでん)をはじめ神宮すべての神殿や神宝を、
新しく作り替え、御神体を移す神々の引っ越し。

三重県の秦氏の本拠地とも言える伊勢神宮では
天照大神を祭神とする内宮、豊受大神を祭る外宮ともに、
20年ごとに、社殿を新しく造営し祭神を遷座してきました。

出雲大社と伊勢神宮がそろって遷宮を迎えるのは60年に一度なのだとか、。
なんで20年毎なの??と不思議に思って、、

でも、、京都市北区の上賀茂神社と京都市左京区の下鴨神社などは、
式年遷宮は、21年に一度なのだとか、。

21数なら、ヤコブ(イスラエル)が叔父ラバンのもとで苦労した年数と同じで、
7+7+7なので、みいつの天地創造の神様に関わる数、。と思えるけど、
20数は、どこからなのかしらね??

神殿を行き来して移動することについては、
神の箱が移動された故事があるから、、それであると思うけども、。
キルヤト・エアリム→オベド・エドムの家→ダビデの町。

サムエル記 上
7:1 キルヤト・エアリムの人々はやって来て、主の箱を担ぎ上り、丘の上のアビナダブの家に運び入れた。そして、アビナダブの息子エルアザルを聖別して、主の箱を守らせた。
7:2 主の箱がキルヤト・エアリムに安置された日から時が過ぎ、二十年を経た。イスラエルの家はこぞって主を慕い求めていた。

歴代誌 上
13:3 わたしたちの神の箱をここに移そうではないか。サウルの時代にわたしたちはこれをおろそかにした。」
13:5 ダビデはエジプトのシホルからレボ・ハマトまでのすべてのイスラエル人を集め、神の箱をキルヤト・エアリムから運んで来ようとした
13:8 ダビデとすべてのイスラエル人は、神の御前で力を込めて、歌をうたい、竪琴、琴、太鼓、シンバル、ラッパを奏でた。
13:9 一行がキドンの麦打ち場にさしかかったとき、牛がよろめいたので、ウザは手を伸ばして箱を押さえようとした。
13:10 ウザが箱に手を伸ばしたので、ウザに対して主は怒りを発し、彼を打たれた。彼はその場で、神の御前で死んだ。
13:11 ダビデも怒った。主がウザを打ち砕かれたからである。その場所をペレツ・ウザ(ウザを砕く)と呼んで今日に至っている。
13:12 その日、ダビデは神を恐れ、「どうして神の箱をわたしのもとに迎えることができようか」と言って、
13:13 ダビデの町、自分のもとに箱を移さなかった。彼は箱をガト人オベド・エドムの家に向かわせた。
13:14 三か月の間、神の箱はオベド・エドムの家族とともに、その家の中にあった。主はオベド・エドムの家の者とその財産のすべてを祝福された。


サムエル記 上
6:12 神の箱のゆえに、オベド・エドムの一家とその財産のすべてを主は祝福しておられる、とダビデ王に告げる者があった。王は直ちに出かけ、喜び祝って神の箱をオベド・エドムの家からダビデの町に運び上げた。



↓20年に関わりそうな聖句、、。
30歳から50歳までの期間は、20年、。
最長でも20年したら、代替わり、ということ、。

民数記 
4:03 それは臨在の幕屋で作業に従事することのできる三十歳以上五十歳以下の者である。


50歳までしか臨在の幕屋(聖所)で働けないのは、。
↓のレビ人の規定があるからで、。
でも、民数記 8:24では、25歳以上って書いてあるのに、
民数記 4:03では、30歳以上になってる、。 

民数記にレビでもアロンなどの大祭司の家系だと30歳以上で、普通のレビ族だと25歳以上という規定があるみたい、。

民数記
8:24 以下はレビ人に関することである。二十五歳以上の者は、臨在の幕屋に入って務めに就き、作業をすることができる。
8:25 五十歳に達した者は務めから身をひかねばならない。二度とそれに従事してはならない。


