ここから本文です

書庫転載記事用書庫

他ブログ様からの転載記事、及び 転載許可記事です


記事検索
検索

【大東亜戦争】韓国・中国の「日本悪玉論」は大ウソ!日本は植民地解放のヒーローだ!【ザ・ファクト#005】


https://www.youtube.com/watch?v=KIeJfgYeMMY

白人社会に植民地支配されなかった、、
唯一の有色人種の国家が、、日本、。

世界中の、有色人種の尊厳をかけて、負けると100も承知で、
戦いを挑んだ国が日本、。

誠意を尽くしても、駄目だったから、仕方なく戦争に突入した、。
負けると知りながら、。

見た目の結果は、日本の敗戦だったけれど、、
事実上の出来事では、、どうだったか、、。
日本に続け、、と、
植民地支配から、独立をしようと立ち上がった国々が次々と現れ、。
白人の植民地支配世界は、終わった、。

植民地支配されていた国々は、
どうせ自分たちが戦いを挑んでも勝てないと諦めていた、、。
でも、日本人は、、矢面に立って、死を恐れることなく、
闘いぬいた、。

自分たちを一つの国民、民族として尊厳を認めて、
同志、友として扱ったのは、、日本人、。

白人たちは、奴隷なんだから、何をしてもいい、、。
犬猫以下の扱い、、しかしなかった、。

日本人から、人らしい扱いを受けて、、
人種差別に立ち向かう勇気を持てた、。

日本が、何もしないで、
あのまま、おとなしくアメリカの奴隷となったのなら、、
世界中は、未だに植民地支配が続いていただろうし、。
今の日本の戦後に起こった繁栄もなかっただろし、。
信仰の自由も、なかったでしょうよ、。

キリスト教以外の信仰は、
認められなかったでしょうね、。

白人が行ける場所と、
日本人が行ける場所をわけて、、
白人は優遇され、日本人は、蔑まれて、、、

ただの労働力としかみなされず、
教育もすたれ、日本の伝統文化も、、
伝承されなくなってしまっていたかもしれない、。


1945(昭和20)年、大東亜戦争に敗れた日本は、
母国語を失いかねない危機に見舞われた、、。

戦争中、玉砕するまで命がけで、、
戦い抜いた日本人を見たアメリカ人は、、、、

「日本人は間違った情報を伝えられていて、
正しい情報を得ていないに違いない。

新聞などがあのように難しい漢字を使って書いてある。
あれが国民に読めるはずはない。
事実を知らなかったから、
あんな死に物狂いのキチガイじみた戦い方をしたのだ。

だから、日本に民主主義を行き渡らせるには、
字を読めるようにして、
情報をきちんと与え伝えなければいけない。

そのためには、漢字という悪魔の文字を使わせてはいけない。

『日本語は漢字やかなを使わず、ローマ字にせよ』と勧告した。
ローマ字による表記は、識字率を高めるので、
民主主義を増進できるだろう、。
と考えた。

ところが、テストして、調べてみたら、、

テストの平均点は78.3点で、97.9%という、、
恐ろしく高い識字率を日本国民が誇っていることが判明した、。

日本の識字率は、数百年にわたって、、世界一を誇っている。
幕末期においては、武士階層は、、
ほぼ100%読み書きができたという、、。

庶民層であっても、、男子の半数程度は読み書きができた。
同じ頃のイギリスでは庶民の場合、
大きな街であるロンドンでさえも、、、
字が読める子供は、、一割、、10%にも満たなかった。

江戸時代の日本でさえ、、、
庶民の就学率、識字率はともに世界一。
本当に文字の読み書きが出来ない人は1割にも達していない、。

外国と違った、圧倒的な識字率の高さが、、
日本語の母国語としての存続を守れれた、。

連合軍の収容所で捕虜になった日本人に、
日本語の新聞の差し入れをしたら、、
上官レベルの人しか字が読めないと思っていたら、、
下士官も、兵卒も、同じように新聞を読みだしたのを見て、
すごく驚いた、。という記録があったくらいだから、
海外では、字が読めない書けない人は多かったのでしょうね、。

