ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

びっくり、、

イメージ 1

昨日のpvみてびっくり、。
860越え、。
渡辺シスターの記事書いたからなのね、。
彼女の成し遂げたことの偉大さが、わかります、。

更にもっと驚きマンモスだったのは、、
ヤフーブログ終了のお知らせ、が、いきなりマイページに、。


やる気あるのか、、ヤフー 呆、。
ベーター版どうたら言ってて、1年かけて、不具合直らず、
収益も上がらず、、で、放り投げたってことかしらね、。

どこに引っ越そう、。
はぁ、。
有料でも良いから、消されないところが良いな、。
ヤフーブログの皆様、、11年間、。お世話様でした、。

今年中にどこかに移転しないと、、
記事、書いたものが消えちゃいますよ、。
気が変わると良いけど、有料化でも良いから残さないかなぁ、。
無理かなぁ、。





イメージ 1

なんで死ぬのが怖いのかなぁ、。

私の母は、、死が近くなったとき、
黒い人が来て、、手を引っ張られて、、

私をどこに連れていくのよ!
放して!と言ったと言ってた、。

だから、恐怖感を取り除くために、、

それはお迎えさんだから、
怖がらなくて良いよ、。
でも、まだ、そっちにはいけない。
子供が待ってるから、だめよ、いかない、と断ってね、。
と母に言った、。

死の恐怖は、
知らないところへいくから怖い、。

だから、私は母に、
死んだら、お空に行きなさい、。
神様からのお迎えがきて、、
神様のもとに連れて行ってくれる、。と
教えたら、。

うんわかった、。
その時は空に向かっていけばよいのね、。
神様が迎えに来てくれるのね、。と言って安心した様子でした、。

こう書くと、簡単なようだけど、、
天下分け目の戦いをして、憎み合っていた親子でしたから、。
信頼を築くまでは修羅の道でした。
憎んで怒鳴り合っていたんだから、。

家族から愛されたかった母、、
同じように愛されたくて寂しかった私、。
母が愛して無いと思い込んでたし、、
母は、、私が教会ばかりで、
自分のことは具合悪くても知らん顔されると思ってたし、、

いくら大嫌いでも、そんなことしないと言ったって
母にとっては信用できなかったわけで、。
まぁ、想いのすれちがいが、すごかった、。

論より証拠、、
病院に付き添って、御飯作って、洗濯して、
代わりに手紙出しに行ったり、買い物してあげたり、
ごく当たり前のことしただけで、、

母は、すごい喜んで、私を信頼してくれるようになった。
逝くときは、、眠るようにして逝きました、。

葬儀のとき、私の中に入ってきて、
私の中を通って、、私、数秒息ができなくなって、
咳き込み続けた、。

ちょうど読経のときだったけど、、
止めることが出来ない咳だった、。

母が、私はいま、側に居るよ、、という
意思表示だったと想う、。
葬儀が済んでからは、そういう事は起きてない、。

幽霊出たら、怖いと想うのは、自分と異質だと想うからなんだけど、。
死んだら、幽霊になるのが当たり前なんだけどね、。

海外だと幽霊出ても驚かないみたいよ、。
人間死んだら霊になるって、嗜好が当たり前だから、。
日本は、人が死んだら、成仏して、この世からは居なくなるはず、、と
思ってるから、、幽霊出たらやだな、、そんなの悪霊じゃないの?と
ビビるのよね、。

怖がらなくても良いと想うけどね、。
元は同じ人間、、肉体が歩かないか、の差しか無い、。
怖がられたら、、悲しいでしょ、。

それに、悪霊なら、付け入られるから、、
ビビらないほうが良いのよ、。
霊なんて、見えないだけで、
あちこち転がってる、歩いてる、座ってる、と思ったほうが正しい、。

その上で、気にしないことね、。
死者と必要以上の交流はしないほうが良い、。
きたところへ帰れ、と追い返すのは、
気合い入れてするほうが良いけどね、。

とりつかれないために、。

私の友達、、電車乗ろうとして、
ホームに立ってたら、、急に、耳元で声が聞こえて、
飛び込んじゃいなよ、、って、言われたそうな、。
で、嫌だ!と言い返したら、、その瞬間、
すぐ目の前を、電車がゴーって通ったそうな、。

