ここから本文です

書庫質疑応答の為の書庫

ここは、疑問や、質問を受けたり、答えたりする書庫です。


記事検索
検索
神様を信じるも信じないも、従うも従わないも、
自分次第。

怖いと思うか、、
一緒に居たいと思うか、。
信じなければ、、と思うか、、
信じたいと思うか、。
本物と思うか、、
偽物、嘘、作り物だ、と思うか、。

何を、どう思おうと、自由、。
神様は、信じないと○○する、と強制したりしない、。
強制して、道場や集まりの場などに、こさせようとしたり、
脅したり、恐怖感を与えて、入信させて信じさせようとするのは、人です、。

やり方次第では、信仰と言うものは、
金もうけになるからね、。

父さまは、堺自由に人すべてが救われたら、、、
それでいいと思われているだけなのに、、。

金儲けに発展させて、
信徒からお金を巻き上げようとするカルトがあるのよね、。

宗教を人が良い生き方を出来るように、、教え導くのではなくて、、
金儲けに転化したわけで、。
さぞかし、父さまは、そういう教えが、この地上に蔓延してることに、
がっかりしてることでしょうね、。

だって、そうやって脅して、連れてく先が、、
殆どが偽メシアと、カルト、お金儲け宗教だし、
人の心の癒し、救いは、後回し、、。

信じなければ、奉仕しなければ、献金しなければ、
地獄に行くぞ、良いのか?と脅して、お金や物だけ回収して終わり、。
真実の信仰だというなら、、
献金奉仕うんたら言って、お金を無心することより先に、、
神様への感謝と賛美することを教えるはずです、。

地獄行く、、と脅してどうするの?
罪があるのを教えるのは良いとしても、、
悔い改めたら救いがあることをなぜ言わないで、
献金と奉仕しなきゃ救われないって言うの?

イエス様は、お金集めしてないよ、。
弟子がお金集めしてどーするんだろ、。
エリシャが、ナアマンから何も受け取らないのを見て、
エリシャの従者のゲハジは、欲張って、こっそりと追いかけて、
ナアマンに、銀一キカルと着替えの服二着の贈り物を要求した、。
それで、ゲハジは、重い皮膚病になってしまったでしょ、。

お金に目がくらむと、神様の御心に背くよ、。
お金は、、神様以上のものじゃないでしょ、。
富と神様とに、同時には仕えれないよ、。
お金に仕えたら、、堕落が待ってる、。

お金で買えないものに、、価値があるんだよ、。
親子で、家族で、人同士で、ふれあいを持って、、良い関係を築くこと、
そういう人同士の心のふれあいの中に、、父さまは共に居て下さるの、。

誰かを思いやる時、、誰かを大事にしたい時、。
守ろうとした時、、助けたいと思った時、。心を炒めた時、、
誰かのために、思わず、必死に祈った時、。
無我夢中で人を助けた時、。

人と人同士の、、どんな小さな愛の中にでも、、
神様は、、共に居てくださいます、。
身の周りに心を注ぐこと、、
具体的に、人同士で良い関わりが持てるように考えたり行動すること、。
無理がない範囲で、。

だって、家に引きこもって、ろくに動かず、太陽にも当たらずに居たら、
病気になるのは当たり前だから、。
人は、人と関わることで、生きがいを見出したりする、。

今ある人脈が、自分には良くない。気が乗らない、。というのなら、
新しい出会いを作ろうとすれば良い、。
自分の我儘を通すためではなく、良い関わりを持てるように、、、です、。

人と良い関わりを持つようにすれば、
そこから、新しい出会いや運が開けたりする。
自分が動かなきゃ、、何も変わらないのよ、。

結婚したいのなら、婚活するのは当たり前、。
人との出会いが多い所に行く位の努力はするべき、。
どんなことでも、まずは人脈づくり、よね、。

お金持ちって、、人のことはけなさないで、必ずほめる、。
良いところを見つけて、その人が居ないところでも褒める、。

褒めることで、嫌な気分になる人は居ないから、
その人を好きになる人が増えて、どんどん人脈も増えて、
良い出会いも増えていって、結局は自分が良い運に恵まれていく、。

出会う人をけなさず褒める、。小さなことだけどね、。
地道に実行すると、良くなりますよ、。
人をよくけなす人は、、自分も悪口言われて、嫌いオーラ、人から流されて、
良い運も、どんどん悪くなっちゃう、。

それと同じで、自分をけなすのも、アウト、。
人じゃないから、いいでしょ、ということにはならない、。
自分自身のことでも、年中けなせば、
自分で自分に呪いをかけるが如く運が悪くなりやすい。

人を褒める、人に感謝する、いつも喜ぶ、。
これプラス出来たら守って下さってる神様を賛美する、。
頑張って見て下さいね★

マリア




イメージ 1





一人子を生贄にする親の気持ちは、はかり知れない
人類は救われても子供の魂はどうなるのか
親の神はどうやって耐えたのか
その心音が知りたい
納得のある説明がききたい。
と聞かれました、。
長いので、
記事でお答えすることにしました、。

