ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

高校時代のお友達で、、
同じ教会で洗礼を受けたH姉妹と私の子たちは、
乱暴とかしないし、これだけはだめという
一線を越えることはしないのですが、

ノンクリスチャンの高校時代のお友達のSちゃんの息子さんは、職場や学校ではよい人、。

家の中では母親に唾吐いたりひっぱたいたり
色々と暴れて乱暴して、
娘さんも旦那さんも見て見ない振りで、
自分の親も具合悪いしで、家庭内ゴタゴタのようで、

親の反対を押し切って結婚したからと、我慢してるけど殺されるかもと怯えてるって、話。

H姉妹から聞いて、
厄除けで、茅野輪くぐりのお祭りついでに、
2人は同じ県内でご近所だから2人で厄払いしてきたら?と言いました。

姉妹は、私同様、結婚後は教会からは離れてるけど、神様を信じてはいます。条件としては、三人とも、そんなに大きく変わらない。Sちゃんとの違いは洗礼の有無と聖餐を受けた後に生まれた子供か、そうでないか、の違い程度。

同じ学校卒業して同じくらいに結婚して苦労して育児してきた、子供の人数の違い以外は条件としてはほぼ同じ。

でも、Sちゃんは、
なんだか霊的な守りがなくなって、
一番弱い息子さんに影響がでて、同じく
弱いお母さんに乱暴していると思われたので、、
神社へ行って神様に助けをお願いするよう勧めました。  

母親に乱暴もするのを放置してても
息子さん自身の運が悪くなるだけだし、
かといって精神科の医者に連れていけば、
俺に恥をかかせたと逆ギレして家に帰った時に暴れるのは目に見えているし。

家族の支援も恐怖で期待出来ないとなれば、
残るは神様にすがるしかないです。

かなり暴力がエスカレートしてるようで、
命の危険を感じたので、絶対に、
すぐにでも神社は行った方がよいと思いました。

苦笑 、。
クリスチャンらしくないと、知らない人は言いますね。

イスラエルの神様と、イエス様が
生きて臨在しておいでなのが伊勢大神宮と、稲荷神社。
天照大神が、イエス様の日本での呼ばれる別名。

時間があれば、神社は入り浸りたいくらい。
気分が落ち着きます。
木や自然が残っているし空気もきれいですからね。  

教会も、生きた御神霊を常に宿したいなら古代イスラエルの神殿様式、幕屋の建て方にして、祭壇に、、イエス様の磔にされた十字架は無くても良いでしょう。イエス様を殺めた道具ですし、、。

イエス様にはもう、人を購わなくて良いので再度の十字架は必要ないのですから。
それから牧師職も宮司のように世襲化しないといけなくなりますが、。

日本の神社には、天地創造の神様に仕える神霊が多く存在しています。聖書でいうなら御使い、聖霊、神の人などの表現で呼ばれていますけど、生きている人からすれば、はるかに霊性も高く神通力もおありです。

たとえ人の霊であっても、人は神様の御霊を魂として頂いているので霊性が高くなれば神性の部分が多くなり神様に近づけるのですね。

ただ人は天地創造の神様ご自身にはなれませんし、単一で命を生み出すことも出来ませんので、どんなに霊性が高くなろうと神通力を得ようと神様とイエス様には絶対に勝てません。

さて、、教会で、聖霊が降っているところは、、どのくらいあるでしょうか、。牧師が悪行をせず、罪に敏感で真摯に神様を慕い求めて、信徒も深く愛していれば、、聖霊は降っているでしょう。

世にある教会も、神社と同じく、
欲望の願いではなく
感謝の祈りに満ち、聖霊が充ちる場であるように、、
神父や牧師も悪行から離れて、神様に立ち返ること、、
クリスチャンの1人としてそれを強く願います。

天地創造の神様は、神社にいけば、触れ会えるほどの近い場所においでです。日本は、日本中が、神様の幕屋だらけで、霊的守護はとても強い。神様が、特別に愛されている国が日本。

現代の霊的イスラエル。

渡来した古代イスラエルの人々を拒まず、
受け入れ、婚姻により融和し、一つの民となった柔和なる国たみ。古き善き人々が住まっていた、自然と水の豊かなる国。

私、日本人に生まれれて良かった、。
その中で、稀少価値のクリスチャンで、、さらに少ない毛色の変わってる神様大好きミックスモードクリスチャン。(笑)

神道も仏教もオッケー。
現代は、イエス様が、すべての人を
罪を赦され愛された、
命がけの信仰も人の身代わりに立ててくださったから、、

人は見えざる大いなる存在への信仰心、
畏怖し、敬う想いがあれば、良い時代だから。
私も邪教でなければ批判はしないし受け入れます。

神社のお札や御守りはユダヤのメズサと同じもの。
神社は、キリスト教と、双子のようなもの。
担う役目が違うだけ。

神社は、古代イスラエルの幕屋。
天地創造の神様が、降る聖所だから、
心でも態度ででも不敬な態度を取れば罰は当たる。

神社は、霊的に日本を守っている、いわば霊的結界。
キリスト教は、洗礼と聖餐の継承が役目。
ぶっちゃけ、、どうしても、の
お願いすることがあれば、神社へいくほうが早い。

教会だと感謝の祈りより、つらい苦しい。どうにかして助けてって、つぶやく方の祈りの方が多いから、
神様に届きにくいのですよね。

みんな、にこにこハイテンションで、家でも外でもニコニコ、神様に賛美しまくり、ルンルンしまくりの信徒だらけなら神様に願いが通りやすいかもしれないですが、。

そういう喜びと賛美に満ちた教会は、、少ないでしょ。家に帰れば、暗い顔の信徒が、圧倒的に多いかな〜と?え?自分は違うって?ニコニコそれは良かったです。

いつも人が幸せ笑顔でいることが天地創造の神様も大いに喜ばれますから。

クリスチャンの子供は、祝福されて産まれてきますから、親が普通に子供を愛し、大事に育てれば、優しい子に育ちます。

親が悪行から離れないクリスチャンの子は、クリスチャンでもなく、信仰心もなく、悪行をやめない人たちの子等と、大差ないでしょうけど。
残念ながら霊的恩寵は、次の世代に繰り越し。

親思いの優しい子に育ったなら、間違いなく、神様は、その子供たちと共にいます。感謝ですね。
私も、父さまにいっぱい感謝です。



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事