30歳以上なのは、、ヨセフやダビデが30歳で世に出て、
一人前になってるからかな??
イエス様も、公生涯は30歳からだったし、。

創世記  
41:46 ヨセフは、エジプトの王ファラオの前に立ったとき三十歳であった。ヨセフはファラオの前をたって、エジプト全国を巡回した。

サムエル記 下
5:4 ダビデは三十歳で王となり、四十年間王位にあった。

現代では、50歳以上でも、
神事を司っている祭司職の方はいると思うのです、。
寿命が伸びたのと、人手不足、諸事情などにより、、、。

だから、伊勢の神宮を20年おきに新しい物へ作り変えることで、
全ての神職を新たにしたという儀式として、、
20年に一度の式年遷宮を行っているのではないかと
私は考えています、。

しかし、なんで50歳までなんだろうか、。
新たに疑問が、。昔は50だと老齢になるから?
聖書って、疑問が湧いてくる、。不思議だわ、。


持統天皇以前は、天皇の即位礼や大嘗祭も式年遷宮も、
まいど行われていなかったということですし、
秦氏の奉じていた天照大御神を国家神として制定しても
いなかったわけで、。

大嘗祭のなかで、秋にとれた穀物を、
皇祖である天照大神に供え、共にこれを食べる〈福鋲供進の儀〉と、
祖霊である天照大神と同衾して眠り、
天照大神と一体化する〈御衾の儀〉という儀式がある、。
なんか、ものの本によると、「天皇霊と同衾」する秘儀だと、
書かれているものもあったけど、。

簡単に考えると、
天照大神の命を受け取って新生し、
天皇となる儀式で、聖書的に見れば、
聖霊が下っての新生の儀式と酷似している。

もとが、景教で原初キリスト教の影響があるのだから、
似た様な儀式があるのは当然と言えるけれども。

これを取り入れた持統天皇は、、
いったい何者??って、思った次第です。


私が神道と古代イスラエルの記事を書こうと思った動機は簡単です、。
神様がいかに昔から日本を愛してたか、知って欲しいから、です、。
神道は、原始キリスト教の要素を含む教えで、、原罪の概念がないです、。

神道に原罪の概念がないのは、
原罪は、神道では太陽神天照として表されている
イエス様によって既に祓い清められたものであって、。
存在しないという概念によります、。

実際は原罪の影響はあるけれども、
常に神様に対して感謝の想いをはせ、、
清い生き方、助け合う生き方をしようとするなら、
かなりの確率で、悪を行わない生き方が可能となります、。

それは、既にイエス様が、この世、サタンに、
勝利されているからであって、、信仰の仕方の違いはあれど、
正しい人らしい生き方、つまり隣人を愛することを選ぶことと、
神様に対しての信仰心があることにおいては、
景教の流れを汲む神道と、現代のキリスト教と、、
同質のものであると思うのです、。

原罪の救いが、
イエス様によると知っている自覚が、
あるかないかの差もありますが、。

父は、、人が互いに和をもって幸せに暮らしていれるのなら
キリスト教徒でも神道でも、仏教徒でも、、
祝福してくださる心が広いお方であると、私は思っています、。

私は他の宗教、ほぼカルトも含めて全部回ってきて、
宗教というものを統合的に見ることができています、。

1つの教えに縛られるのではなく、神様が人に与えた教えというものは
互いに補遺し合っているものであることを知っているからです、。

人が救われる時には、時があり、その時がきていなければ、
他の教えによって神様や仏による救いや安心感を求める時代も、あると思います、。
今の時点でクリスチャンでなくても、将来はわからないのですから、。
異邦人でも異教徒でも受け入れ合うこと、
それが本当に神様を知っている人の取るべき基本の行いであると思っています、。


おかげさまで、、
神道と古代イスラエルシリーズ続けていれてますけど、。
なんだか、フェイスブックで、シェアして頂きまして感謝です、。
この場をお借りして感謝致します、。m(_ _)m

