ここから本文です

書庫全体表示




《2018/04/08 放送  NHK BSプレミアム 西郷どん 第13回》


◆感想らしい感想はありませんでした。

早く文久以降の西郷の活動を見たいです。

当然長州の面々や坂本龍馬や勝海舟も登場させるだろうに、嘉永年間でこんなに時間を使ってどういうつもりなのか?
と気をもんでしまうのです。

西郷がその真価を最も発揮するのは、禁門の変から鳥羽伏見の戦い、そして江戸無血開城までですから。



◆NHK時代劇でよく見る顔

草刈正雄が『真田丸』に続いて『ブシメシ』に出演、と思ったら、
『ブシメシ』に出演していた俳優が今度は『西郷どん』にゾロゾロ出てきた。

平田満=ブシメシ・ブシメシ2→西郷どん
徳井優=ブシメシ・ブシメシ2→西郷どん

そこに今回は、
美村里江(ミムラ)=大岡越前→西郷どん
国広富之=ブシメシ2→西郷どん
が加わった。


前作(ブシメシ、大岡越前)のインパクトが強かったので、私はリセットするのに少々苦しんでいます。

日本のドラマは、俳優の順列組み合わせで成り立っているのだろうけど・・・

未知の名優が突然大河ドラマに出現する、というのはもう不可能なのか?
ふとそんなことを思ってしまいます。



イメージ 1ブシメシ
高野藩賄頭 菊池庄兵衛
徳井優

(ブシメシ2では女役も!)







今回は以上です。






この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事