ここから本文です
フランス語で楽しむ「メグレ警視」
メグレ警視の原作本を味読する立場からフランス語の謎解きを試みます

書庫全体表示

 On apportait une blanquette de veau que Mme Maigret n’aurait pas faire
plus crémeuse et l’instant d’après le patron venait annoncer qu’on appelait
Maigret au téléphone. (---)
 Maigret (---) se mit à manger. Il ne prit pas de fromage, pas de fruits, se
contenta d’un café qu’il but brûlant tout en bourrant sa pipe.
(©Georges Simenon : Un échec de Maigret; Chap.2)

 仔牛のブランケットを持ってきたが、メグレ夫人はこれ以上クリーミィには作れないだろうと思われた。その直後に店主がメグレに電話だと言いに来た。(---)
 メグレは食べ始めた。彼はチーズも果物も取らずに、パイプをふかしながら熱いコーヒーを急いで飲むにとどめた。
(#76『メグレの失態』第2章)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

*参考再出:メグレ警視の食卓「仔牛のブランケット」
une blanquette de veau
イメージ 1

Crédit photo : Blanquette de
veau à l’ancienne
Recette offerte par Académie
du Goût
@www.academiedugout.fr


*On apportait une blanquette de veau < apporter(オンナポルテ・チュヌブランケット・ドゥヴォー)仔牛のブランケットを持ってきた(半過去形)
☆on が主語の場合にはフランス語でも「誰が」ということを特定しない気持を表すが、日本語に直すときも、主語を省略するか、受動態「料理が運ばれてきた」などと言い換えるほうがわかりやすい。

n’aurait pas faire plus crémeuse < avoir(ノーレパフェール・プリュクレムーズ)これ以上クリーミィには作れないだろうという(条件法過去形)

l’instant d’après(ランスタン・ダプレ)その直後に

le patron venait annoncer que < venir(ルパトロン・ヴネ・タノンセク)店主が〜と言いに来た(半過去形)

on appelait Maigret au téléphone(オンナプレ・メグレ・オテレフォヌ)メグレに電話だと(直訳では「人がメグレを電話で呼んでいた」)

*se mit à manger < se mettre(スミタマンジェ)食べ始めた(単純過去形)
se mettre à 〜し始める

Il ne prit pas de fromage < prendre(イルヌプリパ・ドゥフロマージュ)チーズを食べなかった(単純過去形)

se contenta de < se contenter de(スコンタンタ・ドゥ)〜するにとどめた(単純過去形)

un café qu’il but brûlant < boire( アンキャフェ・キルビュ・ブリュラン)急いで飲んだコーヒー(単純過去形)

tout en bourrant sa pipe < bourrer(トゥタンブーラン・サピプ)パイプをふかしながら(現在分詞)


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事