ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

エマオの二人の弟子

記事引用元
エマオにて、、。ルカ書24章・・ ふたりの弟子は誰だったのでしょう。
http://yhoshuah777.blog.fc2.com/blog-entry-220.html


ルカによる福音書より
エマオで現れる
24:13 ちょうどこの日、二人の弟子が、エルサレムから六十スタディオン離れたエマオという村へ向かって歩きながら、
24:14 この一切の出来事について話し合っていた。
24:15 話し合い論じ合っていると、イエス御自身が近づいて来て、一緒に歩き始められた。

24:16 しかし、二人の目は遮られていて、イエスだとは分からなかった。
24:17 イエスは、「歩きながら、やり取りしているその話は何のことですか」と言われた。二人は暗い顔をして立ち止まった。
24:18 その一人のクレオパという人が答えた。「エルサレムに滞在していながら、この数日そこで起こったことを、あなただけはご存じなかったのですか。」
24:19 イエスが、「どんなことですか」と言われると、二人は言った。「ナザレのイエスのことです。この方は、神と民全体の前で、行いにも言葉にも力のある預言者でした。
24:20 それなのに、わたしたちの祭司長たちや議員たちは、死刑にするため引き渡して、十字架につけてしまったのです。
24:21 わたしたちは、あの方こそイスラエルを解放してくださると望みをかけていました。しかも、そのことがあってから、もう今日で三日目になります。
24:22 ところが、仲間の婦人たちがわたしたちを驚かせました。婦人たちは朝早く墓へ行きましたが、
24:23 遺体を見つけずに戻って来ました。そして、天使たちが現れ、『イエスは生きておられる』と告げたと言うのです。
24:24 仲間の者が何人か墓へ行ってみたのですが、婦人たちが言ったとおりで、あの方は見当たりませんでした。」

24:25 そこで、イエスは言われた。「ああ、物分かりが悪く、心が鈍く預言者たちの言ったことすべてを信じられない者たち、
24:26 メシアはこういう苦しみを受けて、栄光に入るはずだったのではないか。」
24:27 そして、モーセとすべての預言者から始めて、聖書全体にわたり、御自分について書かれていることを説明された。

24:28 一行は目指す村に近づいたが、イエスはなおも先へ行こうとされる様子だった。
24:29 二人が、一緒にお泊まりください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いていますから」と言って、無理に引き止めたので、イエスは共に泊まるため家に入られた。

24:30 一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。
24:31 すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。

24:32 二人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか」と語り合った。
24:33 そして、時を移さず出発して、エルサレムに戻ってみると、十一人とその仲間が集まって、
24:34 本当に主は復活して、シモンに現れたと言っていた。
24:35 二人も、道で起こったことや、パンを裂いてくださったときにイエスだと分かった次第を話した。

ーーーー
エマオの二人の弟子、、誰でしょうね、。
一人は、クレオパ、もうひとりは、なぜか、名を伏せられた、。
つまりは12弟子の誰かではないということになる、。

普通は、弟子と書かれていたら、
12弟子のうちの誰かを想定するものだけれど、。

簡単に引用しています、。
引用元様の方へ行かれて、
詳しい解説のほうはお読み下さい、。

引用元様の記事によりますと、。
自分たち二人と一緒に、、と、引き止めているので、
二人は家族であり、泊まった家は、彼らの家であること、、

クレオパとその家族、、
息子のシメオンか、妻のマリア、。



議論していたことから、、
子供は、父親と議論したりはしない、。
自分の子と、当時の家長の権威によるなら、
聴くことはしても、あれこれ自由に
言い合えるような慣習はなかった。

結論としては、
クレオパと、その妻マリアだと、、いうこと、。

このことを踏まえて、、、
なぜ、クレオパとその妻と書かれず、
名前も性別もわからないように弟子、と書かれて、
すべてが伏せられたのか、、を、思考してみると、。

名前と性別が、伏せられたのは、、、
女性をイエス様の弟子として、、
記録したくなかったからではないか
という結論に達した。

マグダラのマリアを排除したことといい、、
イエス様が女性を弟子として、みなしていたことを、
隠しておくために、そのように、
わざと記録したということになる、。

なぜなのだろうか、、

ユダヤ教とキリスト教のというか、
ユダヤのラビたちとユダヤ教徒と
ユダヤ人であるイエス様の女性の扱いとが、、天地ほど違う、。

イエス様が、当時のユダヤ人からは、、
フェミニストに見えても、おかしくないです、。
もとが、ひどすぎたんです、、。


13世紀の高名なユダヤ教神学者が、、
↓このように言ったそうですけど、。

「創造において、女性は重要性を持たなかった。
女性は主役にしがみついて離れないのようなもので、
男性に使われるために男性から取られたのだ。
女性は、男性の特別なパーツの一つとして使われる時に、
使われる者として特別な者となる」

ヒルって、比喩、、なによ、。
使われるため?はぁ、女は男の奴隷か?
パーツって、、女は、男の何かの部品?

