ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

聖徒の交わり、。

聖徒の交わり、。
なんと、心地良いものでしょう、。

天地創造の神様の御心に従おうとして
活きる人は、クリスチャンではなくても
聖徒です。

真の信仰心ある人との交わり、語らいは、、
心満たされて、喜びが充ちる、。

イエス様が、、、
また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。
二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。

と仰ったことが、教会だけではなく
ネット上でも、そうだと、思えました、。

神様の御心に沿う信仰者との語らいと交わりは、
とても、楽しく、心が満たされます、。

放蕩おじいさんのコメントなどからは、
まるで感じ散れない温かな思いが、
じんわり伝わってきて、
自然と心が嬉しいと想います、。

放蕩おじいさんは、、
こういう心の交流など皆無なんでしょう、。

殺伐とした憎しみの言葉しか言えなくなってる、。
見た目の綺麗事の社交辞令は言ってても、
本心じゃないから、、、

敵と思えば、
すぐさま出てくる言葉にトゲが生える、。

それまで、交流してた相手にさえ、ソレ、。
あきらかに人への思いやりが、欠落してる、。

でも、まぁ、この放蕩おじいさんのおかげで、
こうさん、カーさんのパパさん、シオンのかけらへようこそさん、
あかりさん、ルツさん、、、
沢山の新しい出会いがありました、。

昨日は、とても幸せな、心暖まる時間を持てました、。

このことから、、
サタンの側の人でさえ、神様の御手の上にあって
すべてを司られておいでだと、よくわかります、。

父さまこそ、讃えられるべき御方です、。
御名讃えます、。ハレル・ヤー。



自分の内に神様を、抱くようになると、強いですよ、。
神様は、ずっと、地獄の底までも永遠に私と一緒と、、
信じ切る心こそ最強の信仰心ですよ、。

空を仰ぎ見てても、神様は降りてきません、。
だってね、。人と人との間、
人同士の心の交流の中に神様は存在するから、。

イエス様は、だから、、自分を愛するように、人を愛しなさいと仰った、。
人の中においでの神様を、お互いに感じ取れるから。

仏教の禅の教えに、相手の中に宇宙を見る、、
人への感謝と尊敬の念を持つことが
宇宙、即、我の状態であるという思考があって、、
それも自分を愛するように、相手を尊敬する、尊ぶ事です。

自己愛を捨てて、人を思いやり尊ぶことが、
人の得るべき悟りの一歩ということ、。
自己愛しかない人は、人を大切にしません、というか出来ません。
人が信用できなくて、自己愛に懲り固まってるから。

でも、神様とイエス様の御命令は、
自分を愛するように人を愛しなさいなので、
神様の御命令に背いてるわけだから、
心、精神を病むわけです、。

神様の御心に背いてる部分が少なければ、深く心を病まずに済みます、。

憎ったらしいとか嫌いとか腹が立つと、ずうっと思ってると、
自分が悪くなくても、マイナス思考を続けてることで
神様に想いを向けれなくなり
プラスエネルギーが枯渇して心を病んだります、。

いつでも高い精神性を保つのは難しいのですけど、
私は、高く高くあり続けたい、。
大好きなお父さんである神様に想いを向け続けたい、。

それが、私の活きていける原動力でもあるから、。

昔は、、自力のみで、
一生懸命そうしないといけない、、と
義務のように、、そうしていた、。
そうしないと駄目クリって思ってたのかもしれない、。

でも、嫌というほど罪深い自分を見させられて、
思い切り奢る心は砕かれて、
クリスチャンらしく、、のプライドも、 
頑張ってる、、という自己満足も、綺麗に粉々になり。

なにもかもが、消えて、、残ったものは
丸裸の私、私を騙して家庭崩壊させた人への
深い憎しみと怒りと怨嗟の想いにまみれてる私、。
地獄世界に心が落ちて居る自分、、。

これで、天国いけたら、苦労しない、。
あまり酷くて醜いものだから、

地獄しかないわ、。
天国入れて貰えるわけないし、と
救いを自分で求めるのを諦めた、無理だ、、と。

わかりやすく聖書からの引用だと

ルカによる福音書
23:42 そして、「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、(地獄に居る)わたしを思い出してください」と言った。
23:43 するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。

この強盗と同じことをしてました。
天国に入れる救いを諦めたけど、、

神様とイエス様、、あなたと、
こんなにも遠く遠く離れたくなかったです、、と、
強くそう思いました、。

もう気づくのが遅すぎた、、大罪を犯していた、と、、、
嘆いて泣いて、遠くに遠くに思えた神様に向かって、、、、
お父さんとは、もうお呼び出来なくて、、、
神様、、、、、。って、、
神様への思慕の思いだけが、、ただただ募った、。

