ここから本文です

書庫全体表示

13歳少年が無許可でホットドッグ店を営業→市衛生局が許可取得を全面支援へ


記事引用先
米国の13歳の少年が始めたホットドッグスタンドが無許可であることを市の衛生局が見つけ、営業停止にする代わりに、許可取得を全面的にバックアップした。この出来事は、海外メディアで話題になっている。

叔父のホットドッグロースターで開業

ミネソタ州ミネアポリス市に住むJaequan Faulkner君(13歳)が、自宅の前でホットドッグスタンドを始めたのは2016年のこと。
叔父さんが使わなくなったホットドッグロースターを借りてホットドッグを作り、加えてスナック菓子やソフトドリンクも売った。
開業した一番の目的は、服を買うことだったそうだ。
イメージ 1

無許可営業で通報される

Jaequan君のホットドッグスタンドは近隣の人たちから愛されるようになり、やがてその存在が市内に広く知れ渡るようになったという。
ところが、Jaequan君が市の許可を得ずに営業していることを誰かが見つけ、環境衛生局に通報した。
イメージ 2

営業停止命令ではなく全面援助

通報を受けた市の環境衛生局がとった措置は、意外なことに営業停止命令ではなく、ホットドッグスタンドの営業を全面的にバックアップすることだった。
Dan Huff環境衛生局長は海外メディアにこう語っている。
「無許可営業の通報について知った時、通常なら営業停止命令を出すところですが、私はこう言ったんです。『ノー、この子の店を潰すようなことはしないよ』とね。
許可を取っていないなら、取れるように助ければいい。ポジティブな方向に持って行こう。そして、この子がちゃんとしたビジネスを続けられるようにしよう、とね」
それから市の衛生指導員がチームを作り、Jaequan君に食品の安全性や衛生的な環境の必要性について教えた。
ホットドッグは常に60度以上の温度に保っておかなければならない規則が(ミネアポリス市には)あるが、その温度を計るための温度計を無料で与えたり、野外で手を洗うための簡易洗浄機や直射日光を防ぐためのテントを、局のスタッフがボランティアで寄贈した。
営業許可の申請に必要な費用87ドルも、衛生局スタッフたちのポケットマネーから出ている。
ーーーー
ナイス♪粋ですねー。
規定通りじゃなく、思いやりを込めて前向き対応。義務的な、お役所仕事じゃなく智も心も情けもある対応。
13歳の子供が洋服を買うために、自分で働いてお金を得ようとし、周りの大人も、その健気さに同意して、無許可なのを知りつつも、商品を購入して助けていた、。

この有益な判断をした方々、及びJaequan君に、なお多く祝福がありますように、、。
通報した人は、間接的に良いことをしたことになりますね。
その人は、違法なお店なんだから営業停止にさせなきゃと思って通報したのだけれど、逆に働いたわけです、。
そうであれば実に、神様の御計画は深淵で、仮に悪の想いに心落ちた人であっても結果的に、神様の御心に沿う、良いことを行わせられる場合もあるということ、。
ならば、神様の御心を求め正しく活きようと努力する人は、なおのこと善き行いや言葉で、神様の御意志を顕現化出来るようになるわけです。
ミカ書 6:8 人よ、何が善であり/主が何をお前に求めておられるかは/お前に告げられている。正義を行い、慈しみを愛し/へりくだって神と共に歩むこと、これである。

人は神様の御霊を魂として分け与えられている。人は魂レベルでは、神様の御心が何かを、すでに知っている。
人意識の自我欲に負けて、神様の御心に背いてしまいがちだけれど、、。
魂の声に聴き従い、神様の御心に沿うような正しい生き方を努力する人は、、神様と共に歩む人です。

マグダラのマリア

  • マリアさん、おはようございます。
    規則のための規則であってはダメなのですね。そこに愛があれば、道は拓ける可能性があるということが分かりました。

    [ akari ]

    2018/7/28(土) 午前 9:40

  • > akariさん
    お早うございます。
    規則規定だけで、全部を決め治めてていたら、
    さぞ、この世は無慈悲な世界になるでしょう、。
    人情のかけらもない世界になるのだもの、。

    Mary Magdalene

    2018/7/28(土) 午前 10:29

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事