ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

真実って、、目に見える部分と見えない部分があって、。
心は目には見えないね、。

だから、本心は目には見えない、。
建前なのか、本音なのか、、人には正しく判断出来難い、。

自分自身の心のあり方を、わかるなら、、
人の心の裏側も見えてくる、。
だから、、真実は、自分の心を理解することから始まる、。

自分の心を、どこまでも掘り下げていくと、
醜い本音しか出てこない、。
ムカつくとか、嫌いとか、頭来るとか、くそったれとか、、

思わず、ため息が出るくらい、悪態のオンパレードだったりする、。
それ、汚いな、、醜いな、、と思ったって、、
自分の中から出てきた物、、。
やだね、、、と思ったってね、。勝手に消えてはくれない、。

諦めて、、お父さん、、ごめんなさーい、。
だめだねぇ、。
まだまだ、マイナスの気持ち、肉の罪の想いは健在です、。
こんなアホなこと心の奥底では思う私でも、
愛してると仰って下さるから、、、。

私は、あなたの御心にそいたいと思うし、
こんな悪の心を、自覚しながら、
表には出さないように努力しようと、、、

角を出さないように、牙を出さないように、、
自分の中のもうひとりの、、
肉の思いを持つ私を良い方へ自己コントロールしようと思うのです、。

あなたを、喜ばせたいから、、それだけのために、。
自分が悪の思いのままに生きるより、、
あなたの御心に添う生き方を選ぶほうが、、
あなたがお喜びになることはわかるから、。

だめな自分を知るからこそ、逆の自分を理解できるし、
どうしたらよいか、も理解できる、。

自分の罪がわからないまま、、あくどさもわからないままで、
どうして、どうしたら清い生き方が出来るか、わかる?

わかんないから、。

自分が極悪人だと思うくらいで、まじでちょうどよいから、。
わずかでも、自分てすごいと思ったら、、一気に坂道滑っていく、。
何度堕ちたかなぁ、。ねぇ、お父さん、。
何度背いたかなぁ、、。ねぇ、、お父さん、、

痛い目を何度もみたのに、良い自分で居たかった過去の私、。
良い自分でいたかったのは、ただの自己満足のためだった、。

目に見えないから神様に褒めてもらえるとは思えなくて、
目に見える人からの褒め言葉が欲しくて、。
誰かから認めてもらいたくて、そうしてただけ、。

救われた時に、そういう願望も、プライドやなにやら
全部粉々になったけどね、。

良い人で有りたいと想いながら、、
心の中で人殺ししてたら、、世話がないし、、
そんなことしてた自分なんて良い人とは言えないもんねぇ、。
すっぱりと、あきらめがついた、。

すんごい荒療治だったから、、
死ぬか、、と思ったほどしんどかったけど、。
自己修復不可能なまで粉々に砕かれてよかった、。

徹底的にボロッボロになったから、、
奢るイコールまた、アレ?、、と思うから、

奢りたくても、、
げっ、また、、は、もうご勘弁下さい、。もうしません、。
ってストッパーかかって、冷や汗と共に、
やめとけって、自分でも思うから、、相当に、こりた、。苦笑、。

私自身が心の中で殺人罪犯すような
悪党なのは、自覚してます、、、。
それをまた、えぐり出されて、自覚させられる事自体は、、
苦痛じゃないんだけど、その通り、だから、。

もう一回ということは、、
誰か他の人を心の中で殺人を犯すほど、死ぬほど憎むほどに、
また、、何かで、ひどい目に合わないと行けないわけで、、
それが、嫌なの、、笑。

だから、、ご勘弁、、になるわけで、。

自分の立つ位置が、悪党側に置くか、
清い側に置くか、で、見え方も、感じ方もまるっきり違う、。

自分を正しい側に置くと、、相手は100%悪なので、、
相手に慈悲は与えないね、。悪は滅びよ思考だから、。

自分が悪党だと思ってれば、相手を叩くにしたって、
無慈悲にはしないのよ、。

自分も悪党だから、自分が人にしたように、自分も裁かれるわけだから、。
たとえ激怒したって、逃げ道くらいは用意する、。 
これが、悪は滅びよ、思考で行動したら、、
憎しみや侮蔑、嫌いという感情から行動して、、、、
心になにも余裕がないから、無慈悲なんだよね、。

自分が悪党だと思ってるほうが、
批判する相手を叩き潰そうとするほど、恨んだり憎もはしないの、。
自分も神様の御目から、ご覧になったら、、
同じ穴の狢じゃん、、叩くのもほどほどにしないとなぁ、、と思うから、。