最期のお願いです、、と、
こんな浅ましい自分を見て、生きるの苦痛です、、
行くべき場所、地獄に落として欲しい、、と、、
切実に願いました、。

自分自身のことなのに、、
死んだほうが良い人間にしか見えなかった、。
情けない話ですが、、。

でも、、イエス様はね、。
そんな穢れきった私を抱きしめてくれました、。
そして罪の重さで苦しんでいた私に、、
重荷をおろして休みなさいと、仰った、。

イエス様にそんな汚いもの負わせたくないから

嫌です、、私なんか救われる価値なんてないです、。
離れて下さい、、大好きな、あなたにこんな汚いモノ
背負わせたくないです、。イエス様、、。って答えたら、

イエス様は、、、
再度、重荷をおろして休みなさい。
それでもお前を愛してる、。って、、
罪を赦されて、穢れた私を抱きとめて愛してくださった、。、、

あとは、、もう、涙ボロボロ流して、、
イエス様の御足にすがりながら、
ごめんなさい。しか言えなかった。

気絶するように、、ふっと、意識がなくなって、、
数カ月ぶりかの安眠、、目が覚めて起きたら、、
身体も心も元気になっていました。

罪の重さで苦しみ
息が出来なくなるほど心が潰れて死を感じていたのに、
起きたらお腹も空いて、笑、。

ほんの少しだけですが食べれるようになってました。
それまで摂食障害も時折、起きてて、
食べたら吐いてしまう時もありました。

数日間、食べる気も失せてて、
部屋にこもっていて、動くことすら出来ずに、
うずくまったままでいて、
ろくに食べれなかった状態でした。

それが、寝て起きたらケロッと治ってましたからね。
心が病むというのは、ほんと重大事件です。

この救いの体感を通して
悪魔なんか滅びてしまえとは、私は言えなくなりました。
悪魔が滅びるべきなら、私だって救われちゃいけないと
自分自身で思える程、
穢らわしいことを願うような醜い心を持っています。

悪魔にむけて悪は滅びよと言うと、、、
私自身にも、その言葉がグサッと突き刺さるのですね、、。
私、死罪レベルの大罪を、やらかしちゃったので、、。

だから、自分が清いとか、
神様の御心に沿って生きてるとか、
自分でそう自己満足も出来なくなりました、。
赦された負債が多すぎて、、苦笑。

前も書きましたけど、
私的に、500億円くらいの多額の負債を
全部、帳消しにされたようなものだから、、、
こんな多額の負債返せるわけがない。

毎日、よっちゃんイカが買えるくらいの30円くらいの
僅かな返済を続けています、。
神様は、その返済すらも、要らないんだよ、、。
何も支払わないでも良いよと、おっしゃるが如くに
私が僅かな負債を支払ったこと以上の恵みを下さる、、、。

昨日の楽しい時間のような、、
思いがけない交わりの至福の時間、。

これじゃ、何もお返ししてないのと同じです、。
罪多き私であるのに、。
ほんと、、神様は、砕けたる魂を軽しめられず、
大きな恵みを与え続けて下さいます、。

自分の罪を認め悔いた人は、幸いです。
神様が、そんな罪多き自分とともに
居て下さる事を知り感謝して生きれるからです。

悔い改めない人は、不幸です。
罪が何ら赦されないまま、、、
死後にまで持ち越しされて、、生きている時同様、
死後も罪があるまま、醜い心のまま存在し続けないといけません。

霊界では、己の心のままに姿が変容するので、
悪しき心の持ち主は、
その心のままに醜い異形のものに成り下がる。
獣や悪鬼のような姿に、、。

私が鏡で見た私の醜い姿は、、、
蛇のような冷たい目をした鬼女でした、。

その頃の写真、あまりないのですけど1枚だけ
PHSに残ってた写真を見て、
お友達のMちゃんが、、一言、、。

べ、、別人だね、。
目が怖い、。今のほうが良いよ、、と、
上ずりながら言われてしまいました。
予測どおり、苦笑、。
自分でも、そう思ってましたので、。

今は、毎日が朗らかです、。
悩みも苦しみもなく、穏やかな日々を送れています、。

悩みがあるとすれば経済的なことだけですね、。
目が悪くなってたのと足を骨折してから、長時間立つのが難しくなったこと
歩くのは2時間位はゆっくりなら歩けます。

それも、障害手帳の申請をして通ったから、
障害雇用で、仕事が見つけれるかもしれないし、
そう願っていた私の願いは叶えられています、。

人生うまくいかない、、と神様を憎むのは大損します。
うまくいかないのは神様の責任ではないので、
大概、自分が、どこかで間違えた選択をして、
そのツケを支払わされてるだけなのでね。。