答え、。

イエス様は言わずと知れた神様の独り子です、。
人が不信したせいで、イエス様は、、
十字架にかからなければなりませんでした、。

昔、鳥の生贄の捧げ方を間違えて、アブラハムが捧げ物を失敗した時、
神様は、、自分の独り子イサクを捧げよ、、とアブラハムに命じました、。
その時、、アブラハムは、苦しみ悩みながらも、
神様のご命令に従いました、。

アブラハムが、独り子を捧げようとするだけの信仰を見せたから、
もし、人が信仰を立てられずに不信した場合、、

神様は、ご自分の独り子である
イエス様を捧げないといけなくなる
要因が、この時、出来てしまいました、。

人がすべて失敗したなら、イエス様が、人の身代わりに、
アブラハムとイサクのときと同じようにして、
人の立場から、信仰を立てないと行けないからです、。

そういうことにならないために、
神様は多くの預言者を送りイスラエルを訓練して、
良い実を結べるだけの準備をして、イエス様を送られたのですが、

でも、イスラエルの人々は、ことごとく不信して、
イエス様に言い逆らい従わず、神の民とは名ばかりの状態でした、。

アブラハムが、独り子を惜しまなかったから、、
父さまも、人の救いのために、
最悪の場合、イエス様を捧げることになっても、、、
人を救いたいと願われていました。

イエス様は、父さまの、
人を救いたいという悲願をなんとしても叶えたいと思いました、。
それは、父さまを深く愛されていたからです、。
もちろん、、人のことも、愛されていました。

共に生きて、、共に泣いて、。
人の苦痛も悲しみも、全て見て触れて来たイエス様です、。
父さまよりも、人を救いたいとの想いは強かったでしょう、。

だからこそ、絶対に、何が起ころうとも、人を救うと、
たとえ自分の命を引き換えにしても、と決意されて、
エルサレムに、ご自分から向かいました、。

イエス様は、神様に命じられて、
十字架への道をメシアの義務として選ばれたわけではないです、。

ルカ
13:33 だが、わたしは今日も明日も、その次の日も自分の道を進まねばならない。預言者がエルサレム以外の所で死ぬことは、ありえないからだ。

預言者はエルサレム以外で死ぬことはありえない、。
これは、生贄を捧げる場所は、、
エルサレム神殿でないといけないという規定があるので、

イエス様が、ご自身を生贄のようにして
命を捨てて捧げる場合、その場所は、、
エルサレムでないと行けなかった、。

イエス様が、もし、
エルサレムに行かなければ、
十字架を拒否したら、、父さまは、イエス様に、
無理強いはなさらなかったでしょう、。

でも、イエス様が、そうされていたら、
人の救いは、まだだったかもしれません、。

イエス様は、その時を逃すと、
後は人を救う機会は、ほぼ無くなることをご存知だったので、
何が何でもサタンへの勝利、人の救いに執着したんです、。

自分の命を使ってでもの、逆転勝利を、、。

サタンは、人の肉体の持つ苦痛を知っていたから、
まさか、イエス様が、サタンに勝つために、
ご自身のすべての命を使って、
神様と、そして人を愛しきって、裁かず赦して、
完全愛を人と自分(サタン)に示すとは思ってもいなかった、。

苦痛に耐えかねて、イエス様は、きっと
神様を呪うに違いない、、とサタンは思ってたから、。

でも、違った、。

ユダの中にいるサタンに向けて、、、
自分は見捨てられている状態でいるのを、
知っているよ、でも、私はそれでも、
父なる神様を愛して慕い求め従う、、。と宣言した言葉が、
エリ、エリ、レマ、、サバクタニ、、の言葉、。

サタンは、神様が人を愛して天使を見捨てたからと思い込んで、
神様に不信し背いたけど、。
イエス様は、見捨てられた状態になっても、神様に不信しなかった、。

同じような、見捨てられた状態に見える中で、、
神様への愛比べが行われていた、、。
サタンはイエス様に、愛の大きさで負けたのです、。

そして、自分を殺そうとした人をも赦した、、、
イエス様の人への完全愛にも、、負けた。

十字架はね、、
イエス様が、サタンとどっちが神様を愛しているか、
神様への愛を示せるか、という霊的な戦いの場でもあった、。

イエス様は、父様さまを信頼し愛し切り、
人を赦し、人をそそのかしたサタンをも含めて、裁かずに赦されたから、。
サタンはイエス様の大きな愛、、
完全愛に対してに負け、、敗北を、、認めたんです、。

自分(サタン)は、神様に背いて、
イエス様は死ぬ事になっても従い尽くして神様をとことん愛していた、。
イエス様のほうが、神様を強く愛していることは、
嫌というほどわかったのですから、。

十字架は、単に人のために命を捨てたのではなく、
イエス様の神様としての愛の大きさをサタンに示すものだった、。

サタンが敗北を認めたので、
人はすべて、イエス様のものに取り戻されました、。
イエス様を信じ従う人には、
イエス様の神様としての永遠の命を分け与えることができるようになった、。

イエス様が、御自ら、霊的に死んだ人と同じに霊と肉体と失い、
そして蘇ったことで、イエス様に繋がる人も、
イエス様から分け与えられた命とともに蘇る事が出来るようになりました。

イエス様は、人に永遠の命を分け与えるために、
自ら、十字架への道を選ばれたの。
神様に命じられてイヤイヤ、そうしたわけでもない。
メシアだから、救わなければならないと、義務で、そうしたわけでもない、。

