ここから本文です

書庫全体表示

アルパクシャドの子はシェラのはずなんですけど、。
ルカによる福音書に書かれている、、
イエス様の系図中に出てくるアルパクシャドの子、、が
なぜか、、カイナムになっているんです、、、。謎ですね、。

この、アルパクシャドの子、旧約聖書を見ると、、
アルパクシャドの子は、シェラである、。と
何度も、書かれているんですよ、、。

創世記
10:24 アルパクシャドにはシェラが生まれ、シェラにはエベルが生まれた。
11:12 アルパクシャドが三十五歳になったとき、シェラが生まれた。

歴代誌 上 
1:18 アルパクシャドにはシェラが生まれ、シェラにはエベルが生まれた。
1:24 セム、アルパクシャド、シェラ、

なのに、、ルカによる福音書3:23からの系図には、
3:35 セルグ、レウ、ペレグ、エベル、シェラ、
3:36 カイナム、アルパクシャド、セム、ノア、レメク、
と書かれています、。

アルパクシャドの子と書かれたカイナムは4代目のケナンと同じ名前です。
でも、、旧約聖書を見ると、、上で書いたとおり、
アルパクシャドの子として、カイナムは、産まれていないのです、。

カイナムは意図的に挿入された人?となるのですけど、、
もちろん神様の御意志によってですが、。

ルカによる福音書の、、
イエス様の系図から、分かりやすくするために
アダムから順に名前だけ、、ずらっと書きだして、
7つずつに区切ってみます、。

1 アダム(神の子)。そして父なる神様。
2 セト
3 エノシュ
4 ケナン(カイナムと同じ名前 4は聖別の数)
5 マハラルエル
6 イエレド
7 エノク(主なる神様に喜ばれて天に移された義人 完全数7数を持つ)

8 メトシェラ
9 レメク
10 ノア
11 セム
12 アルパクシャド(イスラエル 12氏族の数)
13 アルパクシャドの子、カイナム
(旧約聖書では書かれていない人 4代目のケナンと同じ名前)
14 カイナムの子、シェラ(14は7+7 7と7は御父(7)御子(7)で77 御父と御子なる神様を意味する数 14数を持つ)
旧約聖書ではカイナムの子ではなく、アルパクシャドの子。

15 エベル
16 ペレグ
17 レウ
18 セルグ
19 ナホル
20 テラ
21 アブラハム(21は7*3 777は御父(7)御子(7)御聖霊(7)
三位一体を意味する21数を持つ)

22 イサク
23 ヤコブ
24 ユダ
25 ペレツ
26 ヘツロン
27 アルニ
28 アドミン

29 アミナダブ
30 ナフション
31 サラ(たぶんサルモンの妻)
32 ボアズ
33 オベド
34 エッサイ
35 ダビデ(7*3+7+7 21と14の二つの数を持つ)

36 ナタン
37 マタタ
38 メンナ
39 メレア
40 エリアキム
41 ヨナム
42 ヨセフ

43 ユダ
44 シメオン
45 レビ
46 マタト
47 ヨリム
48 エリエゼル
49 ヨシュア(7*7 7と7 14数を持つ イエス様と同じ名前の人)

50 エル
51 エルマダム
52 コサム
53 アディ
54 メルキ
55 ネリ
56 シャルティエル

57 ゼルバベル
58 レサ
59 ヨハナン
60 ヨダ
61 ヨセク
62 セメイン
63 マタティア

64 マハト
65 ナガイ
66 エスリ
67 ナウム
68 アモス
69 マタティア
70   ヨセフ

71 ヤナイ
72 メルキ
73 レビ
74 マタト
75 エリ
76 エリの子 御母マリアと養子となったヨセフ
77 ヨセフの子 イエス様
(7+7で14数 他の見方で7*3+7*3+7*3+14 
三位一体を意味する数21数が三位一体の数と同じ3つと14数を持つ)

13番目、、にカイナムという人が一人挿入されたことによって、
アブラハムは、777の御父(7)御子(7)御聖霊(7)
三位一体を意味する21数を持ち、。

ダビデも、三位一体の神様を示す数21と、
御父(7)御子(7)とで、 御父と御子なる神様を意味する数14を持ち、。

14の数となる、49代目に、
イエス様と同じ名前のヨシュアが産まれてて、。
アブラハムとダビデとヨシュアに、
それぞれ、聖書的に意味がある数7が、付与されているんですよね、。

