占い師籐寿(とうこ)の裏ブログ

暖かくなったり、寒くなったり・・・体調管理には、ご注意下さいね(o^―^o)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全376ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


    いつも素敵なアイコンを作成してくれる猫の毛まるけさんからです。


イメージ


お問い合わせ・連絡先は






イメージ



( `・∀・´)ノヨロシクお願いいたします。



転載元転載元: ぽっぽnekochanのブログ

開く トラックバック(0)

※ 皆様に問いたい問題提起なのでご支援のお礼掲載は後日に掲載させて頂きますのでご了承下さいませ

『耳カットしていても、首輪をしていても処分』

こんなショッキングな言葉を7年前に聞きました
当団体の管轄指導センター

その為に秩父ミューズパークから40匹の
可愛い猫達を保護しました
全匹、捕獲処分でした

苦情は管理事務所
埼玉県の薬務課管轄の薬草園
その中の1匹を保護したい為に
餌付けの了承も得られませんでした

保護する為の餌付けですよ
捕獲器を仕掛けるのに必要な餌付けです
おまけに立ち入りも禁止になりました

何とか餌やりさん達のお力で
全匹を捕獲保護できました

その時に命を掛けて
保護に取り組んで頂いた方もいました

当団体としてセンターに
掛け合った事がありましたが
無駄な抵抗でした

その時に
『耳カットしていても首輪をしていても苦情の猫は処分』

田舎では
飼い猫を外に自由に出す傾向が
多々あります

しかし、処分ゼロを目指す中で
飼い猫も室内飼いにしましょうと
行政も訴えています

当団体も3匹を除いてすべて室内飼いに
65匹を室内に入れました
小競り合いも多々あります

睡眠不足になるくらい鳴きます
それでも人と猫が共存する為に
必要不可欠だと思います

あれから細々と命を救いながら
秩父市大野原から4匹を保護

今回、この大野原で起きた出来事
猫の将来も考えないで
飼ってはいけない総合住宅で
餌を上げて増えました

近隣からの苦情でこの猫達は
処分する事で捕獲予定になっています

この事態に当団体も出来る限りの
協力をする事で1匹の捕獲に成功
毎晩、鳴き続けています

イメージ

フジ君と名付けたこの猫
幾らでも鳴いて気が済むまで
私の心の中で

≪あなたの命が救えたのだから≫

人としての責任を果たせない人の為に
私が変わって救いました
鳴き声になだめるだけで
毛布をかぶります

その他の猫は
みんな集合住宅でもらっていた餌が
もらえなくなってあちこちに動いてしまいました
なかなか捕獲出来ません

そんな中、当団体が引き取る事になり
センターに捕獲中断を申し出た人がいました

センターには素晴らしい方もいるのでしょうが
たまたま周りに職員がいなかったのか
罵声と怒鳴り声の電話口となったそうです

録音していない事がとても残念ですが
センターてそんなところ???

埼玉県の管理課に問いたい!!
いや、環境省にも問いたい!!

こんなに処分をゼロにしようと
全国で頑張ってTNRを実施して
ゼロになった行政区もあります

令和になったこんな時代でも
住民の言葉に耳を貸さないで罵声を浴びせる
それが秩父地方の指導センターなのです

ぜひ、このブログを読んで頂いている方々の中に
埼玉県に携わっている方がいらしたら
知って頂きたい

『耳カットしていても首輪をしていても処分』
するというセンターが存在する事を

さらに指導センターのはずが
怒鳴って罵声を浴びせる等
もしかして一般会社??
国民の税金で成り立っている場所では??