人に、霊的に死んだままで居て欲しくないから、、
罪の苦しみに潰れたままで居てほしくないから、
人を愛してるから、、、、十字架にかかられたんです、。

それに、、神様がイエス様を、見捨てたわけでもない、。
神様は、イエス様の傍にいたの、。
アダムとエバが罪を犯して、霊的に死んだ時、、
アダムとエバと、、神様とは、別の世界に居るような状態になっていた、。

すぐ目の前に互いに存在していても、
生きている人は、死んだ霊を助けれないし、
死んだ霊も、生きている人を助けれない、。
持っている身体や世界が違うから、関わりあえない、。

それと似た状態で、、人が不信して霊的に死んだ状態だから、
人にとっても神様は霊的に死んでいる状態で、
神様は、イエス様を助けたくても、
人の立場に落ちたイエス様を救うことはできなかった、。

見守っていることしか、、。
どんなに辛くて悔しかったでしょう、。
ものすごくイエス様を助けたいのに、
人に対しては、神様は霊的に死んでいる状態と同じだから、
何も出来なかったのだもの、。

もし、イエス様が、、御子として、父さまに、助けて、と願えば、
父さまは、天使に命じて助けれたの、。
でも、それだと、人は原罪から救われない、。
だから、イエス様は、そうなさらなかった、。

ご自分の命を神様と人の救いのために捧げることを選ばれた、。

イエス様が死んだ状態から、蘇ることが、人の霊の蘇りと、
神様が人にとって生きた御方として元に戻れることと、、
二つの意味があったから、。

人にとって、霊的に死んでいた状態の神様が、、
イエス様の死と蘇りとともに、生きた状態に戻りました。
お互いに死んでいた親子関係が、生きた親子関係に修復されたのです。

イエス様の永遠の命によって、、
人と神様も蘇り、生きた親子同士に戻れました、。

神様は、現実には死んではいないんだけども、。
人の霊が霊的に死んで生きた状態ではなかったから、、
人側からしたら、、神様は霊的には居ない状態と同じだった、。
神様が選ばれた人を介してでないと、人に関われなかった、。

イエス様は、イエス様に繋がる人を生きた者に戻すけれど、。
父さまのことも、生きた御方に戻されたの、。

十字架は、人だけではなく父さまの救いのためでもあった、。
だから、、絶対にサタンに負けるわけには行かなかった、。
たとえ、自分の命や肉体すべて失うことになっても、。

人の死んだ霊の命の回復だけではなかったから、。

イエス様の命は、神様の命、永遠の命だから、消失しない、。
死んだ霊の世界、。
つまり、俗に言う地獄世界に降りて、、三日間耐えて、、蘇られた、。

イエス様は、生きた御方だから、地獄にいくなんてことは通常はない、。
地獄は、、神様から離れた、神様に不信して従わなかった霊が行くところで、
一切の光がない、。

そんな所に、降りていくのは、とても苦痛だったと思います、。
一番の苦痛は、神様から、ただの一時も離れたことがないイエス様が、
神様から、離れること、。
それが、地獄に行くこと以上に苦痛だったと思います、。

私が、、神様から離れてしまってたことに
強い苦痛を感じて深く嘆いたように、。

イエス様は金曜日の夕方から日曜日の朝まで、
黄泉(地獄)の世界似におられて、、それから、蘇られました、。

イエス様のお命は、天地創造の神様の命ですから、
地獄に行っても、穢れることはないです、。

でも、イエス様が黄泉にくだられ、御元から離れたとき、、父さまは、
どれほど悲しかったでしょう、。
でも、、人の救いは完成し、
時間がかかっても、確実に人は救いを得れるようになった、。

マルコ 
15:38 すると、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けた。

父さまは、その証として、神殿の聖所の幕を上から下に引き裂かれました、。
イエス様が黄泉に降って、お傍から離れた、
その悲しみを、幕を裂くことで意思表示すると共に、
今まであった、神様と、人との間の境目が、
イエス様により取り去られたことを示されました、。


地獄からでも蘇って、神様によって救われる、、その救いの道を、
イエス様は造り出してくださったのです、。
愛して無かったら、

人生のすべての幸せも、愛する人との生活も、全部捨てて、
自分の命も自分から捨てたりしません。

神様は、我が子を、十字架にかけ、
それを高みの見物なんてしてません、。
何も出来ないから、歯がゆくて、、どんなにか辛かったか、。
でも、人の救いのために、また、神様が、人の御親として戻るために、、
人が不信したから、、そうするしか道がなかった、。

苦渋の選択、、
最後の、どうしてもの、、最終手段が十字架だった、。
人を救いたいから、、沢山の苦しみ、悲しみに、、
イエス様と父さまは耐えてくださった、。

イエス様は、死ぬことを恐れてたわけではないの、。

打ち刑や、、引きずり回されることが分かっていたから、
弱ってしまって、十字架にかかる前に、
死んでしまったりしないか、、
そんなことにならないように、と、気力を振り絞っておられた、。

鞭打ち刑のときも十字架の道行きも、
神様を賛美しながら、必死で気力で耐えたんです、。
まだ、、死ねない、。
サタンに完全勝利するまでは、、と。

人には見えなかったけれど、、御使いも、父さまも、、
イエス様を、、励ましたくて、傍にいたでしょう、。
神様の世界、人の世界、地獄世界、
この3つの世界の救いを、イエス様は一身に負っておられて、、
絶対に勝利しないと行けなかったのだから、。

