三陸 大船渡 碁石海岸 <鮮魚シタボ ママの日記>

大震災からもう8年…娘の死からもう8年…受け入れることに時間がかかりそうな母です

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全192ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

東日本大震災から8年

東日本大震災から8年経ちました。

今日は雨が降っていて、心穏やかに過ごしています。
今年は仏事の法要などはないため、いつもの毎日のようにこの日を迎えました。
毎年同じようなことを書いていますが、長かったのか短かったのか未だに答えが出ません。



店舗前は防潮堤工事が進み、海が見えなくなりました。

↓これは今年3月に入ってからの写真です
イメージ 2


↓下の写真は昨年8月に撮った写真です。
少しですが海が見えてました。
イメージ 1



↓さらに6月だと
イメージ 3


↓昨年5月にはまだこんな感じ…
海岸への通行や船の出入りも見えてましたね。
一番上の写真の要塞のような建造物ができるなんてよくわからずにいました。
イメージ 4






↓震災直後の記事です。
携帯電話での更新が精いっぱい…の時でした
皆さんから毎日たくさんのお見舞いや励ましをいただき
更新を続けることができました。
 
↓震災後1年の時の記事です。
震災直後を回想しながら、何日にも分けてゆっくり書き込んだ記事です。
「被災するってこういうこと、被災者ってこういう毎日を過ごしたんだ」と
いうのが皆さんに少しでも伝えられたら…と思い出しながら書いたことを
覚えています。


↓震災直後と一年後の比較写真です。
私が語り部をする時には必ず持ち歩く資料です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

前回の続きです。
海岸線の道を南下します。

被災した各地ではどこも防潮堤工事が盛ん(?)ですが、ここ細浦には「日本初」の防潮堤ができるそうです。

コンクリートの壁で覆うのではなく、普段は海底に沈んでいて「津波が来る!」といった時点で海底から起き上がり波を防ぐ?ようなものらしいです。
ノートパソコンを始める時にふた部分を開くように、盾のようになるとか…(うまく説明できなくて済みません)
イメージ 1


↓工事中の道を進みます
イメージ 2




↓変わり果てた細浦の風景だなぁ
こんな土が盛られるような場所じゃなかった…
イメージ 3



↓遅れているとはいえ、海岸の工事も大詰めと聞きました。
もう少しで広くて新しい道路になるでしょう!
イメージ 4




↓細浦バス停付近
イメージ 5




↓元、浜田やさん付近
イメージ 6




↓元郵便局、宮澤薬店付近
イメージ 7


●駆け足でH30年3月の末崎町を巡りました。
今度はゆっくり、町のあちらこちらをお見せしたいと思います。






↓震災直後の記事です。
携帯電話での更新が精いっぱい…の時でした
皆さんから毎日たくさんのお見舞いや励ましをいただき
更新を続けることができました。
 
↓震災後1年の時の記事です。
震災直後を回想しながら、何日にも分けてゆっくり書き込んだ記事です。
「被災するってこういうこと、被災者ってこういう毎日を過ごしたんだ」と
いうのが皆さんに少しでも伝えられたら…と思い出しながら書いたことを
覚えています。


↓震災直後と一年後の比較写真です。
私が語り部をする時には必ず持ち歩く資料です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

おはようございます。

今回は小細浦出発です。
この辺りは変わらない風景で安心します。
郵便局ができたことくらいかな…
イメージ 1



いつものように、旧JR大船渡線だったBRT専用道と並んで走ります。
イメージ 2


↓写真右の近藤先生宅の石垣まで津波が襲ったなんて、やっぱり信じられないです。震災後はじめてここに来た時には、本当に言葉が出なかったのを覚えています。小梨魚店さんが津波で線路を超えていた風景や、その線路が枕木ごと抜けて折れ曲がっていたこと…
イメージ 3



