ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ー Je me tenais dans l’ombre, rue de Sèvres, à une centaine de mètres de
l’hôpital.  Il y avait un certain temps que j’entendais des bruits à ma droite,
quelqu’un qui, dans l’obscurité, semblait hésiter à avancer.  Puis il y a eu des
pas précipités, et un coup de feu a claqué. 
(©Georges Simenon : Maigret et son mort; Chap.9) 

「私はセーヴル街で、病院から百メートルほどの建物の陰に立っていました。しばらくすると私の右手で物音が聞こえて、誰かが暗がりで前に進むのをためらっているように見えました。それから急いだ足音がすると銃声がしたんです。」
(#55『メグレと殺人者たち』第9章)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

イメージ 1
Téléfilm “Maigret et son mort” de
“Les enquêtes du commissaire Maigret”
© ORTF, 1970 version russe
@Artur Varderesyan

Je me tenais dans l’ombre < se tenir(ジュムトゥネ・ダンロンブル)私は陰に立っていた(半過去形)

à une centaine de mètres de l’hôpital(アユヌサンテーヌ・ドゥメートル・ドゥロピタル)病院から百メートルほどの

Il y avait un certain temps que < avoir(イリヤヴェ・タンセルタンタン・ク)しばらくすると〜が(半過去形)

j’entendais des bruits à ma droite < entendre(ジャンタンデ・デブリュイ・アマドロヮト)右手に物音がするのを聞いた(半過去形)

dans l’obscurité(ダンロブスキュリテ)暗がりで 

quelqu’un qui semblait hésiter à avancer < sembler(ケルカン・キサンブレ・エジテ・アアヴァンセ)前進するのをためらっているような誰か(半過去形)

Puis il y a eu des pas précipités < avoir(ピュィ・ジリヤユ・デパプレシピテ)それから急いだ足音がした(複合過去形)

un coup de feu a claqué < claquer(アンクードフー・アクラケ)銃声が鳴った(複合過去形)


開くトラックバック(0)

  Ils se séparaient un quart d’heure plus tard, un peu alourdis par un dîner trop
copieux et trop bien arrosé.
Pourvu qu’il se taise, grogna Colombani.
ー Il se taira.
(©Georges Simenon : Maigret et son mort; Chap.9) 

 彼らは15分後に別れた。盛り沢山過ぎる夕食と旨い酒を飲み過ぎて、少し身体が重い感じだった。
「彼が黙っていてくれればいいが。」とコロンバーニがつぶやいた。
「黙ってるだろうよ。」
(#55『メグレと殺人者たち』第9章)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

イメージ 1
Crédit photo : Vue de la maison
“Mère de famille” de nuit, 
rue du faubourg Montmartre.
Paris 9e @tripadvisor.jp

Ils se séparaient < se séparer(イルスセパレ)彼らは別れた、別々になった(半過去形)

un quart d’heure plus tard(アンキャールドゥール・プリュタール)15分後に

*un peu alourdis(アンプーアルーディ) 少し身体が重い感じだった
alourdi < alourdir < lourd  adj. 重くなった、重苦しい、鈍重な

par un dîner trop copieux(パーアン・ディネ・トロコピユー) 盛り沢山過ぎる夕食のせいで

trop bien arrosé(トロビァン・ナロゼ)旨い酒を飲み過ぎて

*Pourvu qu’il se taise < se taire(プルヴュ・キルステーズ)彼が黙ってくれたらいいんだが(接続法・現在形)
*pourvu que +subj. < pourvoir(単独で使われる場合)〜だったらいいのに(頻用句)
pourvoir  v.t. 与える、持たせる、備え付ける

grogna Colombani.< grogner(グロニャ・コロンバーニ)呟いた(単純過去形)

Il se taira.< se taire(イルステーラ)彼は黙っているだろう(単純未来形)



開くトラックバック(0)

ー Mangez, mes amis.  Que dites-vous de ce châteauneuf ?... Ils n’en ont
plus que cinquante bouteilles, et je me les suis fait mettre de côté.  Il en reste
quarante-neuf. J’en demande une autre ?
ー Merci.  On aura du boulot toute la nuit. 
(©Georges Simenon : Maigret et son mort; Chap.9) 

「お食べなさいよ。このシャトーヌフはどうです?…もう50本しか残ってないんで、脇に取っておくように言ったんです。あと49本です。もう一本頼みましょうか?」
「いや、今日は夜通しの仕事があるんで。」
(#55『メグレと殺人者たち』第9章)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

*ワインについてはほとんどが食事と一緒に飲まれるので「こだわりの酒」としての掲載は少ない。南仏のワイン「シャトーヌフ・デュ・パプ」
(Châteauneuf du pape) は直訳で「法王の新しい城」だが、産地の地名は、中世にローマ法王庁が一時期アヴィニョン(Avignon) に移されていたことに由来する。作者のシムノンが愛好したらしく、箱買いするほどだったようだ。ここでは劇場支配人のマルシャンに言わせている。南仏には鳥料理が多いので組み合わせると絶妙かも知れない。

イメージ 1

Crédit photo :Famille Perrin Châteauneuf-
du-Pape


Mangez, mes amis < manger(マンジェ・メザミ) あなた方、お食べなさい(命令形)

Que dites-vous de ce châteauneuf ? < dire(クディトヴ・ドゥスシャトーヌフ)このシャトーヌフはいかがですか?