ラストチャンスだと、、もうあとがない、。と、
だから、絶対に救いを成し遂げる、、と、。

イエス様は、人だけではなく、
父さまも、地獄に落ちていく人やサタンをも、
すべての存在の救いを成し遂げられたから、、メシアなのです、。

父さまは、、人をサタンから取り戻したイエス様を、
どんなにか誇りに思い、愛していることでしょう、。

人は、、最後は、ことごとく不信し、、
イエス様を裏切って、イエス様は、愛する人との結婚も幸せも、
全部諦めないと行けなかった、。
それでも、、人を不信して、、と恨まないで、、
赦して救って下さった、。

ありがたくて、、涙が溢れるんです、。
イエス様、、ごめんなさい、、と、何度でも思う、。

そして、罪を犯してイエス様を苦しめてしまって、
イエス様の命を奪うことをしてしまって、ごめんなさい、。
お父さん、。辛かったでしょ、、ごめんなさい、と
父さまにも、、何度でも思う、。

父さま、イエス様、、
そこまでして、私達を、沢山愛してくださって、、感謝します、。
ありがたいです、。

十字架は、他人事や、、神話ではないの、。
3つの世界、全世界を救おうと、命をかけて下さった
イエス様の完全愛の徴、。

マグダラのマリア

イメージ 1


信仰を持つような人は弱いという人が居るけども、。
私は、そうは思わない、。

自分でこれぞ、、と思うものを見つけた人は、、
それを心の支えにして、、
富士山に登山する人が使う踏ん張り杖のようにして、人生の山を登る、。
富士山、、登山したことある人なら、、わかるよね、。
登山初心者で、、あの、踏ん張り杖、一本あるかないかで、、全然違う、。

身体を支えてくれるものがあるかないか、、
見た目は弱そうな杖だけどね、。
伝わり綱だけでは、、険しい山は、特に登りにくい、、。

やんごとない所に生まれて、、何不自由も無い暮らしをして、、
安穏とした人生を送って、死んでいく、
ごく一部の恵まれた?(私はそれが恵まれてるとは思えないけど)人以外は、、
険しい人生の道も多々あると思う、。

そういうとき、、信仰持ってない人でも、、
自分の亡くなった父母、肉親や、神様〜と神様に助けを求めたりするでしょ。
溺れそうなら、誰でも、役に立たなそうなワラでもつかむっていうもの、。

信仰は、ワラみたいに、、役に立たないもの、、ではないよ、。
心が凹みそうになったときに、、頑張る気持ちを思い起こさせてくれる、。

救いの体感後は、、とくに、、
逆境になれば、なるほど、神様を求める気持ちは強くなるし、
不安、は感じてないかなぁ、。
一時的に不安に感じても、わりとすぐに忘れてる、。ただの呑気??
逆境ではないときは、、幸せ感が消えないので、感謝しかわかない、。

私は、、神様に自分のお父さんになって欲しいから、信じたのよね、。
だから、、神様にお父さん♪って呼びかけれることが、嬉しいの。

神道では、お父さんとは呼ばないけど、。
御親なる神様、、とお呼びしてるのよね、。
他の教えでは、、神様は裁く御方で、
人道に背くことをしてたら、罰を与えるだけの
おっかない神様とか仏だった、。

赦しを与えてくれるとか、、お父さんになってくれるというのはなくて、、
罪からの救済は、本尊に祈りすがって、極楽へ行く、、
というのは、ある、のもあるけど元は、、
キリスト教が土台の仏教だったりする、。
そういうのを全部、、見てきてたからね、。

他宗を全部みてきて、触れて、原罪の赦しによる罪からの救いに関しては、
イエス様にしか無い、、とわかったし、。
神様がお父さんになってくれるのなら、、更に何の文句もないわけです、。

私は、神様とイエス様を信じてることに、、
自分で、信じて良かった、、と大満足してます、。

この人生で、生きてる間に、、イエス様とイエス様の父なる神様、
天地創造の創り主なる神様に、、出会えて、ほんとに良かった、。
自分を神様のためならポイして捨てても良いと思えるくらいに、
自分自身を賭けれる価値あるものを得れたことが嬉しい、。
とつくづく思います、。

自分を捨てれるなら、、他、、何をなくしても、
神様を見上げていけば、、悲しくても辛くても、私は生きていけるもの、。

一時的には、、神様につぶやくかもしれないけど、。
何もかも失って、嘆いて人を恨んで憎んでたときに、、
神様から離れて、、神様も失ってたことに気づいた時、、
色々失くして、十分、孤独状態でドツボだったのに、、
もっと、ドツボにハマって、、絶望の果てだったのに、、
更に深い深い絶望状態になった、。

私、こんな感じで、、世の中のもの、、全部無くしたあとで、、
神様までも自分が離れて無くしたと気づいたら、、
自力で回復しようもないくらいに、、果てしなく絶望したから、、

また、、すべてのものを失うことになっても、
神様だけ、を、失わなければ、、それで生きていけると思う、。
一旦失ってるから、、失うことへの免疫は、少しは出来てるはずだし、、。