なんか、これ、知ったことで、、ちょっと腹が立ちました、。
男尊女卑思考でしょ、、これって、。って、。
男女の、愛情的つながりを感じれる表現が全然ない、。
なんじゃこれ、。と思い切り想った私、。

そりゃあね、。
罪のもと、原罪を作ったのはエバとサタンだけど、。

ミドラッシュ・ジェネシス・ラバー17で、、
「エバが造られると、エバが関わってサタンが造られた」
って、サタンが造られたのは、エバのみのせいになってる、。

たわけ、。
その原罪を犯して霊的に死んだエバを愛して、
エバと一緒に死ぬことを選んだのはアダムなんだよね、。

第一テモテ
2:14 しかも、アダムはだまされませんでしたが、女はだまされて、罪を犯してしまいました。

アダムは騙されなかった、わけだから、
意図的に原罪を犯したわけ、だまされて罪を犯したエバよりは
エバへの愛情故に罪を犯したアダムは、罪だと、サタンの嘘だと
わかってる上で意図的に神様を捨てた。

創世記
お前は女の声に従い/取って食べるなと命じた木から食べた。

アダムは、サタンの言葉に従ったのではなく、
エバの言葉に聞き従い堕落した、。

エバは、自分が先に神様に背き、夫アダムにも知恵の実を与え、
2つの罪を同時に犯した。
エバはサタンに魅了されて、アダムとサタン、二人の夫、
を持った状態になったから、それは2つの心を持つエバ、2人分のエバ、

だから、使命者は、、
二人の妻、複数の女性を、夫としておさめないと、いけなくなった、。
アブラハムは、サラとハガル、、ハガルが
家から追い出されたあとは、サラとケトラ、、。

イサクは、、リベカと、聖書には書かれていないけど
リベカの侍女。
リベカが、本当に双子を産んだのなら、
次男のヤコブをえこひいきするのは不自然、。
彼女はエサウの実母ではないかと想っている、。
いくら自分に仕えていた侍女の子でも、自分の子ヤコブが出来たら、
ヤコブのほうが可愛い、。

ヤコブは、レアとラケル、側女として、ビルハ、ジルパ
モーセは、ツィポラ、クシュの女性、。


アダムは、エバを愛して、、死を超えた、、。
イエス様は、、全人類を愛して、、最愛の人、
マグダラのマリアとの結婚を犠牲にしてでも、、死を超えた。

なのに、、ユダヤ人の男性は、女性を、男性の付属物、
おまけ程度にしか思って無くて、、、ヒルだの、パーツだの、、。
超、、ムカつく表現だこと、。

自分が必要時には特別な人だけど、、、
要らなくなったら、、離縁状(ゲット)を与えて、
即離婚とか、ヘーキでしてたのね、。

イエス様が、
「あなたたちの心が頑固なので、モーセは妻を離縁することを許したのであって、初めからそうだったわけではない。
言っておくが、不法な結婚でもないのに妻を離縁して、他の女を妻にする者は、姦通の罪を犯すことになる。」

それは姦淫してるのと同じだと、
仰ったら、 弟子たちは、
「夫婦の間柄がそんなもの(離縁するような不法な結婚)なら、妻を迎えない方がましです」と言った。

でも、実際に、そんなもの、に近いものだったのよね、。
夫は妻に離縁状を渡せば、自由に離縁できる、。って
思ってる人がいたわけだから、。

ユダヤではイスラムと同じく、
離縁する権利は、通常男性からしか許されていない、。
妻側が、それをする場合は、ラビに申し立てて、ラビが認知した場合のみ、
夫にゲットを強制的に書かせることが出来る、。

前に記事にしたけれど、。
イスラム法に基づく離婚の場合、、
夫は離婚の意思タラークを3回示すだけで離婚が成立する。
本来は、3回言うまでの期間がそれぞれ30日間、
合計90日後に、離婚の手続きと定められていた、。

イスラム教の聖典コーラン(Koran)は、離婚の手続きには90日間が必要と記している。最初にタラークを伝えてから30日後に、もう1回、さらに30日後にもう1回通達する。
こうした猶予期間内に、夫婦が結婚生活を見直し話し合って、離婚という結論は避けるよう努力すべきということなのだけど、、

努力しないで、、タラーク タラーク タラークと書かれた手紙を渡して、離婚という状況下に置かれた女性は、、4000人のうち、500人、。
8人に1人は、そういう理不尽な離婚を強いられた経験が在る、。
トリプルタラークと言うらしい。

