花猫の徒然大阪B級ワンコイングルメ

昔、中国在住。今は大阪にて税込み予算MAX525円をモットーに食べ歩き!

正宗(本格)中国料理店

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

今回は、大阪きっての繁華街・心斎橋の激安本格中華店をご紹介。
中国茶房8さん。豊富なメニュー(興味ある方は下記H.Pのメニュー見てみてね!)がお手軽価格で楽しめる上に、24時間営業(!)と言う気合の入ったお店です。
若者に人気のH&Mが入っている、おしゃれなビルの5階なのですが・・・
エレベーターの扉が開くと、そこにはいきなりこんなんがお出迎え(笑)
イメージ 1


さて今回食べたのは・・・
ここは前菜は210円。お皿はいわゆるパン皿くらいの大きさです。
揚げナスのにんにくソース、モツのラー油和え、鶏爪。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



こちらは鴨の内臓シリーズで、こっちは315円均一。
イメージ 5

鴨の心臓のクミン風味。見てのとおり、スパイスがメッチャ効いてる〜(笑)

串は100円均一です。
定番の羊串焼き。
イメージ 6


これはレアだねえ。なんと、鶏の頭だ。
イメージ 7

イメージ 8


スープと烙餅(中国風のナン)
値段忘れちゃった・・・どっちも300円くらい。
イメージ 9

イメージ 10


ここの売りのひとつ。水餃子は全30種。3個で105円。
イメージ 11


さて、お味はしっかり本国風の中華。周囲も中国人のお客さんがタックさんいらっしゃっていました。
こういう本国風中華料理店は値段が高かったり、知る人ぞ知るというわかりにくい場所にあったりすすのですが・・
こんな繁華街の真ん中で激安。しかも24時間営業とは嬉しい限りです!
いろんな使い方が出来そうですね。ぜひまた利用してみたいお店です。

中国茶房8
http://www.osaka8.jp/

開く コメント(11)

開く トラックバック(2)

広東料理の宴 その2

すっかり間が空いてしまいましたが、前回からの続きです。
http://blogs.yahoo.co.jp/maidomaido4649cn/52497346.html

冬瓜とピーナツ、干しエビの炒め物。
イメージ 1

これ、すっごく美味しい。全員大絶賛の一品でした。
ご馳走=肉だと思っている花猫(←おっさん臭い・・??)も、これにはまいった。

こちらはもやしときくらげのオイスターソース炒め。
イメージ 2

もやしの根は全てキレイにとってあります。素晴らしい仕事ぶりですね!

粉果(蒸し餃子)
イメージ 3

イメージ 4

浮粉で作った蒸し餃子。飲茶のエビ餃子に使われている皮ですね。
もちろん、皮から手作りですよ。よくある冷凍の業務用じゃないよ〜(笑)


水晶餃子
イメージ 5

さきほどの粉果と同じ皮でつくった焼き餃子。
さっぱり味の餃子です。

こちらの水餃子の皮は小麦粉です。
イメージ 6

具も、水晶餃子とは違う。よりこってりした味付け。


葱油餅
イメージ 7

その場のリクエストでささっ作っていただいた一品。

チャーハン
イメージ 8

これ、すごく美味しい!
その辺のラーメン屋さんのとは全然違います。すこしも脂っこくないんです。
どうやって作るんだろ〜〜??

いやあ、これだけのものを全て一人で手作りされるのだから、もうホントに脱帽物です。
どれもこれもあっさり、さっぱりしていて、まさしく広東料理の真髄といった感じでした。
いちど食べれば、中華はクドイのイメージを払拭されること間違い無しです。
ぜひぜひ再訪したいと思います。

営業時間が変わるようですので、ご案内しておきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/gzlohas

なお、お店の連絡先は以下の通り。(もちろん日本語可!)
なにぶんにもお一人でされてらっしゃるため、この日も我々5人の予約ですでに貸切でした。
なので、念のため電話で営業状況を確認されることをオススメします。
大阪府茨木市太田3-1-48
080−4017−6682

