まぐなむものがたり 略して『まぐもの』

ビンボーですので古いバイクばっかり乗ってます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全662ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Z650の続きとか

Z650、昨日の続きです。
イメージ 1
バッテリーケース周辺、希硫酸の影響と思われる腐食。
イメージ 2
こういうのは気づいたときに錆びを落としてタッチアップ。
イメージ 3
付いてたバッテリーはNGだったので間に合わせのバッテリーを繋いでエンジンを始動、、、
とセル回してみますが全然始動せず。。。
装着されてるFCRキャブ、加速ポンプ使って濃い燃料を送り、それをチョーク機構の代用するというようなシロモノなのでそれの使いすぎでカブったか?と点火プラグとかチェックしますが全然何ともないカンジ。
イメージ 4
そうこうしてたらキャブから燃料が漏れだしたのでキャブを開けます。。。
イメージ 5
フロートチャンバーのドレンボルト外して内側を見たら緑の例のヤツと思われる物質。
イメージ 6
そんなに酷くはなkったのでキャブ内部とジェット関係を外して掃除。
イメージ 7
フロートバルブは念のために交換。
イメージ 8
キャブを組み立ててエンジンと合体!
燃料コックをPRIの位置にして放置。
フロートバルブ等の燃料をシールするところが正常であれば漏れは解消するはずです。
このキャブのフロートバルブは先端がゴムでシール性が良いので新品にしたらゴミ噛みでもしてない限りまず漏れてきませんが、先端が金属のタイプのフロートバルブだと新品時のシール性が悪く微妙に滲むのがありますねw
大昔そのようなキャブのことでメーカーさんに問い合わせたら暫く使ったら滲みは治まるから。と回答をもらったことがありますw
なんとも昔は大らかなwww
イメージ 9
漏れが無いことを確認しエンジン始動!
普通に一発始動しますた☆
イメージ 10
リヤ周りは昨日やったので今日はフロント周り、と各部見てましたら、上等なフォークがオモラシしてるではありませぬか。。。
アウターチューブの底の辺りとかオイルでベタベタ。
キャリパーやディスクに付着してなかったのはラッキーでした。
イメージ 11
分解前にフォークのトップブリッジからライトステーまでの距離や各部構成を記録。
イメージ 12
アウターチューブのフェンダー固定部を外したらそこにもオイル溜まりが。
放っておいても直らないのでOHします。
イメージ 15
車輪が外れてるうちにベアリングのチェックなんぞを今の内にシッカリやって
イメージ 13
今日のZ650はココまで。
イメージ 14
夕方Z1Rで野生動物に気を付けながら峠をチョイと流して本日終了♪


この記事に

開く コメント(0)

月曜日イロイロ

良いお天気が続くダス〜♪

イメージ 1
店を開けて一発目は昨日のGPz900R。
イメージ 2
ホイールには衝突した鹿のものと思われる毛が付着。。。
車両を押してると周期的にブレーキの辺りから擦る音がするのでディスクなんか曲がってるのでしょうな。。。
イメージ 3
横から見たところ前輪とアンダーカウルの距離が妙に近い。。。
アンダーカウルにもタイヤとの接触痕。
どこか曲がってるのは間違いないでしょう。。。

イメージ 4
ステムのハンドルストッパーなんか損傷しててラジエターとヒット。
イメージ 5
ヘッドパイプのすぐ後ろ、鉄板が曲がっちゃってます。
最初からこんなもんだったかいな?と思ったのでちょっとお出かけして無事故無転倒フレームを見に行ってきました。
比較した結果ヘッドパイプが内側に入っちゃってますね。。。
あとGPz900Rの部品の見積もりしてましたらメーカー販売終了部品の多いこと。
普通にメーカーから部品を取寄せて普通に修理するってのが難しくなってますね。
社外カスタム部品が多いってのは救いではあります。

社外カスタム部品といえば
イメージ 6
今Z650が車検で入庫してるんですが、ついでにスイングアームを合わせてみてほしいとのこと。
Z750GP用だそうな。
イメージ 7
検査の作業もあるのでサッサとやってしまおうと作業開始。
イメージ 8
ポンとホイールと合わせてみましたところタイヤの幅との相性はOK。
しかしスイングアームピボット部の寸法が違うとかリヤアクスル径違いなどが発覚し作業中断。
シャフト径違い等から最初に伺ってたZ750GP用では無いようです。。。
スイングアーム側のピボット部の幅がフレーム内幅よりも大きいのでメインフレームの加工が要りますので安易な加工は厳禁。
もしコレを組む場合はリヤ回りをゴッソリ改修しないとダメですな。
イメージ 9
夕方KZ1000で峠へGO!
天気は良かったですが、薄着では寒いダスw

この記事に

開く コメント(0)

日曜日イロイロ

昨日に続いて今日も良いお天気ダス!