特に
神道と古代イスラエル1は、色々と苦労したので
好評で嬉しいです、。
神道と古代イスラエル2はこちらです、。

多分、シリーズ続きます、。

神道と古代イスラエル4はこちらです。
神道と古代イスラエル5はこちらです。
神道と古代イスラエル6はこちらです。

マグダラのマリア。



  • 顔アイコン

    こんばんは
    マクダナさんはすごく歴史にお詳しいですね。
    おば推古天皇
    おい聖徳太子
    とは知りませんでした。
    自分は歴史的な事実感より自分の感性的な
    歴史観を優先して記事にしています。
    だから、かなり偏向や間違いがあるかもしれません。
    世襲の関しても自分的には、−これは完全な日本文化ととらえています。これも記事にしていきたいと思います。

    [ 河辺竜児 ]

    2016/5/6(金) 午前 0:40

  • 顔アイコン

    > Hristositanさま、
    ご訪問とコメントありがとう御座います、。

    いえ、、私は英語も嫌いですし、
    歴史も、よく知りません、。
    というか、、流れくらいしか覚えてない、。笑、。

    だから、書くときは調べながら確認しながらになるので、普通に聖書関連の記事を書くときよりも大変なんです、。

    世襲のことは、中国から来たとか書いてありましたけど、、
    あちらの世襲は、権力持ったもの以外は粛清するわけで、、日本にもその名残はありますが、
    現代では穏便にそれがなされているのは、
    日本独自のお国柄なんでしょうね、。

    Mary Magdalene

    2016/5/6(金) 午前 0:53

  • 顔アイコン

    ォハョォ♪(つc_,- 。)oO○(・゚・☆目民☆・゚・)

    [ 変態怒悪魔 ]

    2016/5/6(金) 午前 9:08

  • おはようございますお疲れ様です今日出番です、記事、そうですね初代神武天皇からはじまりましてでしたね、話し変わりますが戦後マッカーサ元帥も来日した時、日本天皇制どうするかあった話し😖、噂では原爆投下広島長崎有りましたが東京投下なかったは皇居あったからでは話しです( ´△`)⛪

    [ aya***** ]

    2016/5/6(金) 午前 9:27

  • 顔アイコン

    > ★★ダンディな男前★★さま、、
    こんにちは〜〜〜♪
    夜中に息子に、腹減った、、、と
    あまり寝てないうちに起こされて、、

    朝、娘起こすために、
    必死こいて夜、起きてたので、
    眠くて眠くて、、
    娘起こして、娘がバイトから帰ったあと、
    娘に、御飯出して、、そのあと気絶、、、バタ、。
    起きたら、、3時回ってた、、。6時間近く爆睡、。
    今日が半分以上終わってた、。苦笑

    明日も、あなたにとって、良い日でありますように、。

    Mary Magdalene

    2016/5/6(金) 午後 5:26

  • 顔アイコン

    > aya*****さま、
    1つの国で、1000年以上に渡って、
    1つの祭司の家系、1つの血族が、王として存在し続ける事自体が驚異的です、。

    そんな長期間、王であり続け、
    祭儀をもし続けている王家は、現代では、
    日本の皇室だけです、。

    ユダヤは、王政も祭司も祭儀も失い、残っているのはモーセの律法、トーラーだけです、。

    Mary Magdalene

    2016/5/6(金) 午後 5:33

  • 顔アイコン

    スファラディー・ユダヤも、今やモーセの律法、トーラーだけなのでしょうか?

    [ ひろしまん ]

    2016/5/6(金) 午後 11:15

  • 顔アイコン

    > ひろしまんさま、こんばんは、。
    神殿を失いレビは祭祀が出来なくなりましたからね、。
    ユダヤ人の証は、、血筋と、
    律法とトーラにしがみつくしかなくなりました。
    しかし、この血筋も、母親がユダヤ人である事と、
    母系継承の傾向にあり、
    父から息子にしか受け継がれない遺伝子の継承上、
    父から息子、、へが、神様のご命令なのですが、。
    ユダヤ人の母親とすると、外国人でもユダヤ教を信じて居たらユダヤ人です。
    同族婚の決まり、が、崩壊して、信仰がユダヤ教かどうかだけになると
    母系により混血が多くなるでしょうね、。

    Mary Magdalene

    2016/5/7(土) 午前 2:39

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事