不思議でしょ、。
自分が悪党だ、、と思ってる方が、嫌いだな、と思う人にも、
感情むき出しで、、無慈悲なことをしないでいられる、。

それは、自分の醜さ、穢れを知ってるからそうなる、。

自分が正しいと思ってたら、、好きなだけ相手を叩くでしょ、。
どこまでもどこまでも、謝るまで、、、悪かった、と認めるまで、。
下手したら、謝っても殴り続ける、。
お前どうせ口先だけだろーって、、

自分が清いとか、正しいと心の中で思ってる人ほど、
思い切り攻撃的になるのよ、。
悪は滅びよ思考から、行動してるからね、。

私は、様子見も、するし、叩くのもほどほど、、
深追いはしないし、猶予もする、。
私自身が、神様に哀れんで頂き、多くの罪を赦されたから、、
人の罪を、、罪あり、といつまでも
非難したり批判し続けることはしない、。

こういうことをやる人は、執念深いか、
自分は正しいから、人を裁いて当然と思い上がってるのでしょう、。
神様の立場に立つことが、、楽しいのでしょうね、。
肉体の死後、自分自身が、人にしたように、
無慈悲な裁きを受けることを知るなら、、
やめたほうがお利口さんでしょうけど、。


独り言、、、。
最近のお猿は賢いようね、。
にこにこ、。

口数が減ったようで、無駄口叩いてないな、、。
私が思ってたより改善行動が早かった、、苦笑、。

ふふふ、、やれば出来るじゃないの、。
その調子で頑張ってねぇ、。


偶像礼拝って、

偶像礼拝って、
見えない御存在に向けて感謝するのではなく、
ご利益を求めて、、ひたすら願掛け祈願することだと思うのよ、。

お金持ちほど、神社に行って、感謝の祈りをするけど、
商売繁盛のご利益祈願はしないんだって、。

成功には、自分の努力が要るってわかってるからなんだと思う、。
なんでも、願えばそれで叶えて貰えるって、
虫が良いこと考えて、棚からぼたもちが落ちてこないかなぁ、。と
口あけて、待ってるようなことって、、

神様信じてるとは言えないよ、。
ただ単に、神様にお願いします、と、しつこく、
拝み倒して利用しようとしてるだけ、。

なかには、お願いを聞いて助けてくれる神霊も居るけど、
代償を要求する下級神霊もいるからね、。
日本の神社は、基本的に厄払いと感謝を捧げるところなのよ、。

日本の神社に居る天地創造の神樣に仕えて、
人を手助けしてる神霊は、聖書で言うと御使いみたいな立場。

心が清く、、行いも悪から離れて、、私欲がない人なら、、
お願いしたら、、助けてくれるかもしれないけどね、。
自分の我欲まみれのお願いは、、
高い神霊には聞いては貰えないからね、。

下っ端の神霊が、助けることはある、。
感謝と代償のお返しが欲しくてね、。

聖書で、、この願いが叶ったら、こうします、と
前もっての誓いを立てるでしょ、。

そんな感じで、願掛けの時、願いが叶ったらこうします、って
言っちゃった場合、、願ほどきといって、
誓いをしたことを果たしにいかないといけないの、。

神社の下っ端の神霊は、神樣扱いされて、感謝されたいものだから、
手助けするのもいるのよ、。

神樣として、神社に鎮座してる方の高い方の神霊は、
褒め称えられるべき御方は、天地創造の神樣で、
そのあとが、自分たち、、社を預かる神霊であると、知ってるからね、。

感謝しろとか、願いを叶えた代償の要求とかしないけど、。
助けること、も、、むやみやたらにはしたりしない、。

心を視て、、助ける人を選ぶ、。
口では、お願いします、と、へりくだってても、
心の中で、神なら、この願いを叶えろよ、、
みたいな態度の傲慢な輩は、、絶対に助けない、。笑

天地創造の神樣御自身ではないけどね、。
神様の御心を知り、それを代わりに行っているわけだから、
神様の代理のようなもの、、ですからね、。
不敬な態度はよろしくない、。