罵声を浴びせた人のお名前も解っています
今、捕獲に向けて住民が
頑張って頂いていますが
なかなか捕獲成功しません

猫の命よりも苦情を重んじるセンター
命の大切さの為にTNRをしながら
処分ゼロを目指している団体様

皆様に問いたい
私の団体はTNRをしていても意味がないのでしょうか
埼玉県の愛護推進員さんにも問いたい

転載元転載元: NPO法人猫の味方ネットワーク

開く トラックバック(0)

世界遺産って・・・

こんばんは〜
ご無沙汰しております。

先日の転載記事にあった奄美大島の「世界遺産」欲しさに猫3000匹殺処分計画!この記事には目を疑いました。
この前までマングースを「外来種の悪者」みたいに言ってたのに 今度はまさかの猫が悪者!
それも猫が外来種ってレッテルが貼られてる!
イメージ

↑環境省のポスター

ちなみにマングースだって毒蛇のハブ対策で人間が持ち込んだんでしょ!猫だってネズミ対策なんかで持ち込んだんじゃないの!
動物が勝手に海を泳いでこないよ!
彼らだって知らない環境に連れて来られて どうにか命をつないで生き延びたら なぜか嫌われ者になって追いまわされる運命!
人間て勝手だよね!

それに「世界遺産」が絡んでるのが ますます気に入らない!これって自然遺産だよね!自然のままの姿を後世に残すためのものだと思うんだけど!人の手を加えた自然?造られた自然ってなに?
ユネスコ様に莫大な金渡して、イコモス様にヨイショして、生き物の命まで犠牲にして そんなのが世界遺産だとしたら世も末だ!

ほんと最近 世界遺産の大安売り状態ですよね。

我が堺市においても古墳群があって世界遺産登録に名乗りをあげてますが〜
でもね〜ここでもやってるんだわ。
古墳の見栄えが良いように木々を伐採したり工事をしたり・・・
ここには多くの生き物が住んでるんよ!
イメージ

イメージ

それにここお墓なんよ!皇族の方々ちゃんとお参りにきてるし!宮内庁管轄なんよ!
イメージ

イメージ

そのままで良いんじゃないかな?
自然遺産なんだもん自然でいいと思うんだけど!

ちなみに竹山市長の政治資金収支報告書の記載漏れ約2億3400万円ですか〜これだけあれば多くの命が救えるんだけどね(*´ω`*)
奄美大島に寄付して欲しいわ!
イメージ


以上
猫好きおじさんの偏った意見を長々と聞いていただきありがとうございました。

転載元転載元: 猫のちメダカ時々コーギー

開く トラックバック(0)

