ここから本文です

書庫全体表示

宗教の英語はreligion(レリジョン)ですね。
で、、、religionのもとの語源はreligio(レリギオ)というラテン語で、この言葉のもとの意味がつなぐもの、、という意味なのだとか、

この書庫では、お聞きしたことですが、
未来の神学になるはずのものを記事にしていきます。

神学は学問として思考しがちですが、学問としてではなくて、
神様の御心をいくらかでも知り、
本当の神様へ繋げる知恵や助けとなるように、と願って、
religio(レリギオ)神学と名付けました。

未来の神学 その1、、。 

カインを殺す者は七倍の罰を受ける意味と、
カインの子孫のレメクが言った、、
レメクのためには七十七倍の意味。

創世記 / 4章 24節
カインのための復讐が七倍なら/レメクのためには七十七倍。」 

これは、カインから6代目のレメクの言葉です。
アダムからは7代目で、このレメクはカインの子孫です。

このレメクが言った聖句のもとの出来事は、
レメクの先祖、カインがアベルを殺害し、
神様に、その罪を糾弾された時、カインが神様に対して、

自分には罪が重くて罪を負いきれない、。
他の者が自分(カイン)を見たら、殺すかもしれないと言ったときに、
神様が、カインが殺されないように、
カインの額にしるしをつけて、
もしカインを殺す者は七倍の復讐を受けるであろう。と神様が
カインに言われた事が元になっている。 (創世記 / 4章 13節から15節)

これらの聖句は何を意味しているのでしょうか。
聖句そのままの意味として理解しても悪くはないでしょう。

カインを殺す者は7倍復讐されると言うことで。

でもそれだけなのか?
カインを殺せば、7倍の復讐。
これは単にカイン、ひとりの死が一人分の死ではない。
という意味です。

人が殺されるという事は、生涯(人生)を終えることを意味するので、人ひとりの生涯の7人分(7倍)すなわち7代の意味となります。
(神様が関与しない場合の言葉の時は、一人分は一人分として、
等価でつぐなうが、神様が関与した場合の
戒めは、
複数代までの償いを求められることがある。)

カインの7倍の呪いの言葉は、
カインが初代です、それでカインから7代目の
レメクの子たちの代で、カインの系図は途絶えました。

7倍とカインに言ったのは神様だったので、7倍の呪いは、
カインが初代となりましたが、
(それはカインが成した地の産物の捧げ物は、アダムの代わりに捧げたことだからです。)
77倍と言ったのはレメク自身だったので、、
レメクの呪いの対象の初代は、身代わりのもとのアダムからとなります。

聖句の『カインが殺されない』とは、
アダムからカイン系7代めまでは、
その罪を受け継いだ者(子孫)が存在することが出来ると言うことです。
言い換えると7代目の罪有る者までで、、
カインの子孫は終わるということです。

アダム、セツ(セト)の系図での7代めは、エノクです。
この人は神がとられたほど神様を、 信仰した人です。

レメクの言った77倍とは、、
カインのための復讐の罰7倍が
カインの子孫7代だったのと
同様に、アダムから77代目までを指しています。

アダムから77代まで、罪ある人が存在し続けるということです。
ですが、これは神様の預言ではないので、
77代、罪の世代が続け!との悪魔側の呪いの予言です。

神様が自分たちの一族(カインの子孫)を7代までで滅びると呪ったので、神様につながろうとする一族(セトの子孫)を77代 まで呪ってやると言っているのです。

でも、それは、その77代目までで罪有る人が終わる、。
罪が人から無くなると言うことで、
77代過ぎたら、
救いがあると言う意味になるのですが、
サタンはそれに気付かなかったようです、。

罪は自分ではなくせませんから、
77代目、アダムから77代目に罪を無くせる人、
すなわち、罪を無いものと同様にし、
赦してくださるメシアが現れれるという
事となります。

事実、アダムから77代目のときに
イエス様がキリスト(メシア)として来て下さいました。

レメクはこうも言っていました。
『創世記 / 4章 23節
さて、レメクは妻に言った。「アダとツィラよ、わが声を聞け。レメクの妻たちよ、わが言葉に耳を傾けよ。わたしは傷の報いに男を殺し/打ち傷の報いに若者を殺す。』

レメクは 『若者を殺す』と、わざわざ言っています。
これはアダムから77代めの若者を殺すと言う意味です。

若者とは誰のことでしょう?
若者とはアダムから77代目に生まれたイエス様のことを指していたのです。

とゆうことで、
この聖句は罪がカインの子孫の7代まで、
アダムから77代までの子孫まで残り、
メシアが出現する代が、いつなのかの、、
呪いであり予言であったのです。