↓細浦の交差点
この辺りも変わりましたね。
しばらくしてから仮設店舗ができ、その後それぞれ本設で復興され仮設店舗は取り壊されました。
イメージ 4



↓ここは、津波直後は仏具屋さんの花輪が流され重なっていたし…
たくさん家が建ってたのになぁ…
イメージ 5



↓海岸の工事が遅れているとかでまだ直行できず、一方通行のままです。
イメージ 6



↓左側、細浦駅です。
亀屋さんと山川時計店さんはここで営業しています。
イメージ 11



↓そのまま峰岸まで行きますね。
イメージ 7



↓内田地区を通ります〜
元古澤商店付近です
イメージ 8


↓元佐清分店付近です。
イメージ 9


↓海岸に到着です。
左折すると船河原、大船渡方向
右折すると海岸線のいつも通っていた道
イメージ 10






↓震災直後の記事です。
携帯電話での更新が精いっぱい…の時でした
皆さんから毎日たくさんのお見舞いや励ましをいただき
更新を続けることができました。
 
↓震災後1年の時の記事です。
震災直後を回想しながら、何日にも分けてゆっくり書き込んだ記事です。
「被災するってこういうこと、被災者ってこういう毎日を過ごしたんだ」と
いうのが皆さんに少しでも伝えられたら…と思い出しながら書いたことを
覚えています。


↓震災直後と一年後の比較写真です。
私が語り部をする時には必ず持ち歩く資料です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

前回お知らせした、「海側を通らないで梅神へ抜ける道路」を行きます。
まず、わかりやすく門の浜の分かれから…
イメージ 1



↓田畑設備工業さんの看板を目印に左折
イメージ 2



ね!
きれいな道路ができています!
イメージ 3



↓旧大田団地を横断し梅神まで直行できます。
イメージ 4


↓もちろん、海岸側に降りる道もあるし、保育園(小山側)にも行けます。
旧JRの線路には全く関係ない道路なので非常時には助かるとおもいます。
イメージ 5



↓梅神側に到着しました。
左折すると海岸
右折すると高田線梅神停留所、佐竹商店さん付近に向かいます。
イメージ 6

とても立派な道路ができたんだけど…
梅神の消防屯所近くで、道が狭いのが残念かな…
でも将来は「あって良かった」という道路になるのかもしれませんね。
イメージ 7




↓震災直後の記事です。
携帯電話での更新が精いっぱい…の時でした
皆さんから毎日たくさんのお見舞いや励ましをいただき
更新を続けることができました。
 
↓震災後1年の時の記事です。
震災直後を回想しながら、何日にも分けてゆっくり書き込んだ記事です。
「被災するってこういうこと、被災者ってこういう毎日を過ごしたんだ」と
いうのが皆さんに少しでも伝えられたら…と思い出しながら書いたことを
覚えています。


↓震災直後と一年後の比較写真です。
私が語り部をする時には必ず持ち歩く資料です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

おはようございます

前回更新から、はや3カ月
町のあちこちは、着々と姿を変えています。
ですが、せっかく写した写真がもったいないので3月から出発します。

前回は「梅神地区へ向かいます」で終わっていました。
ので、門の浜からです。
梅神へ右折します。
イメージ 1



左側、全然海が見えません。
イメージ 2



ずーっと海が見えません。
右手の大田団地側はかさ上げされています。
トマト栽培農場?ができるそうです。
イメージ 3



海が見えないまま梅伸地区に入ります。
この辺りにも民家がたくさんあったのになぁ…
イメージ 4


どこまでも続く防潮堤
イメージ 8




防潮堤の端っこまできました。
正面に見えるガードレールの先には旧JRの踏切があります。
イメージ 5



先ほどの場所でUターンしました。
末崎小学校方向です。
荒れ果てた小河原の風景…
イメージ 6



旧大田団地への入り口付近ですが、これだけかさ上げされています。
この写真の左手にトマト農場ができます。
イメージ 7


この海側を通らずに「碁石海岸線」と「陸前高田線」を結ぶ道路もできました。
つまり碁石に行く道路から、梅神の佐竹商店近くに抜ける道路です。

説明が難しいので、こちらに来られる方はぜひ通ってみてくださいね。(笑)





↓震災直後の記事です。
携帯電話での更新が精いっぱい…の時でした
皆さんから毎日たくさんのお見舞いや励ましをいただき
更新を続けることができました。
 
↓震災後1年の時の記事です。
震災直後を回想しながら、何日にも分けてゆっくり書き込んだ記事です。
「被災するってこういうこと、被災者ってこういう毎日を過ごしたんだ」と
いうのが皆さんに少しでも伝えられたら…と思い出しながら書いたことを
覚えています。


↓震災直後と一年後の比較写真です。
私が語り部をする時には必ず持ち歩く資料です。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全192ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事