父さまの計算づくでしょ、。これって、。
どー考えても、、。

一人追加されてないと、、
アブラハムは20になっちゃうし、ダビデも、34になっちゃうし、
14の数となる、49番目に、
イエス様と同じ名前のヨシュアが、産まれてるのも、、
48番目になっちゃって、イエス様も77代目ではなく76代目になっちゃう。

系図にカイナム一人足らなくなると、、
7代目のエノク以降、系図の並び順に、まるっきり、
何も聖書的な意味がない数ばかりになってしまう、。

神様は、、天地創造の時、、7日目に、休まれて、
その日を聖なる日として聖別されたので、。
7の数、、完全数として大切にしているのです、。

アブラハムも、ダビデも聖書の中の超重要人物ですよね、。
7の数を、与えるために、
カイナムを、アルパクシャドの子として、
13番目に追加した、、ということなのかな、、と考えています、。

そもそも、父さまは、、意味がないことは、人に指示しない、、。

最後に、、イエス様が生まれたのは、、ほんの2000年前です。
77代、、、イエス様jから数えてたったこれだけの代で、、
人類の祖先、アダムとエバ、に、たどり着くわけがないのですね、。

聖書は、人類救済の歴史書であって、
必要最低限のことしか書かれていない、。
アダムから、、ノアやアブラハムまでだけと考えたとしても、、
聖書に書かれている人数以上の人が生まれて、死んでいると思います、。

神様が、イエス様の子孫としてお認めになった信仰心ある人が、、
77代分、、ということです、。
つまりは、イエス様の系図に書かれなかった省略された人たちというのは、
信仰心があるとみなされなかった人たち、
つまりは、、不信仰だったということです、。

イエス様の系図は、、
信仰心ある人の長い長い時間をかけて生まれた系譜なのです、。

だから、実際には、77代以上、経っているのだろうから、
カイナム一人分を、神様の指示で系図に追加したとしても、
サタンは、77代に足りないだろ、。と
神様にもイエス様にも言い返せないのです、。

カイナムという名前を神様が選ばれたのは、、
4代目の聖別の数4数を持つものが、、
ケナンであったからではないかと考えています、。

ほかに、神様がカイナムを1人を、
イエス様の系図に追加した理由に気づいたときは、、
改訂版を書こうと思います、。

今、私が理解できているのは、、この程度までです、。

関連記事イエス様の2つの系図の意味

マグダラのマリア





  • こんにちは、お疲れ様です今日出番です今休憩中す、記事、そうですね聖書中数字意味有りますね、私達キリスト者感謝、⛪

    [ aya***** ]

    2016/10/21(金) 午後 4:09

  • 顔アイコン

    > aya*****さま、こんにちは、、
    沢山コメント頂いて、ありがとうございます、。

    Mary Magdalene

    2016/10/21(金) 午後 4:23

  • 顔アイコン

    初めまして。
    キリスト教の事初心者です。
    最近聖書を読んでいますが、そこで思った事があります。
    神様に従うように作られた天使が、堕落してサタンになったそうですね。それは、神様の欠陥で、天使ですら堕落するなら、人間は尚更ですよね。
    イエスキリストの登場は、神様が欠陥を正す為に、自業自得のように思えます。
    そうなると、自主回収的に、全ての人を神様は救わねばなりませんね。

    [ - ]

    2016/10/28(金) 午後 10:15

  • 顔アイコン

    > cli*****さま、はじめまして、こんばんは、。
    気づきませんでした。
    レス遅くなり、申し訳ありません。

    人と天使が堕落したのは、すべて神様のせいでしょうか?

    親が手を離したら行けないよ。死ぬからと教えていたのに、
    手を離して、サタンと手をつなぐことを自分で選んだのは人です。

    でも、神様は人の御親として、離れ去った子を見捨てるのではなく、
    イエス様をお遣わしになり、愛していることを人に伝え、
    強制するのではなく自ら戻ってくるの待って、
    戻って来た子を、門戸を開き喜び勇んで迎え入れてくださいます。