現代では、世界の中で、90%の識字率、。同着含めて、第23位。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%98%E5%AD%97%E7%8E%87%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E5%9B%BD%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

日本人は、、負けてもいい、。無理なこと言われ、
黙ってなにもしないでいて、、奴隷とされるくらいなら、
その前に、、一矢報いたい、、祖国を家族を、守りたい、、。
それで、、玉砕するなら本望だ、と、、、。

死ぬことすら恐れない、誇り高い国民が住まう国が、日本、。

今は、、命がけで守りたいものを、、、 
自分の中に、強く持っている者は、、どのくらい居るのだろう、。

命を、捨ててもいいから守りたいもの、、、私には、ある、。
父さまと、イエス様と、、私の子供たち、。

子供たち、は、、、
神様から預けて頂いている大切な宝物だから、守りたい、。

マリア

追記

ごめんなさい、。
タイも、有色人種の独立国でした、。
フランス領だと思っていました、。

イメージ 1

地図の画像は、↓こちらのサイト様から引用しました、。
植民地にならなかった国 タイ

にほんブログ村哲学・思想ブログ キリスト教へ



あのサイモン・コーウェルが感動した! 二人の少年がいじめについて歌




あのサイモン・コーウェルが感動した! 二人の少年がいじめについて歌う




負けないで、。

いじめなんかに、負けないで、。
きっと、生きるための道はある、。

マリア





クリスマス終わってるけど、、この動画見つけて、、
スーザンの歌声、、聞いて、、背筋が、、ゾクゾク、。
わぁ、、すごーいって感じ、。
まさしく、神様からの賜物、、って感じの歌声、。

英語の賛美も、、素敵ですねぇ☆

天の神様を讃えるのに、、国境、人種、なにも関係無いです、。
神様を敬う気持ち、、賛美する気持ちがあれば、、それでいい、。


マリア

O Come, All Ye Faithful O come, all ye faithful,
Joyful and triumphant,
O come ye, O come ye to Bethlehem;
Come and behold Him,
Born the King of Angels;

Chorus:

O come, let us adore Him,
O come, let us adore Him,
O come, let us adore Him,
Christ, the Lord.

Sing, choirs of angels,
Sing in exultation,
O sing all ye bright host of heaven above;
Glory to God,
All glory in the highest;


O come, let us adore Him,
O come, let us adore Him,
O come, let us adore Him,
Christ, the Lord.


Yea, Lord we greet thee,
Born this happy morning,
Jesus, to thee be all glory given;
Word of the Father,
Now in flesh appearing;


O come, let us adore Him,
O come, let us adore Him,
O come, let us adore Him,
Christ, the Lord.


神のみこは 今宵しも(賛美歌 111番)
1.神の御子(みこ)は今宵(こよい)しも 
ベツレヘムに生まれたもう
いざや友よ、もろともに 
急ぎ行きて拝まずや
急ぎ行きて拝まずや

2.賎の女をば 母として 
生まれましし嬰児(みどりご)は
まことの神、君の君 
急ぎ行きて拝まずや
急ぎ行きて拝まずや

3.神に栄えあれかしと 
御使(みつか)いらの声すなり
地なる人もたたえつつ 
急ぎ行きて拝まずや
急ぎ行きて拝まずや

4.とこしなえの御言葉(みことば)は 
今ぞ人となり給う
待ち望みし主の民よ 
おのが幸(さち)を祝わずや
おのが幸を祝わずや



にほんブログ村哲学・思想ブログ キリスト教へ

【KSM】親日国 パラオは今でも日本を愛している 「帝国軍人が貴様らごとき土人と一緒に戦えるか!」




【KSM】親日国 パラオは今でも日本を愛している 「帝国軍人が貴様らごとき土人と一緒に戦えるか!」

命を救うために、死なせないために、。
あえて、、
「帝国軍人が貴様らごとき土人と一緒に戦えるか!」 と、。
差別的な言葉、、酷い言葉を浴びせた、。

怒らせて、、確実に、島から離れさせるために、。

死ぬのは、、自分たちだけでいいと、、覚悟した上での言葉、。
侍魂ですね、。

守るものののためには、命であろうとかける、。
同郷の徒、家族ではなくても友を守るためになら、と命を捨てた、。

イエス様と、、、規模は違うけれど、、
同じ想いでしょう?