ただし予言と言っても、
これは、罪人が言った言葉なのでサタン側からの
呪いの予言といってよいでしょう。

サタンの予言とは変な言い方ですが、、。
サタンは、アダムか
ら77代までは人に罪が有り続ける、
それ以降は、罪が無くなると言っているのですから。

7代目のことは、神様の言葉(預言)ですが、
セトの子孫でアダムから7代目の義人と言われたエノクのことは、
皆さんの想像にお任せします。

関連過去記事

『カインのための復讐が七倍なら/レメクのためには
七十七倍』
と嘯いた(うそぶいた)のは、カインの子孫のレメクでした。

レメクはアダムからは7代目です。
レメクは何を言いたかったのでしょうか。
先祖のカインの時7代まで罪が残る。
7代の時キリストが来るはずだったのに、
どこにキリストがいるのか? とレメクは言いたかったのです。
メシアがいないじゃないか?ざまぁみろ!と
サタンはレメクを通して、神様をあざ笑っていたのでした。

さて、アベル亡き後、
神様がアダムに与えた子セトの子孫は7代目はエノクでしたが、、。

さて、レメク、、
レメクは来るはずの者メシアが来ていないではないかと、暗に言っている。それも不遜にも神様に対して、、。

それは悪魔の勝利宣言とも取れます、。

そして7代めでメシアが来なかったのなら、
贖いの数の10倍の70代は、もうメシアは来れないだろう、。
そして、それに7代分をプラスされたのは、最初のカインの子孫らの7代分の失敗の責任も加えさせられるとサタンが告発しているのですね。

そして、それは、、アダ厶から
77代までの人間を、、
悪魔が、、自分のものだと神様に対して言っているのです。

しかしサタンの思惑は見事に外れた、。
聖書にセトの子孫、アダムから7代目のエノクが、
神様に取られたと記録された事によります、。

それは神様が取る事ができるだけの信仰をエノクが神様に
見せれた事を意味していたから、、。

これはサタンが取ることのできない人が7代めに現れたという
事で、サタンが全面勝利できなかったことをも意味します。

アダムから77代までの間、神様は一秒でも早く救いたいと、多くの預言者を送っていることは
聖書を読むと既知のことです。

アダムの堕落の時からずっと、神様とサタンの熾烈な戦いは続いていました。
しかし、神様の御子でアダムから77代めの、
救い主となる約束の子孫としてお産まれになったイエス様が
一度は死しても勝利してくださった。

サタンは、完全に敗れ去ったのです。       
あなたは、、、
これを信じられますか?
 

ーーーーーーー
 
イエス様は聖書に関して、誰よりも精通しておいでなので、
カインの77
倍の意味も知っています、。

呪いの数となっていた7と77の数でした、。
だから、、愛と赦しの神様であるイエス様は、、
呪いとは逆に、、赦しなさいと言われたのです。


7の77倍ではなく7の70倍のわけは、、
サタンが追加要求した分の7代分は、セトの子孫アダムから7代目のエノクが、神様が取ることが出来るほどの義人として信仰をたてた分で補われたからであると私個人は思っていますが。


追記
7の70倍の聖句箇所。

あるときに、ペトロがイエス様のところに来て言いました。

「主よ、兄弟が私に対して罪を犯したなら、
何回赦すべきでしょうか。7回までですか。」
イエスは言われた。
「あなたに言っておく。
7回どころか、7の70倍までも赦しなさい。
マタイ18:21〜22より

ぺトロは、七回もゆるしたら、十分、慈悲深いと思ってたのかもです。

でも、永遠に、無制限に赦しが与えられるのではなく7*7 カウント可能な数で、490回なんですよね、。

悔い改めないままだと、すぐに上限が来てしまいそうですよ、。
無制限ではない、というとこ要注意かも、。


ご質問、疑問などございましたらコメントをどうぞ。
司牧者の御方からの御質問でも、、大歓迎です。

私が知っている限り、何でもお答えします。
もしかしたら、すでに過去記事で、、
答えを書いているかもしれませんが、、。

にこにこ。
思ったまま、自由にコメント下さって結構です。
批判のための批判でなければ、良い議論というのは、
相互で知識が深まるし、思いがけない気付きもあるものです。


マグダラのマリア

  • 顔アイコン

    ラテン語はわかりません
    7の77倍呪われるなんて
    嫉妬深い神だ
    77番目がキリストなのか
    聖書はうまくできている
    算術が特異なものが書いたのだ
    ?
    カインの妻は誰だ

    [ アダ ]

    2017/1/30(月) 午前 11:32

  • 顔アイコン

    > アダさま、おはようございます、。
    アダムの子カインを、7代まで、と呪ったのは神様で、
    77代人を呪ったのは、、レメク、。
    でも、カインの子孫が、神様に悔い改めていたら、
    こんな不遜なセリフは言わなかっただろうし、
    そういう不信仰で無かったなら、神様は7代までと呪ったとしても、7代までで子孫が絶えるという言葉を思い返されていたと思うのよね、。
    人の不信仰が原因です、。

    Mary Magdalene

    2017/2/1(水) 午前 9:29

  • 顔アイコン

    北風が冷たい一日になりそうです
    風邪をひかないように
    頑張ってください

    [ アダ ]

    2017/2/2(木) 午前 5:58

  • 顔アイコン

    > アダさま、
    ご訪問とコメントありがとうございます❤
    お互いに、風邪ひかないようにしましょうね。ほんと寒いですね。

    Mary Magdalene

    2017/2/2(木) 午後 3:29

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事