    神様は、、義務感で人を救うのではなく、
    人をご自身のように、愛しておいでだから、
    ゆるし救って下さるのです。

    Mary Magdalene

    2016/10/30(日) 午前 0:10

  • 顔アイコン

    ワシもそう思います
    神は生命の木と知恵の木から果実を
    食べれば死ぬと警告しました
    それでも蛇に唆されて罪を犯しました
    だから人間は誘惑に弱い動物なのです
    ペテロにもサタンが入って最後の晩餐に
    イエスは戒めています
    『わたしの小羊を養いなさい』
    『わたしの羊を飼いなさい』
    『わたしの羊を養いなさい』

    その後に、
    『わたしに従ってきなさい』 と、言っています。
    はじめてのバチカンの法王になったのはペトロです
    罪が許されたのでしょう
    降臨してきたから

    [ アダ ]

    2016/11/3(木) 午前 11:40

  • 顔アイコン

    ペテロの中にサタンが入って
    裏切ることをイエスは知っていたから
    何度もイエスは私を愛するかと聞きます
    ペテロはそのことはあなたがよく知ってのことですと答えて
    マグダらのマリアを頼むと
    念を押した

    [ アダ ]

    2016/11/3(木) 午前 11:47

  • 顔アイコン

    > アダさま、こんばんは。
    ペトロは、、マリアを妬み疎んじてたから、、
    イエス様の言葉通りに守らなかった、。
    もし、従って守っていたら、、少し歴史は変わっていたかもね。

    Mary Magdalene

    2016/11/3(木) 午後 8:59

  • 顔アイコン

    ヨハネもイエス様も神の子であることを
    親は知らせずに30になるまで大工として働いていた
    時にはエリザ別もマリアもヨゼフも
    不審に思い沈黙していた
    天使からお告げを聞いていたのに
    おかしなことだ
    ダビンチもヨハネが救世主だとシスティーナ礼拝堂に
    絵でヒントを残している
    最後の晩餐でも一人だけ天に指さす者がいた

    [ アダ ]

    2016/11/4(金) 午後 6:36

  • 顔アイコン

    イエスはヨゼフの子ではない
    ヨハネのエリザ別の旦那の子だ
    ざかりやの家に二か月も滞在して
    身ごもった
    だからイエスはダビデの子孫ではない
    間違った系図の理解している
    ダビンチの小部屋の実様の解釈です

    [ アダ ]

    2016/11/4(金) 午後 6:40

  • 顔アイコン

    > アダさま、こんばんは。
    イエス様は、ダビデの子孫です。

    御母マリアはユダ族ですから。
    一人娘の婚姻規定により、御母マリアは
    自分の父親と同族としか結婚できません。

    マリアの夫となったヨセフはユダ族でダビデの子孫なので御母マリアもユダ族で、ダビデの子孫でもあるのです。

    一人娘の場合、長男と同じ扱いを受け、生まれて来た子は、ダビデの嗣業を受け継ぐ者とされダビデの子孫とされるのでヨセフと血の繋がりがなくても、イエス様は御母マリアゆえにダビデの子孫なのです。

    Mary Magdalene

    2016/11/4(金) 午後 10:10

  • 顔アイコン

    ヨゼフとはセックスしていないから
    実際はダビデの子孫ではない
    エリサベツの旦那と不倫してできた子だ
    精霊が来た夢を見てヨゼフはサタンに騙されていた
    だから何年もして不倫に悩まされた
    十字架にかけられたときはヨゼフはいなかった
    マリアとその母とマグダラのマリアだけだ
    弟が身代わりになったからよけい茶番に付き合いたくなかった
    救世主だったら神が救っていた
    弟はただの民間人だから神は見捨てた
    聖書学者が適当にあつらえただけだ

    [ アダ ]

    2016/11/5(土) 午前 11:39

  • > アダさま、
    おはようございます。
    イエス様は、確かに仰っているように、
    御母マリアと、祭司ザカリアとの子ですけどね。

    不倫ではありません。
    過去記事に、理由は書いてあります。

    それから、上でレスコメントしているように、父ヨアキム(エリ)からダビデの嗣業を受け継ぐ一人娘である御母マリアの長子なので、イエス様はダビデの子孫です。

    ヨセフは、年を重ねてからマリアと結婚したのでイエス様が二十になる前には亡くなっていたと考えるのが普通です。

    あと、イエス様に弟はいましたが、弟を身代わりにしてはいません。
    十字架にかけられたのは、イエス様、ご本人です。

    身代わりにしていたら、イエス様は救世主とはいえません。

    Mary Magdalene

    2016/11/5(土) 午後 0:03

  • 顔アイコン

    投稿: かんりにん | 2014年11月 3日 (月) 11時13分

    法華経系の仏教徒です。
    うちの宗派では明治時代にキリスト教が流行り始めた時点で、キリストの父親はザカリアだと指摘していました。マリアは親戚のザカリア夫妻の家に居候して三ヶ月後に妊娠が発覚しています。ザカリアはユダヤ教の司祭であったころから不倫は死刑になるので、キリストは神の子であるとウソを言ったということです。ウソを元にした宗教は邪教でしかないと思います。