日本人同士ではなくても、、
友となった人だから、、大切だから、守った、。

命をかけて、信念貫いて、

負けるとわかっていても命も、想いも、、
持てる全ての力を尽くして戦った、。

侵略する者に、負けずに、抗う強さをもって欲しいと、
身を以って教えた、。

それまでは、植民地支配されていた人たちは、
黙って白人支配層の、いいなりになっていた、。
搾取され、踏みにじられても、仕方がない、、と諦めていた、。

帝国軍人、、日本男児である彼らは、、身は奴隷となっていても、、
心まで奴隷となったらいけないということを、、
支配に慣れた植民地の人たちに気づかせた、。

この気付きのおかげで、、多くの植民地国は独立できました、、。
日本が戦争に負けても、植民地にされていた所は、。
日本人の侍精神を受け継ぎ、命をかけて立ち上がり、
独立していったのです。

帝国軍人、、
彼らは、神道を信じ、天皇を現人神として崇めていたけれど、

行いや心意気は、、
イエス様に準ずる程の信仰心、純粋さ、愛情深さをもっていたと、、私は感じる、。

イエス様の父なる神様は、、心をご覧になられる神様、、。

彼らの崇高な
志ゆえに、、歴史的には日本が負けても、
植民地化されていた多くの国は、独立した、。


国、家族、友のために命をかけた彼らを、、
異教徒だから、と仰って、踏みにじるだろうか、。

私は、そうは思わない、。

事実、、まるで、自分たちのために命を捨てて、
罪から救いだして下さったイエス様を愛したクリスチャンのように、
植民地支配から抜けだした国々は、、
日本を愛して
親日国となってくれている、。

人が愛しているのだから、、、
父は、それ以上に、、その尊い功績ゆえに、、
彼らに多くの愛を注いで下さっておいででしょう、。

イスラエルで、、彼らの身近に居たサマリア人、、
血族的な意味では近い関係であったのに、異邦人と蔑まれていた。
でも、イエス様は、、人として接し、信仰ある者は、信仰ありと、、
お認めになられていた、。

クリスチャンではないからといって、
信仰心がないわけではない、。
愛情深い行いが出来ないわけではない、。

命かけれる行為を行うことを惜しまない者に、偽物はいない、。

父さま、、、私の命でもなんでも、、
必要ならば、お使いください、。

もともと、あなたから、与えられたものです、。
あなたが、そう望まれるなら、いつなりとお返しします、。
あなたは、、最善者、、必要だからこそ与え、、
必要だから取り払われる、。すべて、、御心のままに、。



マグダラのマリア


にほんブログ村哲学・思想ブログ キリスト教へ


【傷ついた捨て犬を保護】なんと子猫を守っていた(画像有)



自分も捨てられて、生きるのが精一杯の筈なのに、。
もっと小さく、弱いから、、と、
子猫の命を生かそうとしたワンちゃん、。(๑❛ᴗ❛๑)♡

まじ、、実の子供でも、平気で虐待する、、
原罪に影響されやすい人間とは、、違う、、、。
動物には、原罪がない、、からなんでしょう、、、。

万物の霊長であるはずの人間が、、
行いが、ワンちゃん以下になっている人がいるという、、
この世の現実、、悲しいですねぇ、(TдT)

マグタラのマリア


イメージ 1


にほんブログ村哲学・思想ブログ キリスト教へ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事