ここから本文です
花の舞
生まれてきてくれてありがとう。生きていてくれてありがとう。

書庫過去の投稿日別表示

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

日々の聖句

イメージ 1

6​月​1​日,金曜​日

わたし​は​その​者​を​焼燔​の​捧げ物​と​し​て​ささげ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(裁 11:31)

エフタ​は​ほか​に​子ども​は​い​ない​の​で,自分​の​名​と​イスラエル​で​の​相続​物​を​受け継ぐ​子孫​を​持て​なく​なり​ます。(裁 11:34)それでも,裁き人 11​章​35​節​に​ある​とおり,「わたし​は,エホバ​に​対し​て​自分​の​口​を​開い​て​しまっ​た。引き下がる​こと​は​でき​ない」と​述べ​た​の​です。エフタ​は,大きな​犠牲​を​払っ​て​信仰​を​示し,神​の​是認​と​祝福​を​受け​まし​た。あなた​だっ​たら​同じ​選択​を​し​まし​た​か。わたしたち​は​エホバ​に​献身​し​た​時,神​の​ご意志​を​何​で​も​行なう​と​誓い​まし​た。その​約束​を​果たす​ため​に​自己​犠牲​が​求め​られる​こと​を​理解​し​て​い​まし​た。と​は​いえ,自分​が​好き​で​は​ない​こと​を​求め​られる​場合,進ん​で​行なう​精神​が​試さ​れ​ます。自分​に​とっ​て​楽​で​は​ない​こと​で​も,自己​犠牲​の​精神​を​示し​て​行なう​なら,信仰​を​実証​でき​ます。犠牲​に​は​痛み​が​伴う​か​も​しれ​ませ​ん​が,エホバ​は​必ず,犠牲​を​はるか​に​上回る​祝福​を​与え​て​ください​ます。(マラ 3:10)塔研16.04 1:11,14,15

ランキングに参加しています。

文字をクリックしていただけたら嬉しいです。


日々の聖句

イメージ 1

5​月​31​日,木曜​日

[エホシャファト​は]エホバ​の​目​に​正しい​こと​を​行なっ[た]。(代​二 20:32)

父​アサ​と​同様,エホシャファト​は​神​を​求める​よう​民​を​励まし​まし​た。「エホバ​の​律法​の​書」を​用い​た​教育​活動​を​組織​し​た​の​です。(代​二 17:7‐10)人々​を「エホバ​に​連れ戻す​ため」,北​の​イスラエル​王国​の​領土​で​ある​エフライム​の​山地​に​まで​赴き​まし​た。(代​二 19:4)わたしたち​も,エホバ​が​推し進め​て​おら​れる​大々的​な​教育​活動​に​加われ​ます。あなた​は​毎月,この​活動​に​携わっ​て​い​ます​か。他​の​人​に​聖書​を​教え,神​に​仕える​よう​励まし​たい​と​思っ​て​い​ます​か。その​こと​に​つい​て​祈っ​て​い​ます​か。努力​を​続ける​なら,神​の​祝福​に​より,聖書​研究​を​司会​できる​か​も​しれ​ませ​ん。自由​な​時間​を​幾らか​犠牲​に​し​て​も,研究​を​司会​し​たい​と​思っ​て​い​ます​か。エホシャファト​は,真​の​崇拝​に​戻る​よう​人々​を​助ける​ため,エフライム​の​領土​に​まで​赴き​まし​た。わたしたち​も​不​活発​な​人​たち​を​助ける​ため​に​努力​し​ます。塔研17.03 3:10,11

ランキングに参加しています。

文字をクリックしていただけたら嬉しいです。


日々の聖句

イメージ 1

5​月​30​日,水曜​日

りっぱ​に​主宰​の​任​を​果たす​年長​者​たち[を]二​倍​の​誉れ​に​値する​もの​と​みなし​なさい。(テモ​一 5:17)