実際に、イスラエルの幕屋、至聖所、。
天の神様の御座所にもなり得るのが、
日本の幕屋、、神社だから、、、

人の感謝の祈りが多く集まるところは、、
天の御座所、神様の聖所となる。
イエス様がまだ生きておいでの時、、
ユダヤにキリスト教会はなかった、。

ユダヤの支配者層は、不信仰をして神様に背いたけど、、
一般人は、神殿に行き、感謝の祈りと捧げ物をしていた、。

でも、イエス様は、宮清めの時に、
そのユダヤの神殿を指して、
私の父の家を商売の家としてはならない。
と仰っているし、

イエス様がまだ十二歳になったばかりのときにも
私が自分の父の家にいるのは
当たり前だということを、知らなかったのですか。
と仰っている、。

人の良き祈りと感謝が集まるところに、、
父なる神様は、どこであれ降って、そこを聖なる祈りの家と成す、。

清い信仰心が在るところは、、
絶対に、、サタンに取られたりしない、。

今はイスラエルにエルサレム神殿はない、。
どうしてって、、イエス様の時代には、
もとから、そこには契約の箱は、、存在してなかった、。
失われていたから、、。

私は伊勢神宮の地下神殿か、、
仁徳天皇陵の中に在ると思っているけどね、。
いつ、契約の箱の封印を解くのかなぁ、。

神様は、日本の神社以外では、、
地上に降ることも留まることも出来ない、。
神社は、、古代イスラエルの幕屋を
模したものだから、神様は降り留まれる、。

牧師の中には、それ知らなくて、、
神社は偶像礼拝だから、、行ったらだめだの、、
穢れるだの、、言うのがいるけどね、。
関係ないから、。
お正月だけは、神社行かないほうが、大損する。

いろんなマイナスのエネルギーみたいなの抱えてても、
大晦日から、お正月の7日までの間は、、
神社は、、よほどの寂れた廃神社でない限り、
天地の気が満ちて、、清い場所となってるから、。

厄払い、悪霊除けになるからね、。
行くほうが良いのよ、。
で、そこの神様の名前わかんなくても、
天地創造の神様、、お父さん、、と
教会で祈る感じで祈ればオッケー。

二礼二拍手一礼の作法があるけど、、間違えても、
心が、神様を敬う思いがあれば、無礼者!とか、、言われて、
神社を預かる神霊に、ぶっ飛ばされたりしないから、。平気、。

手をあわせて、感謝して、頭を90度に下げてお参りすると、、
頭から、、腰まで、、良いエネルギーが、スーッと流れて、
霊的な穢れが祓い流されて綺麗になるので、オススメ。

身近に、、天地創造の神様と直に交われる場所として
神社があって、日本人として生まれて来たのって、
すごい祝福、。
日本は、この世的にみたら、なんだかんだと言っても外国よりはすごく天国、。

いきなり拳銃で撃たれたりしないし、。
白昼堂々、強盗でないし、。
お水は、水道ひねれば出るし、、
都市部以外は自然もいっぱいあるし、。
神社も、ともかく多いし、日本人は、基本的に信仰深い。

古代イスラエル、、旧約時代、神殿そのものや儀式の道具や
契約の箱があったけれど、 その物体自体を、彼らは礼拝していない。
それらの背後に在る天地創造の神様を礼拝していた。

日本の神社も、祭具はあっても、偶像的な人形の像はおいては居ない、。
あっても、八百万の神様の3柱を合祀した名前を書いたもの、とか
御神木、山、石座、などの自然物。
それらの後ろに、大もとの神様を視て、礼拝していた、。

御神木や、霊山や、石座自体を礼拝してたわけじゃない、。
それらは神様を象徴するもので、祈る対象物が在る方が
そっちの方向を向くなどして、
意識を集中して祈りやすいからあるというだけで、
本来なら、、本殿があれば要らない、。

目で見える対象が在る方が祈りやすい人が居るからね、。
私は、祈る対象物なくても、
空にむけてのように、自分の中に向けてのように、、
祈るから、要らないといえば要らないのだけども、。

牧師で、排他思考したら、、駄目よ、。
神社をバカスカ批判して殴っても、もとは天地創造の神様の御座所だから、。
どれだけ頑張っても日本から消えないから、。

神様御自身が、そこにおいでなのだもの、。
消えません、。笑。

日本神道はユダヤ教の流れがある
原初キリスト教の景教徒、ネストリウス派が作り出したものだからね、。

根底に三位一体の神様の思考があるから、三柱合祀とかがあるのよね、。

イスラエルでは、酵母の入ってないパン、マッツァーを食べるけど、
日本では、お正月に、酵母の入ってない餅、食べるでしょ、。
発音も似てるし、。

七草粥も、、苦菜を食べるイスラエルの慣習に似てるでしょ、。
賽銭箱は、イスラエルと日本にしか無い。

排他しないで、、、和合しなさいね、。
受け入れることが、一番出来難いことだけれど
和合出来たら、、それ以上の強い絆はないから、。


和合しない、、切り捨てる、。排他する、
そういうのが、、サタン思考で、自分だけが正しいという偶像礼拝的思考なのではないかな、。

まずは、、
カトリックとプロテスタントのまともな和合が先かしらね、。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事