自分になにも落ち度がない場合なら、
その苦しみの中で信仰を立て続ける
必要があるのでしょう、、アブラハムのように、。

まずは自分の本心を見つめ、、
自分の罪を悔い、自分の身の周りへの行いを改めたほうが、
人生が大改善します、。

人に思いやりを持って交われない人は、、珍しいですけど、
そういう人は神様との関係も断絶しています。

目に見える人を大切に出来ない人が、、
目に見えない神仏を大切に出来るわけがないのです。

口先だけの崇め奉り、、心はお留守、もはや偶像礼拝的信心。
生きた神様の宮である人と心が交われないから、
神様とも断絶して人生不幸なことばかり、、。

良い実を実らせることも出来ず、
関わる生きている人、
みんなからも嫌われて孤独街道まっしぐら、。

実につまらない人生にしかならない、。

多くの国内、海外の霊界についての文献を読みました、。、
統合的に見るとそういう人を大事にしない自己中な人は、

死んだ後、人を排除したことで、
自分ひとりしかいない世界にぽつねんと置かれ、
人恋しくて神様に赦しを乞うても、中々赦されず、
孤独に霊界をさすらうパターンか、

狂霊となって、ひたすら霊界をさすらい続けるか、、
地獄で悪魔に使役もしくは嬲りものになるか、のどれかです、。

どれになっても、恐ろしい死後であることには違いありません、。
生きている間に、悔い改めて罪を赦して頂かないと、、、
肉体の死後は、とんでもないことになります、。

神様をいないが如くに扱い、
御心や御命令を無視する、、ということは、、
ほんと、やらないほうが良いです、。

自分に与えられた信仰に従って、
その神仏の与えている規範に則って、
十誡、仏法の戒律に照らし、心でも身体でも
罪を犯さないようにしませんとね、、、。

信仰の道の基本はみな同じ、。
神道だけは戒律はないですが、常に神様が見ておいでだという
認識のもとにいますので、罪を犯さないようにしようと
心がける姿勢については他宗以上に敏感でないといけないので、、
自己を律することにおいては群を抜いていると想います、。

私が地獄のどん底で神様と出会って、救われ
地獄の底までも共においでくださる神様を知り、

自尊心ゆえに、神様を退け、神様の御心に背くことを
意図的にしてしまうことが、ほぼ消えたように、、
神様と共に歩く信仰心を持つ人は、
罪に関して敏感です。

神様と共にいない人ほど自分の罪に鈍感です。
平気で神様の御命令や御言葉に背きます、。
罪に敏感でいれるものでありたいですね、。

>これはよく覚えてます。
「嘲笑はやめてください」
「嘲笑してません、微笑です」
みたいな感じのやり取りは、衝撃的でした。
考えてみれば、stさんは度々、
自分の言葉は強すぎるとか反省の弁を述べてるけど、
中略
真理そのものと、人の言葉によって表現された真理
神そのものと、人が心に思う神の概念
これらに差異があることを自覚することは大切ですね。
でも、こういうことを理解し、語る人は案外に少ない。

自分の傀儡、別人格に自己弁護させてるようでは、、、
反省すら出来ないし、更に苦痛を伴う悔い改めは、、
とうてい出来ないでしょう。

憐れです、。
どこまでも自己正当化したい人がいるようです、。

私も、ハハ、とかフフ、、って言われたこと、ありますけど、
別に嘲笑されたとは思わないけど、。
被害妄想強いのね、。

私、面白いこと言ってた?どこぉ?と思った程度、
まだ、ブログランキングに参加する前のことですけどね、。

あ、これかな、。
荒らしが来て、批判ドンパチ状態になり
訪問者が激増したことを、

みなさん、お祭りがお好きなようで、、
どこからドンパチしてるのを嗅ぎつけてくるやら、
いつもより○人多いです、びっくり、笑。
と言ったこと、。

ドンパチと、お祭りと表現したことが、ウケたようで、。
私は別に、あら、ウケちゃったと思っただけ。
自分が小馬鹿にされたと思うのは、
自分が人を小馬鹿にしているからですよ、。投影。

>Yさんは、自説はさもキリスト教の本流であるかのように語るけど、できれば、ご自身の宗教遍歴、人間観、共感する神学者、牧師など、思想的背景についても書いてほしいですなあ。
Mさんの方は、過去の宗教遍歴、キリスト教以外の宗教、神社、日ユ同祖論、人は内奥で神とつながってる(人は神の一部ということかな?)、神やイエスとの対話…いろいろ書いておられるのに、Yさんはどうして書かないのかな。
ここのMさん、、の部分、私のことでしょうけど、、
こういう心にもないことを、別人格とはいえ
つらつらと言えるのって意味不明。