イメージ 1
店での作業、オイル交換とか色々やってて写真撮ってる間も無かったダスw
イメージ 2
今日もmotog-くんがGPz900Rで遊びに来てたのでタンクの上で日向ぼっこするダスw
カバーの質感は昼寝するのに最高ダスなw
イメージ 3
夕方救助依頼が。

イメージ 4
引き取り途中、綾部市の菖蒲塚古墳横を通過。
イメージ 6
車両発見!
しかし事故するような場所とも思えんが。。。
イメージ 5
オーナーさんに聞いてみましたところ鹿と衝突されたそうで。。。
いきなり数頭出てきて当たったのだとか。。。

田舎道は動物の飛び出しがホントにあるので要注意。
相手は交通ルールってものを知りませんし通用しませんのでこちらが気を付けるしかないです。
普通に走ってても今回のようなことがありますので、田舎道だから安心と飛ばし過ぎてると更に危険度は増します。
何処の道路を走ってても『絶対安全』ってのは無いですので皆様お気を付けください!


この記事に

開く コメント(0)

土曜日イロイロ

今日もちょっと雲が多いダスが良いお天気ダス〜!


イメージ 1
今シーズンは土曜や日曜に雨ってパターンが多かったダスので今日はその欲求不満を解消するかのようにたくさんオートバイに乗っておられたダスな。

イメージ 2
久しぶりにOくんがGSX−R750で。
イメージ 3
motog-くんもGPz900Rで登場♪
イメージ 4
飛び込みでスクーターのパンク修理。
急に空気が抜けたそうで。
車輪を見たらエアーバルブがどっか行ってますた。
イメージ 5
L字型エアーバルブ、在庫してたのでソレに交換。
まっすぐなタイプでは空気が入れにく過ぎますからねw
イメージ 6
車輪外すときマフラーも外すかズラすかしないといかんのですが、このビーノ125ってやつは外しにくい。。。
で、外すってことは止めてズラすって方法で解決w
イメージ 7
作業後、Z1Rをチョイと動かしたり。
その後ギター職人のKさんが修理してくださったアンプを持ってきてくださり閉店までダベリw
イメージ 9
そうそう、昨夜は車両配達の旅に出てたダスが、そのときカッコイイ車を見たダス!
アウディとかいうところの車でR8とか書いてあったと記憶してるダス。
イメージ 8

しかし車ならワシのミツル・ハナガタ2000も負けてないダス!

※ミツル・ハナガタ2000 とは、巨人の星ってマンガで主人公の星飛雄馬のライバル、花形自動車の御曹司、花形満が乗ってたスポーツカーダス。

この記事に

開く コメント(0)

金曜日イロイロ

一気に秋の空気になったようダス!

イメージ 1
えらく涼しいダス。
イメージ 2
開店して早速昨日やりましたZ750GPのマスターシリンダーのチェック。
フルード漏れは無し!
油圧も正常に掛けれます。
イメージ 3
チョーク引いてエンジン始動!
戻し忘れに注意w
イメージ 4
暖機してテスト走行です♪
イメージ 5
しかしこのコースは工事箇所が多い。。。
豪雨災害の痕跡ですから仕方ないか。
イメージ 6
しばらく走ってディスクの熱のチェック。
マスター内のポートはしっかり確認しましたので問題は無いですが一応w
リターンの穴なんか詰まってたら強烈な引き摺りを起こしてブレーキが焼けますので注意です。
イメージ 7
GPの作業はコレで終了です♪
イメージ 8
店に戻ったらUさんが修理改修済みのZのヘッドを引き取りに来ておられた☆
このような部品修理での持ち込み、しっかりパート毎に区分けしていただいてましたので大変助かりました♪
全ての部品が何処のどの部品かが一目見て分かるようにしてあるってのはこういう作業される場合には大事なことです。

本日なんですが、車両配達の旅に出ますので早じまいさせていただきます!

この記事に

開く コメント(0)

全662ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事