今が、幸福を感じてる分、多分、今あるものを神様以外は、すべて失う、。
そんなことになったら、いっぱい泣くと思うけど、、、
私の中では、、神様は、最善者で、完全な御方だから、
不要なことはなさらないし、起こらなくて良いことは起こらない、。

そう想うから、、私の神様に、、その信頼を置き続ける、。
私が、どんな状態に置かれようとも、。
信仰がなかったら、、心の支えがなかったら、、
そんな状態になれば、生きていけないと思うくらいに落ち込むでしょうね、。

自殺もするかも、、いや、、それはしないか、、
地獄世界を、長い期間さすらわないといけなくなるか、。
自分の残された家族、親族の足をひっぱるような、、
自分が悪霊化してしまう可能性が高くなるのを知っているから、、。

病気かなにかで食べれなくなって餓死することを願うかも、。
もし、、そんなこと私が願ったら、、父さま、悲しむだろうけども、、。
ま、これは、私に信仰心がなかったら、、の
仮の話なので、しないですよん。笑。

私、、暗い顔して、泣いて苦しんで、
父さまを悲しませたくないから、出来る限り、
死ぬまで、、笑顔で生きていきたいのよね、。

私が笑顔でいることが、父さまを笑顔に出来てることになる、と思うと、、
笑顔で生きることも、、頑張れる、。
自分のため、、だと続けれないけど、、
大好きな家族のため、、超大好きな神様のためなら、頑張ろーって思う、。

心に信じるものが何もなかったら、
私ここまで強く生きれる自信がない、。

信仰は、心が弱いから信じるというけど、、
信じることで、信じてない時の何倍も踏ん張れるし、
頑張ろうと言う気力もわく、。
弱っちいと言う人は、言いたいことを言えば良い、。
私は私の選んで、、信じた道を行く、。

私は死んでも、クリスチャンで居続ける、。
惚れたイエス様と父様に、永遠についてくんだモーン。

それは私の自由、。
誰にも、それの邪魔はさせない、。


マリア
罪を赦されたって、、よくクリスチャンは言うけどね、。
イエス様に、ごめんなさいすれば、それで終わりじゃないんだよね、。
ごめんなさいしたあと、、どう生きるか、、で、
反省してるかしてないか、がわかる、。

ほんとに反省してたら、自分が失敗して学んだことから、
それを活かして、良い実を結ぶようになる、、。

大概は、、、そこまでいかずに、
神様やイエス様に、ごめんなさいしたから、
もう、これで済んだ、。と、、喉元過ぎれば、、で、忘れる、。
もしくは深く考えようとはしない、。

神様に背くことなんて、、、本当なら、
昔、、毎日、生贄の動物を捧げて、神様に罪の許しを乞い願ったように
毎日、、一生の間、間違えたことに関して、
悔い続けないと行けないレベルのことなんだけど、、

イエス様が赦しを与えて下さったから、、
人は毎日毎日、贖いの生贄を捧げないでも良くなっているし、
間違いに気づいた時に反省して悔いれば、赦しを与えて頂ける。

わずかでもきちんと悔いていれば、
イエス様は赦しを与えてくださるけれど、
最近は、想像力と言うものが欠如している人が多いのか、、
嘘でしょ?と耳を疑うような、
倫理観、博愛性が、まるでない事件が多くて、、気が滅入る、。

私の子供のころは、、
親が子供を子が親をとか、、無差別殺人とかは、、少なかったし、
生活困窮する人も、少なかった、。
私が大人になればなるほどに、、凶悪な時間を見聞きして、
大きなため息が出る、。

世も末だわ、、、、って、。

昔は良かったな、。
白菜大玉2つで150円とか、、トマトひと山100円とか、
野菜も、今より安くて、、それに美味しかった、。
科学肥料を使えば使うほど、害虫がくっつくんだって、。

栄養価が高い野菜だから、虫も、分かって寄ってくる。
で、その虫を駆除するために、農薬を大量に使う、。
その繰り返しだっていうから、、
肥料を与えているのに、
昔より、野菜がおいしく感じないのはなんでだろう??

品種改良が進んで、害虫に強くて美味しいものも、増えたけどね、。
なんでも、良いものが、育つまでには人の手がかかって、
手間暇かけて生み出されてるんだよね、。
植物でさえ、、そうなんだから、、
人も、、育つまでに時間がかかって、、知らないうちに、
とても、神様の手が掛かっているのだろうね、。

早く育つ人もいれば、、育たない人もいて、、
聖書では、良い実を結ばないものは、 
焼き捨てられる、と書かれてるけど、死んだ後と言えど、
実際に焼き捨てられたりはしない。
でも、怠け者!!と厳しく叱られる、。

心で想うだけで、、罪だと、イエス様は教えられた、。
心で思って、想いがつのっていって、
最後に行動に移したりするからね、。

失敗したら、、失敗したときと、
まるで同じ視点や考え方は捨てないといけない、。
ごめんなさいと謝って、それでおしまい、にしてると、
考え変えれないから、いつまでも同じような失敗して、
似た問題が起きて、同じ場所でぐるぐる回って、先に進めない、。