今更、別人格で、なついてもね、、知りませんわ、。けらっ。

それに、人と対比での、批判材料にされてもね、。
けなされてる人を、更に貶めるための利用なんて、
浅い心底見えたりって想います。

>> 自由さん
>宗教遍歴
生き方を求めるか、完全を求めるか、の違いではないかと。
って返事してた。

私をカルト信徒扱いやカルト教祖扱いをしてたけど、
他の、、そこで実際に交流してた方々などが、

私のことを、誰も、そう扱わないで、、、
会えてよかったとか、コメント色々されてるのを見て、

多数決論で思考して、、、
これ以上、ここを批判すると、
他のクリスチャンも読みに来るし、
ブログランキングにも関わるし、、、
自分自身が危ういとの判断で、、、。

ランキング関係ないほうのヨシュアさんのみに
ターゲットを絞ることにして
下手なこと言うのはやめた、、という感じかしら?
自己愛しかない思考ですね、。

ふう、、自分のためにしか動かない、。

一旦言い出したことに責任を取らず
誰にも謝罪もしないで知らん顔、。

それって、人には厳しく、自分には激甘ってこと、、、。笑
逆じゃないと成長しないですよ、。

>真理そのものと、人の言葉によって表現された真理
神そのものと、人が心に思う神の概念

苦笑、上手に正しそうに言ってるおつもりでしょうけど、、
はい、ハズレ、。

人には神様の御霊が魂として宿っている。
それを、神道では言霊(ことだま)と呼び、
言葉をとても大切に扱った。

汚れた言葉を使わないように、苦慮していた。
言葉に宿る自分の魂の力で、口に出したことが
具現化することを知っていたからね、。

いくら人の言葉でも人の思いによるものでも
その人が神仏に対し自分のすべてを尽くして、想い入れを込めて
書くものは、その人の内なる魂の力が宿る。

魂が、神様の御霊なのだから、、
魂の力が宿ったものは、
神様の言の葉の一部に等しいものと変えられる、。

あなたは、自分の内に宿る、今は眠れる神性、
魂までも愚弄し、否定している。
それは魂を与えた神様への否定にほかならない、。

聖句でも反論しましょうか?
あなたがたを迎え入れもせず、あなたがたの言葉に耳を傾けようともしない者がいたら、その家や町を出て行くとき、足の埃を払い落としなさい。

イエス様が自分の弟子たちの言葉に耳を傾けないなら
足の埃を払って、ここは神様に聞き従わない者、だと明かしを立てなさいと
仰っています。

イエス様に従う人の言葉、神様の御心に沿う人の言葉は、
内容が、神様の御心に背く言葉でない限り
神様の御言葉と近しい扱いをしても良いということです。

イエス様は他に、、
幼子や乳飲み子の口に、あなたは賛美を歌わせた』という言葉をまだ読んだことがないのか。
と仰っています。
調べてないけど、、元の聖句はこれかな、。
詩篇
8:3 幼子、乳飲み子の(賛美の)口によって。あなたは刃向かう者に向かって砦を築き/報復する敵を絶ち滅ぼされます。

だから、神様と人の言葉の徹底分離を説くならば
それは反キリストの言葉です、。

ダビデがサウルと話し終えたとき、ヨナタンの魂はダビデの魂に結びつき、ヨナタンは自分自身のようにダビデを愛した。
イエス様の御命令、隣人を愛しなさい、を、、
旧約の時代で、すでに行ったと記録された人がいました、。

心を尽くし、魂を尽くして求めるならば、あなたは神に出会うであろう。
あなたは心を尽くし、を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。

わたしのは主をあがめ、
わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。

愛する人たち、あなたがたに勧めます。
いわば旅人であり、仮住まいの身なのですから、
魂に戦いを挑む肉の欲を避けなさい。

あなたの神、主のもとに立ち帰り、
わたしが今日命じるとおり、あなたの子らと共に、
心を尽くし、魂を尽くして御声に聞き従うならば、
あなたの神、主はあなたの運命を回復し、あなたを憐れみ、あなたの神、主が追い散らされたすべての民の中から再び集めてくださる。

教会に戻り、神様に帰順したらどうなの?
今の苦しみから救われたいのでしょ?
神様と人とに心からひざまずいて悔いて謝罪したら、
今の心の苦しみが、綺麗さっぱり消えるわよ、。

アレとも縁が切れて、、運命も、好転するんじゃないの、。
遅すぎたら、、間に合わないわよ、。
現実化するまでの時間はそれなりに掛かる、。

教えを捨てる者は神に逆らう者を賛美し、
教えを守る者は彼らと闘う。

悪いこと言わないから
早く父さまから救いを得なさい、。
そして、自己愛同士の交わりではなく、
聖徒の交わりをしなさい。
そうして、心が幸せになって、。

マグダラのマリア

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事