また、今回の様子はご一緒していただいたぴんじん様のブログでさらに詳しく書かれております。
(何故かトラバできない・・・)
http://blog.goo.ne.jp/pinkchina/e/9cc18bc04c082d622b902a1b53c62546
http://blog.goo.ne.jp/pinkchina/e/974178b73ce4ca970ffcb349016e7ed8

開く コメント(4)

広東家庭料理の宴

今回は、広東家庭料理のお店です。
さて、皆さん「広東料理」と聞いて、どんなイメージをもたれますか?
海鮮?アワビやフカヒレ、ツバメの巣?
そう、いわゆる高級中華を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
中国現地でも、広東料理といえば高級料理の代名詞で、中国人のお偉いさんを接待するのも広東料理がお約束です。
だけど、ああいう、レストランで出されるのはいわばハレの日の料理であって、広東人が毎日普通に食べているわけではない。当たり前か(笑)。
なお、広東と言えば、華僑の故郷として知られた地域です。
日本に限らず、老華僑と呼ばれる戦前〜前後くらいにかけて海外に出た華僑の多くは広東系(か福建系)と言われています。
しかしながら、新華僑と呼ばれる、ここ10年くらいの中国からの来日者の中ではかなりの少数派。
したがって、意外にないのが、本場の広東料理なんです。
今回はそんな、ありそうで無い広東の家庭料理をいただいてきました!

今回お邪魔したのは、大阪の茨木市にある「溢彩流香」という、オーナー兼料理人である広東人女性が一人で切り盛りされているお店。
5人の予約ですでに貸切という、小さなお店です。
イメージ 1

イメージ 2


なお、普段のメニューは餃子とチャーハンくらい。
今回のようなお料理をいただく場合は予約が必要ですので、お店に直接お問い合わせくださいね。
(ちなみに料理の写真は順不同です)

泡菜。これは前菜ね。キュウリ、パプリカ、セロリ。
イメージ 3


蒸肉餅:豚挽き肉と漬物の蒸し物。
イメージ 4

これ、好物なんです(笑)。事前に料理のリクエスト可だったので、すかさずお願いしちゃた一品(笑)



魚頭豆腐湯:鯛のあらと豆腐のスープ。
イメージ 5

広東料理って、スープが非常に重視されるんです。オーナーさんのお話だと、現地での食事はスープから始まるとか。

なお、この2点については、オーナーさんがご自身のブログでも作り方を紹介されていますので、下のトラックバック先をご覧ください。


牛筋苦瓜(料理名違うかも):牛筋と苦瓜の煮込み
イメージ 6

イメージ 7

とろとろお肉と苦瓜のほろ苦さがたまりませ〜ん。


紅焼肉:いわゆる豚肉の角煮。
イメージ 8

ビールが進みます。

残りは後半に続く。

お店情報はこちらです。

開く コメント(8)

開く トラックバック(1)

前回より続くベトナム中華編です。

次は塩卵と小エビの炒め物
イメージ 1


塩卵は、中国でよく食べられる、塩漬けの卵。
そのままお粥の付け合せにしたり、黄身の部分は炒め物に使ったりします。これね↓
http://blogs.yahoo.co.jp/maidomaido4649cn/23312544.html
しかしこれは・・・炒め物?揚げ物にしか見えないんですけど(笑)塩卵ちょびっとだけ衣に混ぜてあります。
なお、通常のメニューには「塩卵とエビの炒め物 1800円」「塩卵と小エビの炒め物 1200円」の2種が載っています。
が・・・壁にある本日のオススメメニューには「塩卵とエビの炒め物 1500円」・・・
本日はお値打ち価格という意味なのか?エビの大きさが違うのか、はたまたそもそも別の料理なのか・・・わからん。
案の状、注文時に以下のやり取りがあったことを付け加えておきます。
「この小エビ炒めください」
「今日のオススメのヤツね?」
「いえ、こっちの普通の小エビでいいです」
「今日のオススメはあっち(壁メニューを指しつつ)だよ」
「・・いえ、小エビでいいです・・・」