同じ考えでも、視点を変えたりするだけで、
以前とは違う考え方になるんだけど、。
大概、マイナス思考して、人を羨んで、高望みしたり、
努力無しでの成功を望んで、、失敗するのが多い、、。

人生、近道なんてない、。
一歩一歩、自分の作った道を、自分で歩いて、いくしかない、。
間違えたら、、戻って、失敗したら、戻って、。
何度も遠回りしてでも、、ゴールを目指すしかない、。

ドジるたびに、凹んでくじけてたら、私なんぞ、生きていけないわ、。苦笑、
しょっちゅうドジってるもの、。

子供に、言わなくて良いこと言っちゃったり、、腹立てたり、、
で、、ハッとして、
ヤバ、、。お父さん、。今のなし、。
間違えました、キャンセルします、。ごめんなさい、。と
自分の間違った行動、間違った思考に、キャンセルをかける、。

ほったらかすと、ろくな結果にならないので、。
間違っちゃった、、と気づいた時は、、、
ひたすら、ごめんなさい、状態です。

多少のことは、親子だから自然消滅する場合も多いけどね、。
でも、私は過去に大きな失敗して、
子供と一緒に暮らせなくなった体験があるから、、
心の絆を壊したくないので、、出来る限り修正したいと思うわけ、。

この前、お友達が電話きて、、
夫婦喧嘩して、腹が立って、ブツブツ娘のすぐ横で言ってたら、
高2の娘さんが、私のこと巻き込むな!夫婦喧嘩は、やるなら2階でやれ!と
言われて、カチンときたから、
就学旅行の準備、私はしない、パパとやればいいでしょ。
と言ったら、娘が泣き出して、、
そこでハッとして、
ごめん、。ちゃんとやっとくから、、安心してと
なだめて、寝に行かせたらしいけど、。

それ聞いて、、
また同じことするな、と思ったので、突っ込んだ、、。
あなたね、。暗い話題の電話はかけないようにするからね、。と
いっておいて、今日何日目?

あは、、三日目、、です。

そういうの、、世間でなんて言うんだっけ?

三日坊主、。

だよね、。で、、喧嘩の理由は?

旦那が、、お前は、これだからだめ、って糞味噌にいってきて、、。

そんなの、今に始まったことじゃないでしょ、。
結婚したあとからずっとで、前からじゃん。
なんで今回、聞き流せなかったの?

ん、、、多分お互い、仕事でストレス貯まって、イライラしてたから、。
娘に、夫婦喧嘩と、言われて、夫婦喧嘩か、これ、ってなった、。

あっそう、。で、、
ことわざに、夫婦喧嘩は犬も食わないっていうのに、
私になんで食べさせるのよ、。

あはははは、。ごめん、。つい電話かけてた、。

つい、、じゃないわよ、、ついじゃ、、
いったい、、今、何時だと思ってるのよ、。ボケ、。
楽しい話題ならともかく、、夫婦喧嘩じゃ、、
面白くもなんともない、。

11時です、。ごめん、。
でも、すぐに、何事もなかったように、話もしたし、、
娘の旅行の準備もしたし、、いいでしょ?


というので、、ちょっと、意地悪、突っ込み、。
ふーん。自然消滅したから、もう平気、、って考えてるのね、。
そういう、小さな油断が、、、
知らない家に、大きな溝になったりするんだよねー。
良く言うでしょう?熟年離婚、、。
伴侶が我慢してくれてるからって、
妻や夫の座にあぐらかいてるとさ、、
あとでしっぺ返しくらうんだよね、。
私なら、虫の居所が悪くて怒っちゃってごめんなさい、。と
可愛い女演じておくけどな、。と言ったら、、

そっかぁ、、謝っとく方がいいかぁ、。
大丈夫と思ってると駄目なんだね、。
娘も泣かしたし、、娘にも謝っとく、。
家族仲良く、、だよね、。

うん、。そうそう、、地道に仲良くしようとする努力しておけば、
無駄になることはないから、頑張って〜。
んで、今度こそは、、、良い報告電話を期待してまーす、。
と、、ちゃらけたら、、


神様にもだけど、貴女にも、見捨てられたくないから、
可愛い奥さん、良いお母さんになるよう努力するから、
見捨てないでよー。
だって、。

他にも、高校時代からの友達は居るけど、、、
私に話す程、詳しくは話せないんだって、。
私が、ここおかしい、。とか、かなりきつい言い方しても、、
家族を思いやる努力するようにしたら、、
心が温かくなったり、
ほんわかした空気を感じれるようになったから、
やった方が家族のためにも、自分のためにも、良いって思えるから
言われたことできつくて泣くことがあっても聞くし、
頑張るんだそうで、。

痛いはずです、。あなたの本心なんて、こんなもんよ、。
嫌な女だねーと。ハッキリくっきり、、ズバズバ言うから、
でも、それで、悲鳴あげて逃げてるようじゃ、
マイナス思考と、自分さえ良ければの考えは直せないから、。

やっと、自分の考えの自分勝手さみたいな部分を自己認識してきたので、
私が、ここおかしい、。こうでしょ、。と突っ込みかけると、
あ、、ホントだ、、と今ではわかるようになってきた、。

まえは、どうして、それが、自分勝手な考えになるのか、も、わからなくて、
私は悪くない、。誰々がこうしたから悪い。それでなければ、
悪霊でもついてるの?最近、自分の運が悪い、。と言い出すか、、
それでなければ、私が仕事できないから悪い、から仕事辞めるというか。

