maison de kota

何年か後の自分に向けた備忘録。

全体表示

[ リスト ]

3周目やります。
そしてタイトルで察しがつくとは思いますが「強」よりも難度をさらにあげた感じで。

しばり(逃げられない・防具装備不可・買い物禁止・はずかしい呪い)はむろんすべてあり。

そのうえで武器について『鍛冶で作ったものしか装備できない』って条件をつけます。
つまり初期装備をつけることができず、当面は素手でのこうげきを余儀なくされるってことです。
こうげき力は低いまま、武器の装備を前提とした「とくぎ」を繰り出すこともできないまま、
両手杖やスティックでのMP回復が図れないのでじゅもんを頼るにも限度が出てきます。

で、頼みの綱の鍛冶についても条件がつきます。
武器→防具→アクセサリー→武器→防具…のローテーションで作成する』。
例えば…最初に入手できるレシピには2つの武器の作り方が載ってるんですけども、
どっちかの武器を作ったら、何かしらの防具1つと何かしらのアクセサリー1つを作るまでは
もう片方の武器には手を出せない(それまでの間は素手での戦闘を続けることになる)、と。
ついでに『キャンプについた時点で鍛冶が可能であれば否応なく作成を行う』ことにします。
つまり「素材Aが手に入れば武器Bが作れるから、素材Cは出し惜しみしたい」なんてことはできない。
セーニャに装備させるスティックを作りたくても、ムチを作れる状況が先にできちゃったら
(もっといいムチを既に持ってたりとかしても)ムチを作るしかない、
しかも次に武器を作れる機会が訪れるのは防具とアクセサリーを作ってから。
そのときにスティックを作れる状況にあるか、すぐにスティックを作れるのか…は、時の運。
2つ以上の武器/防具/アクセサリーが同時に鍛冶可能な状態だったときには「どっちを作るか」の
選択は可能、としますが、果たしてそんなシチュエーションが何度発生してくれるものやら。
なお、1アイテムにつき鍛冶は1回のみ(同じアイテムは2つ作れない)とします。

アイテムの入手についても、これまで同様に宝箱やらタンスやらキラキラやら…からの入手は不可。
カジノやウマレースも不可(シナリオに絡むとこは除き)。レシピや「だいじなもの」は可、
また「はなす」でアイテムを得ることも可、クエストやドゥルダの試練での報酬も可。
ただし武器は先述のとおり、防具はしばりで装備不可、どうぐは鍛冶の素材としての用途でのみ利用可。

そしてアイテム入手に欠かせない「ぬすむ」ですが、1戦闘につき1度しか使用不可、
しかも今回は1ターン目限定・デフォルト(最初にカーソルが当たる敵)限定でいくぞ。
「ようせいの綿花は事足りてるぞ」「へびのぬけがらとか要らんぞ」とか言いまくるハメになるぞ。
「お宝ハンター」「スーパールーレット」も発動条件を満たしたら即使う必要あり、
次の戦闘まで引っ張るってのはできません(ゾーン必中で発動条件を満たして即利用、は黙認?)。

って感じで、はてさてどうなる。

イメージ 1

あ、主人公の名前は、タイトルに「邪」をつけたんだったらこっちも…な感じで。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事