ここから本文です
花の舞
生まれてきてくれてありがとう。生きていてくれてありがとう。

書庫自分を愛する365日 西尾和美著

すべて表示

イメージ 1

1月16日 尊敬の心

自分は生きるのに、あたいする人間です。
自分は、自分のままでいいのです。
自分は愛するに、あたいする人間です。
自分は、自分の居所をつくっていいのです。
自分を、うんと好きになります。

尊敬の心がいかに人間関係に大切かということを学びましょう。

 愛情とともに、尊敬の念を持って人と接しましょう。たとえその人が、部下であろうと、生徒であろうと、子どもであろうと、常に尊敬の心でつきあいましょう。威張ったり、他人を見下したり、バカにしたり、あざわらったりするのは、真に自分を尊敬していないからです。自分を尊敬していないと、他人を自分より下に見て、自分の重要さを増そうとします。本当に偉い人なら、威張ったり、偉そうにする必要はありません。

 よくできた人間は、往々にして非常に謙虚で、他人に尊敬の念をもって接します。尊敬できない相手を尊敬しろというのではありません。尊敬の念をもつというのは、たとえどんな人と接していても、尊敬の言葉と態度を失わないという自分の行動のことです。

ランキングに参加しています。

文字をクリックしていただけたら嬉しいです。


書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 1月16日,火曜日 生徒は教師より上ではありませんが,すべて完全に教え諭された者は自分の教師のようになるのです。(ルカ 6:40) イエスは,エホバとみ言葉と人々を愛していたので,教える際に心を動かすことができました。(ルカ 24:32。ヨハ 7:46)親もそのような愛があれば,子どもの心を動かすことができます。(申 6:5‐8。ルカ 6:4 ...すべて表示すべて表示

  • 1月15日,月曜日 キリストでさえ自分を喜ばせることはされませんでした。(ロマ 15:3) イエスは,自分の便宜を図ることよりも,他の人を助け神のご意志を行なうことを優先しました。わたしたちには自分の好みの服があるかもしれません。しかし,それが良いたよりを聞く人の心を閉ざす可能性があるなら,着たいとは思いません。(ロマ 15:2)クリスチャン ...すべて表示すべて表示

  • 1月14日,日曜日 わたしたちのする格闘は,……天の場所にある邪悪な霊の勢力に対するものだからです。(エフェ 6:12) わたしたちは,世の教え,哲学,有害な習慣など,「強固に守り固めたもの」の影響を受けないようにする必要があります。有害な習慣には,不道徳,喫煙,アルコールや薬物の乱用が含まれます。また,わたしたちは肉の弱さや失意と常に闘わな ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事