他​の​人​に​ふさわしい​敬意​を​示す​なら,自己​中心​的​に​なる​こと​を​避ける​こと​が​でき​ます。称賛​さ​れ​て​も​自分​を​過大​評価​する​こと​は​ない​でしょ​う。また,エホバ​の​組織​と​一致​し​て​歩む​こと​も​でき​ます。エホバ​の​組織​は,クリスチャン​で​ある​か​どう​か​に​かかわら​ず,人間​に​過度​の​誉れ​や​不当​な​誉れ​を​もたらす​こと​を​し​ない​から​です。さらに,自分​が​敬意​を​抱い​て​い​た​人​に​がっかり​さ​せ​られ​て​も,つまずく​こと​は​ない​でしょ​う。最も​大切​な​点​と​し​て,他​の​人​に​ふさわしい​敬意​を​示す​なら,神​に​喜ん​で​いただけ​ます。エホバ​の​望ま​れる​とおり​に​行動​する​こと​に​より,神​へ​の​忠誠​を​示し​続ける​こと​が​でき​ます。そうすれば,サタン​の​嘲弄​が​偽り​で​ある​こと​を​証明​できる​の​です。(箴 27:11)今日,多く​の​人​は,誉れ​を​もたらす​こと​に​関し​て​ゆがん​だ​見方​を​持っ​て​い​ます。わたしたち​は,この​点​に​関する​エホバ​の​見方​を​教え​られ​て​いる​こと​に​深く​感謝​でき​ます。塔研17.03 1:13,20,21

ランキングに参加しています。

文字をクリックしていただけたら嬉しいです。


日々の聖句

イメージ 1

5​月​29​日,火曜​日

[キリスト]は,ある​者​を​使徒……と​し​て​与え​まし​た。(エフェ 4:11)

統治​体​は​初期​クリスチャン​会衆​で​権威​を​与え​られ​て​い​まし​た​が,自分​たち​の​指導​者​が​イエス​で​ある​こと​を​認め​て​い​まし​た。使徒​パウロ​は​こう​述べ​て​い​ます。「愛​に​より,すべて​の​事​に​おい​て,頭​で​ある​キリスト​を​目ざし​て​成長​し​て​ゆき​ましょ​う」。(エフェ 4:15)「弟子​たち[は]神慮​に​よっ​て​クリスチャン​と​呼ば​れ」まし​た。自分​たち​を​著名​な​使徒​の​名前​で​呼ぶ​こと​など​なかっ​た​の​です。(使徒 11:26)確か​に,パウロ​は「伝統​を​しっかり​守[る]」こと,つまり​会衆​を​指導​し​て​い​た​使徒​や​他​の​兄弟​たち​から​伝え​られ​た,聖書​に​基づく​教え​を​守る​こと​の​大切​さ​を​認め​て​い​まし​た。と​は​いえ,こう​も​述べ​て​い​ます。「あなた方​に​次​の​こと​を​知っ​て​欲しい​と​思い​ます。[統治​体​の​成員​を​含む]すべて​の​男​の​頭​は​キリスト​で​あり,……キリスト​の​頭​は​神​です」。(コリ​一 11:2,3)頭​で​ある​エホバ​神​の​もと​で,目​に​見え​ない,栄光​を​受け​た​キリスト​・​イエス​が​会衆​を​導い​て​い​た​の​です。塔研17.02 4:7

ランキングに参加しています。

文字をクリックしていただけたら嬉しいです。


日々の聖句

イメージ 1

5​月​28​日,月曜​日

わたし​は,お前​と​女​と​の​間,また​お前​の​胤​と​女​の​胤​と​の​間​に​敵意​を​置く。彼​は​お前​の​頭​を​砕……く​で​あろ​う。(創 3:15)

イエス​は​神​の​王国​の​王​と​し​て​蛇​の​頭​を​砕き,サタン​の​反逆​の​影響​を​全​宇宙​から​ぬぐい去り​ます。イエス​は​地上​に​い​た​時,神​の​王国​の​重要​性​を​理解​できる​よう​弟子​たち​を​助け​まし​た。バプテスマ​の​すぐ​後,「神​の​王国​の​良い​たより」を​遠く​広く​宣明​し​始め​まし​た。(ルカ 4:43)天​に​戻る​前​に​は,「地​の​最も​遠い​所​に​まで」ご自分​の​証人​と​なる​よう​弟子​たち​に​命じ​まし​た。(使徒 1:6‐8)弟子​たち​が​王国​を​宣べ伝える​こと​に​よっ​て,世界​中​の​人々​は​贖い​に​つい​て​学び,神​の​王国​の​臣民​と​なる​機会​を​得る​こと​が​できる​の​です。今日​わたしたち​は,世界​中​で​宣べ伝える​務め​を​果たす​キリスト​の​兄弟​たち​に​協力​する​こと​に​より,王国​を​支持​する​こと​が​でき​ます。(マタ 24:14; 25:40)塔研17.02 2:7,8

ランキングに参加しています。

文字をクリックしていただけたら嬉しいです。


全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事