人道に関して、うるさい、今の時代で、これだものね、。
昔は、どれだけ、好き勝手して、出てけ!!って、、
離婚したかわからんね、。私、、日本人で良かった、。

お、、2017-08-22 に、
インドの最高裁で、トリプルタラーク禁止令が出たらしい、。

えらい、えらい、。ナイスナイス、。

蛇足で、、
現行のユダヤ法では父親がユダヤ人でも
母親が非ユダヤ人の場合、子供は、、
ユダヤ人ではないと定めています。

母親がユダヤ人なら、確実にユダヤ人の血は受け継がれていく
と考えているわけです。
というのは、建前的思考なのか、、、、。

子供の父親が、、だれなのかは母親以外は、、
本当に分からないから、というのが、、
ユダヤ教の本音の考え方のようで、、、、
疑い深いというか、夫婦の信頼関係スタート時点から
破綻してるの前提なわけ??って想うわ、。

ユダヤ教の家庭教育は母親が子供に教える役目をになっているから、
母親が、ユダヤ人でない場合、子供をユダヤ人として教育
できないという認識も関わっているようですけど、。

それで、母系重視、、母親がユダヤ人でないと、
父親がイスラエル人であっても、
ユダヤ人と認められない人が出てくるわけです。

それでなのか、、イスラエルでは、、
亡くなっている男性の冷凍保存されている精子などを利用しての
体外受精の費用が国の保険で全額、賄われるのだとか、、。

対象は18〜45歳の女性で、現在のパートナーとの間に、
2人の子どもを出産するまで、、、
何度でも体外受精を無料で受けることが可能だとか、。

不妊治療中の女性は年間最大80日の有給があたえられるとか、
なんか、女は、なにがなんでも子供産まなきゃ役立たずと
いうような、、風潮が感じられて、いやだなぁ、。

古い時代なら、なおさら、まだ、子供出来ないの、、と、
舅や姑、親族から言われて、
嫁は、、嫌な重たい気分になったのでしょうね、。


イスラムも、ユダヤと同様、、
女性からの離婚は、夫の長期の不在や扶養放棄、
暴力など特定の理由が裁判所で証明されなければ認められない。

日本にも離縁状あって、三行半と言われていたけど、
「其方事、我ら勝手につき、このたび離縁いたし候、しかる上は、向後何方へ縁付候とも、差しかまえこれ無く候、よって件のごとし」
こういうような内容の文で、、、

ようは、他の人を見つけて再婚しても良いよ、。
自分は口は出さないよ。早く良い人を見つけて家から出てってね、。
という再婚許可証、でもあったから、、まだ人道的、。

イスラムのように、ユダヤのように、
すぐに追い出したのではなく、次の人が見つかるまでは、
追い出すことは猶予してた、。

ユダヤのラビは、服装が乱れてるとかで、目についた
女性に唾をかけたりしたらしい、。

慎みの無い女性に唾を吐くのは、
優れた善行だと考えられていたそうな。

彼らのそう考えた根拠聖句はこれだろうけど、。
シラ 
26:22 売春婦は、唾をかけられて当然であり、/人妻との浮気は死への落とし穴である。

イエス様は、姦淫の女性に唾を吐いたりしなかった、。

ラビたちや、ファリサイ人たちは、つばを吐いて、
罵りながら引っ立てるようにして、
イエス様のもとに引きずるようにしてつれて来たのだろうな、。

イエス様は、(彼らは自分に罪があるから石を投げれなかった。
わたしもあなたを罪に定めない。(石を投げない)行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。

ならない、なので、禁止の命令形ですね、。
罪を犯して、、その罪を赦されたなら、、
同じことはしないように、、
精一杯の努力はしないとです、。

イエス様は、虐げられて、人権もない状態の女性を、
男性と同じ、人として扱い、、弟子としてみとめ、
使えるものでも仕えるものでもなく、
愛するもの、として、愛して下さった、。

ユダヤのラビたち始め、
愛情抜きで、、聖書の字面だけを読んで
思考を重ねてきた、その感覚で出てきた答えは、
ちょっと、、かなりおかしい、。

女性は使うものではないし、ヒルやパーツでもない、。
男性と同じ人間です!

赤い血も流れているし、、心も在る、。
感情も在る、。どんな扱いされても、
慎み深く黙ってろなんて、、、、誰が従うか、
ばーろ!!って、、、私の中で、私が絶叫しておりますです、。

めっちゃ怒ってます、。
おとーさん、、ユダヤ人、、嫌いじゃないけど、、
こう言う差別思考する人は、私は大嫌いです!!

