ここから本文です
フランス語で楽しむ「メグレ警視」
メグレ警視の原作本を味読する立場からフランス語の謎解きを試みます

書庫全体表示

(---) Ginette parut, moitié marchant, moitié courant, vêtue de soie noire,
avec un chapeau noir, une violette, laissant dans l’air un sillage froufroutant
et parfumé.  On la hissa à bord comme dans un numéro de prestidigitation,
et ce n’est qu’une fois assise qu’elle vit le commissaire sur le quai et qu’elle
lui adressa un petit bonjour de la tête.  
(©Georges Simenon : Mon ami Maigret; Chap.6)

(---) ジネットは小走りに現れた。黒い絹の服を着て、黒い帽子をかぶっていた。彼女が通った後にスミレの香りが衣擦れの航跡のように残った。まるでマジックショーの場面のように彼女は引っ張られて乗船した。一旦座ったあとで彼女は岸壁に警視がいるのを見て、軽く頭をふって会釈した。
(#57『メグレ式捜査法』第6章; 原題は「わが友メグレ」)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

Ginette parut < paraître(ジネット・パリュ)ジネットが現れた(単純過去形)

moitié marchant, moitié courant(モヮチエマルシャン・モヮチエクーラン)半分歩いて、半分走って=小走りに

vêtue de soie noire < vétir(ヴェチュドゥ・ソヮノワール)黒い絹の服を着て
イメージ 1

Crédit photo : L’écran sur youtube de
“Maigret e il falso amico”, Fight club (version
italienne)

violette(ヴィオレット)n.f. 菫の花、スミレの香水

sillage(シラージュ)n.m. 航跡、伴流
froufroutant < froufrouter(フルーフルータン)adj. さらさらと音をたてた、着飾った、衣擦れの

On la hissa à bord < hisser(オンラ・イッサアボー)彼女は引っ張られて乗船した

numéro de prestidigitation(ニュメロ・ドゥ・プレスティディジタシオン)マジックショー prestidigitation n.f. 手品、奇術

ce n’est qu’une fois assise(スネキュヌフォヮ・ザッシーズ)それは一旦座ってからでしかない⇒ 一旦すわってから〜した
elle vit le commissaire(エルヴィ・ルコミセール)彼女は警視を見た(単純過去形)

un petit bonjour de la tête(アンプティ・ボンジュール・ドゥラテト)頭をふってちょっと挨拶


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事