それ聞いたとき、、悪霊と波長あってどうするよ、。
マイナス思考してるから波長が合って声が聞こえてしまうのよ、。
プラス思考してたら、波長が合わないから、そんなのは聞こえないし、。
聞こえるあなた、自身が、ヤバイって、。と言ったら、、

そんなものなの、、って、。

もう少しで、電車にひきこまれそうだったと言うのに、
のんきな人です、。
死ぬということは、特別なことじゃなくてね、。
霊としての自分の誕生で、、、肉体を捨てる、というだけのことで、

自分というアイデンティティは、死んでも変わらないから
死んだ途端に天国行けるわけじゃないの、。
生きていたときのまま、、だから、。

生きてたとき、人嫌いなら、死んでも人嫌いで、
天国からは遠い、。
イエス様が、隣人を愛し赦すようおしえたのは、
天国では、それが、当たり前のことだから、。

天国に行ける方法は、、自分の心を点検して、
あくどい心を日々反省して、心のあり方を、大事にしないといけない、。
見た目の清さや、信仰してるふりは、、通用しないって、、
教えてくださってたのです、。

信仰はね、、心が大切、、心に何を想うか、が中心、。
神様真ん中に置いて、、自分の我は、、横に置くのよ、。
自分の思考ばかり大事にして、融通がきかない柔軟性ゼロの思考は、
自己中心や自己満足思考がほとんどだからね、。

人の意見をまるで受け入れないというのは、、幼稚な思考でしか無い、。
通常まともな生活環境で育てば、、
そうですか、あなたはそうなのですね、。
私はこう考えていますよ、。と、同意できない意見でも、
受け入れるということが出来るのですね、。

意見が違ってても、自分のほうが正しい、と、喧嘩腰にはならない、。
いろんな思考、色んな意見があってもいい、。って思えないのは、
よほど自分に自信がないから、認めてもらいたいって気持ちのうらがえしなんでしょうねぇ、。

そういう頑固な人見ると、、、
お疲れ様、地獄で修行頑張って下さい、。
自分自身と同じような頑固人間相手に永遠に近い間、
自分が正しいって怒って怒鳴って憎み合うのって、
不毛だなぁ、って私は想うけどね、。

私なら、、神様とイエス様の御命令に従って、
人を大切にしよう、ゆるそう、愛そう、って思って、
まず、身近な家族を愛することから少しずつ努力するけどね、。
親は、いつまでも生きてないからね、。
親は、ありがたいものよ、、

私は子供がいたから、天涯孤独にはならなかったけど、。
子供が居なかったら、、自分の想いを打ち明けれる友や恋人などが、、
誰一人いないというのは、、寒々しい残りの人生になると想う、。

