ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

見よう見まねで、、、
マーマレードジャムを作りました、。

イメージ 1


いちごジャムは作ったことあったけど、、
それも、、ホームベーカリーでの
ジャム作りのコースで、、なので、
お鍋を使ってのジャム作りは、初めて、、。

丁度、オレンジとネーブルの
掛け合わせみたいなお味のみかん、。
名前、、忘れた、、、それの香りがよくって、、
マーマレードにしたら、、美味しそう、、と想像したら、

身体が勝手に動いてまして、。

皮を粗塩でこすって、洗ってむいて、
下茹でして、茹でこぼして、1晩置いて
その間に水を何度か取り替えて、

こまかく刻んで、とろっとなるまで
オリゴ糖と、グラニュー糖と羅漢果糖を使って煮ました、。

実は、、娘に食べてもらって、、、
皮だけで、作ったマーマレード。

脳内で、想像した通りのお味で、、
パンに薄く塗って食べたら、、美味しい♪
市販のより美味しい♪

皮だけでも、2瓶分あったから、
しばらく食べれそう、。
いっぱいつけて、食べるものじゃないからねぇ、。
減らなくて、、笑、。




創世記
6:16 箱舟に明かり取りを造り、上から一アンマにして、それを仕上げなさい。箱舟の側面には戸口を造りなさい。また、一階と二階と三階を造りなさい。

箱舟は3つの階層にわかれてました、。

洪水は、清めの水、聖霊でもありますが、
羊水の象徴でもあります。

羊水は、この世と神様のおいでの世界、霊界の境目にある、。
橋渡し、の水、。

箱舟は神様の創造された全世界の象徴で、
1階は物資世界、2階は地獄界を含む下層の霊界、
3階は広義的な意味では霊界に入るけれど、
本当の意味での天国、、神様と永遠に共にあれる世界。

箱舟の3つの階層の部屋の存在理由、、
神様と人との儀式的契約、、
絶対に存在しなくちゃならないもの、、3つの象徴。

この世である物質界、地獄界を含む下層霊界、
神様の御許、霊界の上層世界である天界、この3つの世界。

神様がノアに、命じたのは、、
神様が創造されたのは、、3つの階層が在る世界、、
それを水(聖霊)で清めること、。

ノアの箱舟が、、単なる物理的な箱舟の話だったというのなら
もっと階層があっても、よさそうなものだけれど、。

世界中の動物が、つがいで入ったにしては、ちょっと手狭、。
すべての動物のための干し草や、多くの果物、。
干したもの、飲み物、水、、、
長い間の飲食料が大量に必要なわけだし、、、

黄金比率で作られた箱舟、神様の叡智によるもの。
神様の指定は3階建て、、、。

この3つの階層は一体、、
みいつの神様が、お一人であるように、、
3階の建物全部で、一つ、。

箱舟の戸口は、、一つ、。霊的なものも肉持つものも、、
お一人なる神様に繋がり、神様から生まれいでたものだから、
神様から繋がる、すべてが生まれいでてくる道も、ただ一つ、。

明かり取り、、これは窓、、人は出入り出来ないけど
鳩やカラスは出入りできた、。

これらは空を飛べるもの、、御使いたち、をはじめ霊的存在の象徴。
鳩は聖霊、天使も含まれる、、カラスは悪魔になった天使、、。

鳩には、もう一つ意味があり、
一番目の鳩は、ノア自身、、。

ノアは神様の御命令に従い、
罪の清めをしようとしたけれども、
あと一歩のところで、自分の息子のハムの不従順により、
罪を拭えず、もと来たノアのところに戻った、。

二番目の鳩、、オリーブをくわえてきた鳩は、
イエス様のこと、。

罪が拭われて、新しい大地が現れたことを意味する、。
オリーブの葉は、、イエス様によって救われる人のこと、。
鳩は神様の象徴であるノアの元へ戻った。
イエス様は十字架で復活後、
だから神様のもとに戻られた、。

3番目の鳩はイエス様の再臨、、
再臨主イエス様のこと、。
神様の象徴であるノアのもとに戻らなくても良い、ということは。
再臨主なる御方には、、、、
神様が共においでであるということになる、。

空に、虹がかかって、空と地上、、
天と地の境目、隔てが無くなったということ、。

イエス様の十字架の時、神殿の幕が裂けた、、こと、
それは神様が、人との間にあった隔てを、取り払って、

人の神様、、お父さんである御方、、
神様と人が、、イエス様によって、、、
親子状態に戻れたことを意味する、。

創造のはじめの時のように、、、
すべての被造物は、、
神様を、創造主なる御方、として崇め、。
人は、イエス様につながることで、
神様と、、親子の状態に戻れるようになった、、。

だから、神様をひたすらおそれて、
怒りが下る、、と、ビクビクする時代は、、
イエス様までで終わり、。

イエス様がおいでになってからは、、、、
人が神様を愛し、求めて、、感謝し、
神様の御元へ駆け寄るような関係で良いのです、。

神様は、むしろ、その方を喜んでくださいます、。

ただし、、それだからといって、、
神様に対して不敬を働けば、、バチが当たるのは当たり前、。

人らしい生き方してたら、、、
必要以上に神様を恐れたり、へりくだる必要はないってこと、。
神様が、お父さんになって下さるというのだから、、、
喜ぶほうが当たり前でしょう、。

大いに喜び、賛美しましょう、、。
慈悲深い父なる神様を讃えて、、、、。



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事