ミルクの天麩羅。
イメージ 2

イメージ 3


ココナッツミルクとミルクを寒天で固めてあげているらしい。
メニューには「塩コショウをつけて食べればおつまみ、砂糖をつければデザート」と注釈がある。
デザートにはまだ早いので、塩コショウで食べる旨を伝えると「え、よくそんな食べ方知ってるね。どこで覚えたの?」
・・メニューに、メッチャ書いてありますがな〜(爆笑)
結論からいうと、塩コショウでいただくのはイマイチ微妙。
砂糖をつけて食べれば、素朴なアジアのお菓子といった趣でなかなか良かったです。

このお店の名物メニュー、コーヒーチャーハン。
イメージ 4


確かに、かすかにコーヒーの香りがしますが気になるほどではないです。見た目以上に普通の味(笑)。チャーハンとしての完成度は高いと思うのですが、ちとお高いね。同じ頼むなら、普通に五目チャーハンのほうがコスパが良いと思われます。

さてさて全体的な感想ですが、思ったほど珍しいものがなかったといった感じです。
最近は100%中国本場の料理を出すようなお店が普通にあるので、そのあたりと比べるとエスニック度は低いと思います。
味は美味しかったです。ただし、ちょっとお値段が高いかな(笑)。
しかしながら、下町の代表の天神橋筋商店街も、ご多分にもれず大資本のチェーン店に侵食されつつあるこのご時勢。
こういう気さくでマイペースなお店は残ってほしいですね。
近くにいけば、またちょっと寄ってみたいお店ではあります。

開く コメント(6)

今回は番外編。ワンコインではないお店です。

大阪の天神筋橋商店街に店を構えて、かれこれ20年という老舗「光華」。
ベトナム華僑の王さんによる、ベトナム料理と広東料理とう一風変わったお店です。
http://r.gnavi.co.jp/c916200/
前から気になっていたこのお店に、ブログ仲間のぴろ中村様、あきら様といってまいりました。

さて、このベトナム華僑の王さん、ハイテンションで、あれこれとメニューの説明をしてくださるのですが、ものすごい訛った日本語(ベトナム訛り?広東訛り?)で、何を言っているのかさっぱり聞き取れない(笑)
それでも何とかオーダーを終え、ビールで乾杯。
で、まず出てきたのが生春巻き。
イメージ 1


・・・っていうか、注文してないんですけど!?(爆笑)
しかし、同席者の話では「オーダーのときに、じゃ、とりあえず生春巻きを作るからね!」と、言って伝票に書き込んでいたそうです(←よく聞き取れたなあ)
じつはこのお店のことをネットで調べたとき、ちらほらあった意見が「はっきり断らないと、店側が勝手にオススメ料理をオーダーしてしまう」とうもの。なるほど・・・・
生春巻きは、普通においしゅうございました。
が、メニューのこの記載がまた不思議。
イメージ 2


計算できませ〜ん(笑)
本来はどうやって注文するのか。そして私達の前に出されたのは、はたして何人前なのか、何本なのか?
謎は深まるばかり。

そしてベトナム風酢の物。
注文時に 
店「全部で3人?」
花猫「いえ、一皿でいいです」
店「少ない、小さい、無理(←何が?)」
花猫「一人分じゃだめなんですか?」
店「2人?3人?」
花猫「少しでいいんです。一人前」
店「わかったよ、一皿ね」という、イマイチ噛み合っていないやりとりアリ。
でてきたのは、これ。
イメージ 3


ベトナムソーセージと豚バラ、鶏肉の冷製の盛り合わせ。結局何人分なのか良くわからない。
そして、これってベトナム風酢の物であってる?本当にオーダーどうりの料理が来ているのか・・・??
怒涛の晩餐はまだ続きます!

開く コメント(18)

開く トラックバック(1)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事