何か、自分の外部に原因を作り出すか、
仕事を辞めるための逃げ口上を繰り返してた、。
みんな、基本思考は、こんなもの、。

大概、自分さえ良ければ、楽になれば、と考えて行動する、。
神様に従い、神様のご意思に沿う生き方をし、
神様に仕える道を選んだ人は、、相手の幸せを願うし考える、。
おしつけではなくね、。

幸せになって欲しいと思う気持ちからなら、↑上で書いてるみたいな
痛烈な皮肉をいうことも、場合によっては、是となるわけで、。
見た目だけ、良く見える行いだけしてればいいという
単純なものではないのよね、。
相手が、自分のまcx被害に気づくのに必要だと想うなら、、だから、。

私は基本、家族以外の人になら、とくにキツイ物言いはしない、。
喧嘩腰もしない、。
必要だと思わなきゃしない、。
言わないとわかんないと思えばいう、。

言ってもわからないままで、変わらなければ、、
我慢できるところまでは受け入れるけど、あとはわからない、。
共倒れはしたくないから、。
思考や行動を変えて貰えなければ、未来なんて変わらないんだもの、。

良くしたいなら、地道に家族と関わり仲良くする努力をすれば、
家族がみんなで笑顔になって、いくから、早く家全体の運も良くなるし、
怠けてほったらかしていれば、いつまでも運は悪くなり続ける、。

人生は、自分の努力に見合った結果の実を食べる、。
それだけのこと、。
不幸だ、運が悪いと、すぐに嘆く人の多くは、、
自分から家族を愛する努力をしてない、ことのほうが多い。
私のく校時代の友達みたいに、
借金支払いもおわって、、持ち家で結婚してて、
子供いて、貯金もあって、共働きで、、こんなに恵まれていても、
恵まれていることに気づかないとかね、。

数年前まで、
あれで不幸だ、これで不幸だ、、と言いまくってたけども、。
やっと、パパ(ご主人)に恨み言言わなくなった、とか、
喧嘩しても根に持たなくなったよ、。と言ってきたので、、

そこで褒めたら、自己満足して、やめちゃうので、
継続して出来るように、行動に癖がつくようになるまで、
彼女の場合、褒めるのは厳禁。
なので、そんなの当たり前のことじゃん、いばるなよー、。
と言い返したけども、、。スバルタ式、。

お気の毒だけど、、悠長にしてたら、いまにも、
離婚騒動になりそうな、危険信号ピコピコしてたお家だったからね、。

なにしろ、旦那さんがご機嫌斜めで、、
離婚を視野に入れてる雰囲気がプンプンしてて、
それを、友達は鈍感で気づかないもんだから、、それに気づかせるのも、
大変だった、。

今は、旦那さん企画の家族旅行に不満や嫌味や愚痴も言わないで、
ニコニコしながら楽しんで旅行行くようになったから、
旦那さんも、風当たりが良くなってきて、ママは、時々暗いから、、と
言う程度で済むようになったらしいので、
ホッとしているところ、だったんですが、夫婦喧嘩と聞いてびっくりしたけど
大したことなくて、良かった、。

彼女と、もう一人の友達だけなのよね、。
離婚しないで済んでる人は、、、
離婚しないで済むなら子供のために、離婚はしないほうがいい、。
娘や息子が言ってた、、
良く知らない人が家にいて、居るだけならまだしも父親ヅラされるのは、
すごく苦痛だって、。何がわかる?育ててもいないくせに、。と
思うって、。

で、それ言ってきてから、、
あ、、バーさんには育てて貰ってるから、それは言えねーな。だそうで、。
頑張って、働いて育ててて良かった、。

世の中、、自分が不幸って言う人は、、
こんな感じで、私がきけば、とても恵まれているのに、
家族に感謝しなかったり、自分中心思考で、
身の周りに腹ばかり立ててイライラしてて、怒ってばかりの人が多い気がする、。

親がすっとこどっこい、、とか、、例外もあるけどね、。
そういう場合は、、親以外の人の手が多く差し出されて、、
多くの助けが与えられることが多い、。

こんな感じで、、条件的には、皆、わりと公平、、。

神様にごめんなさいしたら、終わりじゃなくて、
本気で、反省して、ごめんなさいしたのなら、、
その謝罪に見合う、反省した内容に添った、前向きな行動を努力してないなら、
反省したとは言えない、。

失敗しても、阿蘇の失敗を活かして、
以前よりも、良くすることは、努力すれば、できるんだから、。
うちの家族は、、一家離散してバラバラになったけど、、
今は、仲良しです、。
喧嘩もするけどね、。すぐに仲直り、。

ごめんなさい、、したあと、ごめんなさいと言うだけじゃなく、
良くするための努力もしなきゃ、、運なんて、、変わんない、。
不幸だと嘆いてて、運が良くなるなら、、楽でいいけどね、。

ま、人生そんなに甘くない、。幸せな老後を目指すなら、
お金だけあってもね、、不毛だよーーー。
お金無いともっと悲惨だから、あるほうがいいけど、。
家族と不和のままでいれば、幸せな老後は難しい、。