赤の他人にいきなり道歩いてて、
かつらが、髪が、スカートが、、ズボンが、見苦しい、と
文句言われて、唾吐きかけられても、我慢しないといけないの?

「なすべき家事をするのを拒否する女性がいたら、棒で打ちたたいてでもやらせるべきだ」(イシュット21:10)。

いきなり暴力?、話し合いはしないの?
なんで家事したくないのかくらい聞けば、
棒でうち叩かれたら、もっと、心は離れてくのではなくて、。
行いに愛がないと、虚しいね、。

ユダヤ教の超正統派では、、、男女が厳しく区別されている。
男性はほぼ一生をトーラーの研究に費やし、学問にこもり、
女性はトーラーの研究のような難しいことには
向いていないとされ、外に働きに出されます。って書いてあって、。

はぁ?ようは、男の人は女性のひも、、?
女性に外で働かせて、男は主夫するわけ??

女性の平均出産人数は6人から9人、。
仕事して、、子供の教育もして、家事もさせるわけ?
言ってること御大層な割にしてること真逆じゃん、。

ユダヤ教にもいろいろ宗派があるようで、、過激というか、、
聖書に違反してないか、タブーが、てんこ盛りなんだとか、。

イエス様を信じたラビたちは、この世的に有名でも、
ユダヤ世界では無名で、、誰も名前さえ知らないのだとか、
インターネット使わない、。外界とかかわらない、干渉しないと
いう風潮の宗派のほうが多いからだとか、。

ラビに、イエス様を信じた人が、、居たという事実を
国民に、知られたくないのだそうです、。
なので、非常に閉鎖的、。

知らなければ、、
子供が多いのは当たり前、、
男が働かず、女性が働くのは当たり前、。
叩かれても、離婚を強いられても当たり前、、と思うのか、。


イエス様が属していたと言われる、エッセネ派は、、、
入団資格の審査はあるけれど、
男女の大きな差別はなく、、。

普通は婚姻や性欲を不浄とし、
生涯独身を通す人が多いが、、、血のつながらない
子を引き取って我が子、後継者として養育していたので、
稀ではあるけれども、もし、教団内で望むもの同士がいたら、、
結婚もするし、子を生む、ただし、
それは純粋に子を残すためであり、快楽のためではない、。

自給自足が基本だから、みんなで、何かしら、労働し、
個人の財産はなく、財産もみんなで分け合って、
共同生活のコミニティを作っていた、。

「神殿によらずして神に仕えることができる」と、
自分自身を清めて、神樣への捧げ物としていた、。

エマオの二人の弟子、、クレオパの妻マリアは、
夫と議論も出来てて、仲も良く、子も居たのだから、
閉鎖的思考のユダヤ人ではなさそうで、、良かったです、。

義に偏りすぎると、、悪になるんだよねぇ、。
陰極めれば、陽となり、。、陽極めれば陰となる、、で、、
真ん中思考、、ほどほど、が出来ないと、、困るねぇ、。

やりすぎ、、過激、過度、、キチガイレベルになっちゃうもの、。
私、、こういう、おたんこなーーーーーす、。
にはなりたくなーい、。

本人は、正しいつもり、真剣に、
めいいっぱい頑張ってるつもりだから、
面倒くさい、。

神様に訴え得るだけの清さなんか、、
自分にはもともとないって、、スパッと諦めるか、、。
変な努力なしで、ありのままの自分を、
大事にすれば良いのに、。

不必要な努力してどうするのかなぁ、。
愛情と、思いやりと慈悲と、、信仰と、
食べて生きていけるだけのお金と住むところと、着れるものとが
あれば、他、要るものないでしょ、。

聖書すり減るほど読んでも、暗唱できても、、
自分の伴侶への愛情もなく、
アブラハムがイサクを死ぬほど愛しているけど
捧げた、その愛と苦悩のこもった信仰からも程遠いのは、なんで、、、。

聖書やタルムード死ぬほど読んでも、覚えてても、
女性を虫けら、ヒルにしか見ないのなら、、
神様も、、その人が他の女の人にしたように、、、
虫けらのように扱うわよね、。
目には目、歯には歯、、等価の償いが基本だから、。



風邪引いてるので、、疲れやすいのが難点、。
お掃除、休み休み、やってます、。
熱が出てないだけ、運が良い、。
ゴミが、、、出る出る、、苦笑、。

マグダラのマリア



移転のお知らせ
コメントと記事が投稿できなくなる8月末までは、
こちらと、ここと両方に居ると想いますが、、
9月1日以降は、、お手数ですが、、
↓こちらの方においでください、。

☆マグダラのマリアの部屋☆ 


全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事