    [ アダ ]

    2016/11/5(土) 午後 2:14

  • 顔アイコン

    > アダさま、
    あなたが、、そう信じるのは、あなたのご自由ですが、、。

    私はイエス様を救い主として信じていますので、
    イエス様を信じる者を、邪教者とおっしゃろうとも、、
    永遠にイエス様を捨てることはないです、。

    私はイエス様の出生の、、
    本当の真実を知っています、。
    でも、それは公表するべきことではないので、、。

    私の主たる御方から、お許しが無い以上は、
    詳細は、コメント欄といえど、
    書けませんのであしからず、。

    Mary Magdalene

    2016/11/5(土) 午後 2:40

  • 顔アイコン

    それと、あなたが聞いて来られた説が正しいのなら、
    祭司ザカリアと御母マリアは石打刑で殺されてないと行けないです、。
    当時は律法厳守だったから、例外措置はありえません。

    聖書の偽典ですが、ヨセフとマリアが、婚約中に同衾し、妊娠した、と訴えられて、祭司の前に引き出されて、
    呪いの水を、飲まされ、二人共、何の害も受けず無事だったため、無罪放免とされたということが書かれている場面があります、。
    人の目から見て、違法に見えても、実際的に合法であることもあります、。それに、罪人や大罪人の家系から、父がメシアを生み出させるはずが ありません、。

    Mary Magdalene

    2016/11/5(土) 午後 2:47

  • 顔アイコン

    こちらに、少しだけ、書いてあります、。

    ↓こちらはイエス様の妊娠の時期 及び
    マリアヨセフの婚姻への流れのタイムテーブルが書いてあります。

    メシアの母、御母マリア
    http://blogs.yahoo.co.jp/magtaranomaria/38261854.html

    ↓こちらは、呪いの水を飲まされたことについて書いてあります、。

    イエス様が無原罪のお方である理由
    http://blogs.yahoo.co.jp/magtaranomaria/42226754.html

    Mary Magdalene

    2016/11/5(土) 午後 3:04

  • 顔アイコン

    処女懐胎は科学的に見ても無理がある
    結局祭司によって生まれた不倫の子が
    救世主のはずがない
    なんでもユダヤ教は厳しい律法であるなら
    石打刑で死んでいるはずなのに
    ヘロデ王の使いを断ってヨハネも助かった
    祭司長であったからだ
    キリスト教は嘘で固めた邪教と言わざるを得ない
    律法の姦淫の罪を犯したのだから
    人類を救う資格はない
    よってダビデの子孫ではない
    ヨハネも誰の子かわからない
    神自体が違法なふるまいをしているのだから
    一番呪われてしかるべきだ
    一点のごまかしもこの世では通用しない
    だからその罪のために磔の刑で死んだのです
    聖霊もサタンの使いとなる
    天界は悪魔に乗っ取られている
    神はニーチェの言う通り死んだ
    早く改宗すべきだ
    どんな名目でも不倫はよくない
    誰でもわかることではないか
    ワシは理にかなわないことは信じない
    よってクリントンもトランプに負ける

    [ アダ ]

    2016/11/6(日) 午前 0:31

  • 顔アイコン

    > アダさま、こんばんは、
    ザカリアは祭司長ではないです、。
    ただの祭司。

    アビヤ組の祭司にザカリアという人がいた。
    私は、適当に話を作って話してはいない、。

    聖書の記述、規定に基づいて書いています、。
    聖書に、書かれている内容を、書いてある記事を教えて、私が理で、あなたに言っても、
    あなたは何も読んでないでしょう、。

    あなたが、聖書をきちんと読む気がないのなら、
    聖書のことで議論しても、堂々巡りになる、、
    それでは議論する意味が無いので、
    これで終わりにします、。

    コメント、どうもありがとうね、。
    では、、ゆっくり休んで下さい、。

    Mary Magdalene

    2016/11/6(日) 午前 1:28

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事