*参考再出:メグレ警視の食卓「ホロホロ鳥のヒナ肉のオリーヴ油焼き」
地下の物置に行って年季の入ったシャトーヌフ・デュ・パプの最後の一瓶を取ってきた。(『メグレと匿名の密告者』第1章)


Ils n’en ont plus que cinquante bouteilles < avoir(イルナンノンプリュ・クサンカントブティユ)彼らは50本しか持っていない

je me les suis fait mettre de côté < se faire(ジュムレシュイフェメトルドゥコテ)私は彼らにとっておくように言った(複合過去形)

Il en reste quarante-neuf < rester(イランレスト・キャラントヌフ)それはあと49本残っている  il reste 〜 非人称(残っている)

J’en demande une autre ? < demander(ジャンドゥマンド・ユノートル)もう一本頼みましょうか?

On aura du boulot toute la nuit.< avoir(オノーラ・デュブロ・トゥトラニュイ)夜通しの仕事があるだろう(単純未来形) 



開くトラックバック(0)

ー Si je me souviens bien, il a passé deux fois en correctionnelle pour
chèques sans provision ou quelque chose dans ce goût-là.  Pour le
moment, il paraît à flot.
(©Georges Simenon : Maigret et son mort; Chap.9) 

「よく思い出してみると、彼は不渡り小切手か何かで軽罪裁判所に2回起訴されていたね。今のところは大丈夫のようだが。」
(#55『メグレと殺人者たち』第9章)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

イメージ 1
Crédit photo : Vaste escroquerie aux chéquiers
volés @Europe1 faits divers, octobre 2011 


Si je me souviens bien < se souvenir(シジュムスヴィアン・ビァン)もし私がよく思い出してみたら

*il a passé deux fois en correctionnelle < avoir passer(イラパッセ・ドゥフォヮ・ザンコレクショネル)彼は2度軽罪裁判所に起訴された(複合過去形)
passer en correctionnelle 軽罪裁判所に送られる(日本の簡易裁判所に近い)

*pour chèques sans provision(プーシェク・サンプロヴィジォン)残高の足りない口座から振り出した小切手(不渡りの小切手) 
provision  n.f. 貯蓄、貯え、食糧、買い物、資金

quelque chose dans ce goût-là(ケルクショーズ・ダンスグーラ)何かそんな風なこと

Pour le moment(プールモマン)今のところ

*il paraît à flot < paraître(イルパレ・タフロ)大丈夫みたいだ
être à flot (人や企業が)経済的に安定している


開くトラックバック(0)

ー Qu’est-ce que vous dites de perdreaux au chou, vous deux ?  Attendez !
Avant ça, des petites truites au bleu. (---) Quelques hors-d’œuvre, pour nous
faire patienter.  C’est tout. Un soufflé pour finir, si tu y tiens. 
(©Georges Simenon : Maigret et son mort; Chap.9) 

「お二人とも、山鶉と煮込みキャベツはいかがです?  ちょっと待って!その前に小さい鱒のクールブイヨン煮だ。(---) それを待つ間に何か前菜を出してくれ。それだけだ。おススメならお終いはスフレにしよう。」
(#55『メグレと殺人者たち』第9章)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

*劇場支配人は口癖で「軽いものをさっと食べる」と言いながらも、いつも充実した食事をすることになる。

*Qu’est-ce que vous dites de < dire(ケスク・ヴディト・ドゥ)あなたは〜について何を言いますか?⇒ 〜はいかがですか?(料理を勧める場合などに使う)

*perdreaux au chou(ペルドローゾーシュー)山鶉(ペルドロー)をグリルしたものにキャベツの煮込みを添えたフランス伝統のジビエ料理の一つ。必ずしもキャベツで包んでいるわけではない。料理例の画像は多い。
perdreau n.m. ヤマウズラ、私服警官という隠語の意味もある

イメージ 1
Crédit photo : Perdreaux au chou
vert @foodstyling.be

Avant ça(アヴァンサ)その前に

*des petites truites au bleu(デプティト・トリュイト・ゾーブルー)鱒のクールブイヨン煮(魚が青みがかった色になるため)
court-bouillon  クールブイヨンは魚を煮るために水に酢や白ワイン・香辛料を加えたもの 

Quelques hors-d’œuvre(ケルク・ゾードゥヴル)何か前菜を

*pour nous faire patienter(プーヌフェール・パシァンテ)我々を我慢させるために⇒その料理を待つ間に

C’est tout(セトゥ)それで全部だ。それだけだ。

*Un soufflé pour finir(アンスフレ・プーフィニール)おしまいにスフレを
デザートのスフレはメインの料理を注文するときに一緒に頼まないといけない。作るのに時間がかかるためのようだ。

si tu y tiens < tenir(シチュイティアン)もし君がそれに執着するなら⇒おススメなら



開くトラックバック(0)

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事