ここから本文です

書庫全体表示

エグゼル流、議論術

「Aである」という論に対して、
その根拠 を批判して「Aでない」(Aであるとは限らない)と言うなら 反論
別の根拠 を持ち出して「Aでない」と言うのは 異論
批判もせず、根拠も示さず に「Aでない」と言うのは 言いがかり
 
批判や反論であれば 議論 になるが、異論であれば 平行線 。言いがかりは 消耗 です。
 

 
エグゼル氏はまず相手の論をただ否定する。これは 反論 ではなく、言いがかり である。たとえば、彼の
◇ デカルトは自己中心主義ではない。 よって、お前の記事は間違いだ。
という主張がそれにあたる。ボクは記事に「デカルトの立場を自己中心主義と呼ぶことができる」と書いていて、それがボクの結論なのだから、彼の論は結局ボクの記事の結論をただ否定しているにすぎない。あるいは、
◇ 円安によって国際競争力が増す。 よって、お前の記事は間違いだ。
も同じだ。ボクは「円安によって国際競争力が増すための条件」について考察して、「それが増す場合と増さない場合」を分けて論じたのだから、彼はボクの論をまるごと否定しているに等しい。
そして、ボクが挙げた根拠に一切触れず、彼がそう考える根拠も一切示さないのだから、言いがかり なのだ。
 
次にエグゼル氏は、記事に書いてないことを持ち出して、相手の論を否定する。たとえば、
◇ デカルトは人間理性を論じた。 よって、お前の記事は間違いだ。
その主張は記事には無関係であって、これを組み立てて出来上がるのはせいぜい 異論 である。
ボクの視点とは全く異なる、彼の論が出来上がるだけの話だ。もちろん、これも 反論 ではない。
ところで、彼はたくさんの罵言雑言に交えてそれを中途半端に言うだけで、実際には異論にもなっていない。
異論に組み立てて展開するならそれはそれで結構なのだが、彼にはそれをするだけの能力も無い。
 
他には、
◇ お前はデカルトを読んでない。 よって、お前の記事は間違いだ。
◇ お前は経済学を学んでいない。 よって、お前の記事は間違いだ。
のような主張もあるが、これを 異論 に組み立てることは出来そうにないから、言いがかり にしかならないだろう。
もちろんこれも記事に無関係なことなので、「Yes」や「No」を答える必然性も無い。
 
エグゼル氏の主張はこんなものばかりだ。だから、ボクは彼に次のように伝えた。まず全般的に言えることは、
□ 反論 になってない。
言いがかり に対しては、
□ それがあなたの考えなのね。
精一杯前向きに応えて、ここまでだ。中途半端な 異論 に対しては、
□ あなたのブログでやれ。
それ以上言うことは何も無い。 ボクはそのように応えた。
 

 
さて、世の中にはエグゼル氏のコメントが議論になっていると思っている人が相当数いるようだ。
ボクは、これから世に出る若者たちにはきちんと議論できる人になってもらいと願っている。
そして、そのために少しでも力になろうとあれこれ考え、形にしようとしているところである。

転載元転載元: 情報科が新しい授業のモデルになる

  • 顔アイコン

    私の感想、。

    >あなたのブログでやれ。


    ですよね、。

    なんであれ、
    人様のブログに、いちいち乗り込んでいくことじゃないから、。

    で、名指し投稿であるにもかかわらず
    本人が反論もしてないことだし、黙認したのに、。
    なんで他のブログに行って批判してたのかなぁ、。
    謎です、。

    Mary Magdalene

    2019/1/14(月) 午後 9:55

  • 顔アイコン

    2019/1/14(月) 午後 10:32の内緒さん
    見えない
    ナイスを、ありがとう、。
    にこにこ、。

    批判して回るのは、ナンセンスですね、。

    Mary Magdalene

    2019/1/14(月) 午後 11:18

  • 顔アイコン

    エグゼル氏のコメントは批判にもなっていないんですよ。こちらが挙げた根拠や考え方を踏まえずに、ただこちらの結論を否定しているだけなの。
    彼がもう少しまともな人なら、彼は異論を提出できるかもしれない。でも異論とは、全く別の考え方に基づく別の意見だから、それは彼のブログでやればいいこと。人のブログで異論、つまり全く別の話を展開するのは迷惑なのです。
    実際には彼の発言は異論にもなっていない。そこまで論が立っている訳でもなく、むしろ罵詈雑言が多すぎる。彼はそれをいろんなところでやるから、僕は彼を変質者と認定しました。

    omori

    2019/1/15(火) 午前 0:37

  • 顔アイコン

    > omoriさん
    こんばんは、。

    わざわざのお運び、ありがとうございます、。
    記事を2つ、転載させて頂きました、。

    随分前から、あちこちで、
    罵って回っていたようですね、。

    議論は、普通のトークで、お互いを高め合い、
    理解を深め合うためにするのが当たり前ですのに、
    ただただ、訳のわからないあさっての方向から持論のネタを引っ張り出してきて、、

    こちらの主張とは全然噛み合わず、
    また、理も通っておらず、、黙って知らん顔していたら、、
    私が、後ろめたいから無言だと勘違いして、

    どんどん、思い込みでの批判に発展して、
    サイバー警察に訴えれるだけのことをしてくれちゃいまして、
    自分で墓穴掘りました。

    いっぱい批判した、と威張ってたので、、
    同じ目にあった人、、いるのかな、、と
    エグゼルという検索ワードで調べたら、、、
    omoriさんの記事がヒットしまして、
    転載のお願いをしたという次第です。

    徘徊批判はやめて、自ブログでのみ、
    批判活動するようにしてもらいたいものですよね、。

    Mary Magdalene

    2019/1/15(火) 午前 0:45

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事