マリア


イメージ 1



にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へPVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)

早く、寝すぎて起きてしまった、。
喉が少し痛いので寝直そうと思ったのに、
目が冴えちゃってて眠くない。

風邪撃退のために、お風呂で身体を温めようかな、と思ったけど、
あれ?喉痛、、治っちゃった、、うれし、。

父さま感謝♪
昨日も、、雨が降る中、手紙出しに行って、雨降ってて
これじゃ買い物いけないかなぁ、。トイレットペーパー後一個だし、
買いに行きたいけど、、かさばるし、濡れるし、困ったな、、と考えてたら、
手紙出し終わったあたりで、、急に雨が小雨になって、、わーい♪

息子と娘の分で丼丸買って、、ユニバでトイレットペーパーを買って、
お家に帰ろ、。と無事に必要なもの買えたし、。
どうしても、、だったから、トイレットペーパーラスト一個で、
予備なしは、辛い。

でも、手紙書き終わって、出しに行こうとしたら、、
雨、わりと降って来ちゃってて、、
困ったなぁ、。雨少しやんだらいいなぁ、と、
上で書いたように、なんとなくは思ってたけど、、。

ほんとに止むとは、、思ってなかったから、、
わーい♪やったー♪助かったと大喜び、。あはっ、。
私は単純なので、、こういうことでも、、
私って、、運がいい♪と、喜んじゃいます、。

さてと、、話題を変えて、。
昨日、ふと思ったことを書こうかな、、と思います、。

メシアと自称する人が、良く霊界通信うんたらとか書いて出してるけど、

たとえば、マグダラのマリアからの霊界通信、、みたいな、もの。
あれって、、死者の声を聞く、、死者にお伺いを立てるってことで、
聖書の規約に違反すること、、つまりは罪だと思うんだけども??

レビ記
19:31 霊媒を訪れたり、口寄せを尋ねたりして、汚れを受けてはならない。わたしはあなたたちの神、主である。
20:27 男であれ、女であれ、口寄せや霊媒は必ず死刑に処せられる。彼らを石で打ち殺せ。彼らの行為は死罪に当たる。

申命記
18:11 呪文を唱える者、口寄せ、霊媒、死者に伺いを立てる者などがいてはならない。

列王記 下
21:6 彼は自分の子に火の中を通らせ、占いやまじないを行い、口寄せや霊媒を用いるなど、主の目に悪とされることを数々行って主の怒りを招いた。

イザヤ
19:3 エジプト人の思いは、胸の中に乱れる。わたしが、その謀を乱すので/彼らは、偶像と死者の霊/口寄せと霊媒に指示を求める

神様か、神様がお遣わしになる神からの霊、
御使い以外の指示を求めたり、聞いてはいけないんだけどね、。
イエス様が、霊を、イエス様ご自身の身体におろして、
口寄せ的な行為をしたと、聖書に書いてある?ないよね??

イエス様は霊やサタンと、意識があるままで、、
対話はしたけど、トランス状態になっての、霊媒的行為はなさってない、。

つまりはイエス様の御霊を宿す再臨主も、そういう霊媒的行為もしないし、、
それ系によっての対話とかの出版物とかも、出さない、ってことよね、。

死者と霊媒行為で対話出来ても、
神様と心で対話できなきゃ、、意味が無いでしょ、。

聖書で霊媒行為以外での、神様からの啓示の受け取り方は、、
唯一、、夢で、だけです、。
あとは、トランス状態にはなってないまま、
自分の意識を失わないままで天使、御使いと会話している、。

神様からの霊であれば、、
人の意識の主導権を奪い取って乗っ取ったりはしない、。
自分の分を知っている、。

聖書中の霊との対話=トランス状態での霊媒的対話、、
ではないことを知りましょう、。
似て非なるものです、。

意識失ってトランス状態にならないと、霊と話せないなら、
メシアではなくアウトゾーンです、。

まぁ、それ以前に、メシアと名載った時点でサタンの配下なんですけどね、。
霊能力がある=神様からの人、、ではない、、。
騙されたり、惑わされないこと、です、。

本物は、、こっそり、そうするし、、。
ほんと、、こっそり、、、、、ですよ。
ぼそっと、、ごくたまに、、です、。
大宣伝して、本を出したりしない、。

不思議に思える業に惑わされないようにしましょう、。


マタイ
24:24 偽メシアや偽預言者が現れて、大きなしるしや不思議な業を行い、できれば、選ばれた人たちをも惑わそうとするからである。

最も不思議な御業を行われる御方は、、
天地創造の大本の神様と、、御子イエス様だけです、。
すでに死者となったものに、、何を聞き、、何を期待しようと言うのだろう、。

低レベルな霊ほど、高級霊の名を語り、まことしやかに話をする、。
本物の、、高レベルな神霊は、めったに人の世界に関わっては来ない。

彼らが人と関われる場所と時間は、天地創造の神様のご意思のもとによる、と、
決まっているから、どこででも、いつででも、誰でもということはない、。

死者の霊の言葉、、自称メシアの不思議な業に、、耳を傾けることなく、、
真に不思議を行われる御方、、永遠に生きている御方、、である
天地創造の神様の御声、御意思に霊の耳と霊の心を傾けましょう。

マグダラのマリア

イメージ 1


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へPVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事