自分の努力次第で、対人関係は変えれる、。
私は、私の母との確執を消せれたのだもの、。

元夫から、ほんとに親子と言われるくらいに、
憎しみをむき出しにして大喧嘩してたからね、。
そんなヤバイ状態のまま、母を逝かせなくてよかったと想う、。

また、私自身の心の平安のためにも、、
今は亡き母と和解できて、ほんとに良かった、。
親子の絆は、かけがえのないものの一つだと、
学びました、。





イメージ 1

神社の雑誌中古で買ったら、、CD未開封でついてて、、
戸隠神社の大祓の祝詞が入ってて、、もうけ♪嬉しい、。

サムハラ神社のこと調べたかったのですけど、。

サムハラ神社は、、珍しい御祭神を祀られているの、。
造化三神(ぞうかさんしん)、、。
天之御中主、高御産巣日神、神産巣日神、。の三柱の神様。

パワーがすごいのよ、。
なにせ、、、みいつの神様、の日本版御本家の神社だから、。

北イスラエルの人たちが、土着の日本人たちと
婚姻関係を結び、同族となって作り上げた神社、。

当時の日本人たちは、温厚で好意的で、、、、
古代イスラエルの人が婚姻しようと思えるくらいに
良き人々だったのでしょうね、。

いつか行きたい、、サムハラ神社、。
大阪だけど元の奥の院は岡山。

変わったお守り、指輪型のお守りが売られているって、。
なんで指輪型??と思ったけど、。

ユダヤだと、印章、、指輪だわ、。
CDの祝詞、、かけたら、、家の中の空気の流れが変わって、、
異空間になった、、笑・

水のせせらぎ、、小鳥のさえずり、、
自然音は、、良いわ、、。心がすごい癒やされる、。

ぼーっと思考するにはもってこい、。
瞑想しちゃいますわ、。

半分都会で、、半分田舎に住みたい、。
東京は、、土がない、自然がないから、。

秋田で遊んだ子供の頃のように、、
川で、水あびしたり、山に登ったり、
自然の中で、のんびりしたいなぁ、。

マグダラのマリア



イメージ 1

関連記事

疑問が解けてないこと、まだまだ沢山、、、。

旧約聖書を見ると、、アルパクシャドの子、はシェラ、。
ルカによる福音書を読むと、、アルパクシャドの子、はカイナム。
なんで?ってなるでしょ?

1アダム、2 セト、3 エノシュ、4 ケナン、 5マハラルエル 、6 イエレド  、7エノク、8 メトシェラ、 9 レメク 、10ノア 、 11セム、12 アルパクシャド、 13 カイナム、14 シェラ、。

↑12代目アルパクシャドの子、はシェラなのに、
居ないはずのカイナム(アダムから4代目のケナンと同じ意味の名前)が13代目としてルカの系図に挿入された、。

ヨセフの例で考えてみて、、と、ヒント貰えて、、
とりあえず、シェラの子エベルで、聖句検索してみたら、、

創世記
10:21 セムにもまた子供が生まれた。彼はエベルのすべての子孫の先祖であり、ヤフェトの兄であった。

はぁ?
そりゃあ、ひいひいお爺ちゃんだから血が繋がってますけど、。
なんでアルパクシャドが出てこないで、
シェラの子のエベルの名前が出てくるの?間抜けすぎでしょ、。

なんで??と、、また、疑問が、、、
こんなややこしい聖句書いてあるから、、ややこしくなる。

ヤコブの子と系図には書かれたけど、
実際にはルベンの長子だったヨセフの故事のように、
シェラがカイナムの子なら、、。

カイナムとアルパクシャドの妻か側女とで、、
シェラが生まれたのなら、、カイナムは、
実父でも、アルパクシャドの妻から生まれた子のシェラは
アルパクシャドの子とされるので系図からカイナムの名前が省かれてもしょうがない、。

でも、真実を書くなら、
カイナムとアルパクシャドの妻から生まれたのがシェラでも、
カイナムはシェラの実父なわけだから系図に書くわけだし、。

カイナムが、系図に書かれたり抜かされたり、は、
シェラの実父が、、アルパクシャドではない、、ということ、
そういう事例があったと神様が、後世、わかるように、、
色々な系図を残すようにされた。。。と思考すれば辻褄合うけど、。

創世記
10:21b 彼はエベルのすべての子孫の先祖であり、ヤフェトの兄であった。

この聖句、、意味わからん、。
なんでここで、ひひまご、、のエベルが出てくるわけ、。
いつまでも、謎が、少しも減らないわ、、。しくしく、。

それと、最初、妻が一人なのは、
ノアから1代目のセム、ハム、やフェトだけで、
あとは早く子を作らないといけないので、
妻は複数人、居たと想います、。

娘や息子をもうけたと、記録にあるし、
沢山産んでるっぽいから、。

一人の妻に、一度に10人生んでとは言えないもの、。
当時は、、育児は手仕事、、食べ物集めも、水汲みも、
衣服を縫うのも、、パンの粉を作ることも、、作物の収穫、
洗濯も、全部、人の手でしないといけない、。

ノアの家族以外、、みんな洪水で滅び去ったわけで、
使用人も誰もいないわけだから、、、

アダムとエバのときと同じで、
家族で親子で助け合いながらになるから、。

栄養事情や、病気などで早くに成人前に
死んでしまうことも在るわけだから、
多くの子を生み育てる必要性があったから、
一人の夫に一人の妻じゃ、体力的に無理でしょう、。

洪水後は、ノアとノアの子である1代目は、、
それぞれの連れ合いだけで、
しょうがないとしても、彼らの子の、2代目以降は、、

1世代目が後から産んだ自分の他の兄弟の娘や息子もいるし、
自分たちが産んだ娘や息子が産んだ子も増えていくから、
イトコ同士、母違いの子同士で、娶れば良いので、
十数年後には、選択肢は増えたと想う、。

マグダラのマリア


全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事