転載希望です

奄美大島で進むノネコ捕獲に、5つの大きな謎

奄美大島で進むノネコ捕獲に、5つの大きな謎

豊かな自然に恵まれ、アマミノクロウサギやヤンバルクイナといった希少種が生息している奄美大島とその周辺の島は、世界自然遺産の候補地となっています。でもそんな美しい奄美大島で今、猫の大量捕獲計画が進んでいるのをご存じですか?
環境省は、野良猫が野生化した「ノネコ」がアマミノクロウサギなどの希少動物を捕食しているという理由で、2018年7月17日から「ノネコ管理計画」に基づいてノネコの捕獲を始めました。予定されている駆除数は1年間に約300頭、10年で3000頭。「希少動物も大切な命だから、守るためにはしかたないかも・・・」と思いそうですが、でもこの計画にはさまざまな疑問の声があがっているのです。
疑問1:クロウサギの個体数は増え続けているのに、なぜ?
アマミノクロウサギの生息個体数調査が行われた2003年から15年間、ノネコの駆除がほぼゼロ。にもかかわらず、アマミノクロウサギは増え続けています。であれば、「希少動物であるクロウサギを守るため」ノネコを捕獲する必要は全くないはずなのです。
疑問2:死因の大部分はノネコと関係ないのに、なぜ捕獲する必要があるの?
環境省の調査によると、2016年に断定できたアマミノクロウサギの死因は100%交通事故。同省が発表した2000年〜2013年の死因調査でも、クロウサギの死因のうち、犬や猫に捕食されたと断定された割合は数%に過ぎません。また奄美大島では2005年からクロウサギを捕食するマングースの駆除を行ってきましたが、その結果、この10年ほどの間にクロウサギの数は急増しているのです(※環境省発表ノネコ管理計画より)。つまりクロウサギ絶滅の原因はノネコではなく、マングースにあったということ。これだけのデータがあるにもかかわらず性急に大量捕獲を進めたがっているのは、「世界自然遺産を口実に、ノネコの駆除をしたがっているのでは?」という疑いも湧いてきます…。
疑問3:なぜ譲渡のハードルが異常に高いの?
捕獲されたノネコは1週間以内に譲渡先が決まらなければ、殺処分されてしまいます。ノネコの命を守るため、徳之島、天売島などの地域でノネコを譲渡していますが、奄美大島では譲渡希望者は「納税証明書、所得証明書、家の見取り図、身分証明書」などの提出が義務付けられています。これは他の島と比べて、異常なまでにハードルが高い条件となっているのです。
疑問4:なぜ捕獲した猫の情報を公開しないの?
これまで捕獲された猫の中には、獣医による不妊手術済みの猫(さくらねこ)もいて、地域猫や飼い猫も山に迷い込んで捕獲されていることが明らかになりました。飼い猫が脱走して野良になり、ノネコになったとすれば、捕獲を機会に元の飼い主が見つけられる可能性もあります。また里親希望者にも、ノネコの情報が必要。なのになぜか、県迷子猫情報サイトでの公開は一切なし。そのことも、譲渡のハードルをさらに高くしている一因です。これでは、どう考えても、もともと殺処分が目的としか思えません。
疑問5:世界自然遺産登録のためには、かえってマイナスになるのでは?
世界自然遺産の登録を行うユネスコは「多様性の尊重」「非排他性」「人の心の中に平和のとりでを築く」を理念としています。これまでに約70000頭の無料不妊手術を行った公益財団法人「どうぶつ基金」は猫とアマミノクロウサギとの共生を図るため徳之島で、地元行政と共にTNR活動を行い、2年程度の間に島に棲むノラ猫、飼い猫、約3000頭のほとんどを一気に不妊手術。「このことはユネスコの理念に沿ったもので、世界遺産登録を後押ししたと確信しています」(どうぶつ基金)。
つまり「世界遺産登録のために猫を大量に殺処分する」ことは無意味なだけでなく、ユネスコの理念とも完全に逆行するのです。沖縄や奄美大島でノネコの大量殺処分が行われれば国際社会の反発を招き、登録申請が却下されかねません。そうすれば、地元自治体やどうぶつ基金などが進めてきた過去の努力が、完全に台無しになります。

この条件では、殺処分ゼロはほぼ不可能!?

これまでに捕獲されたノネコは東京のNPO法人ゴールゼロ、 沖縄のNPO法人ケルビムなどの必死の努力により、現在のところ殺処分ゼロが続いています。でも公益財団法人「どうぶつ基金」は「現在の条件下では殺処分ゼロの継続は極めて困難。一刻も早く改善していただかなければ」と、危機感を募らせています。そこで、どうぶつ基金と上記NPO法人らは2018年9月18日、奄美大島ねこ対策協議会(奄美市役所内)に改善を求める要請書を提出しました。内容は以下のとおりです。
1.譲渡希望者に義務付けられた提出書類が多い事により譲渡の機会を損失しています。鹿児島県動物愛護センターで実施している譲渡事業と同等にしてください。
2.飼い猫や地域猫、さくらねこが森に入りノネコとまちがって捕獲されています。飼い主が速やかに探すことができるように「鹿児島県迷子犬猫情報サイト」への掲載をしてください。
3、ノネコの駆除を行う前に、2003年を最後に15年間行われていない島全体のクロウサギの生息個体数の調査を行い、結果を公開してください。
4.平成25年度に環境省が行ったノネコの譲渡会と同様の情報公開及び譲渡会の開催をしてください。
協議会は、翌週に会合を開いて要請内容を検討し、10月5日までに回答したいとのこと。奄美大島のノネコ問題を、もし捕獲以外の方法で解決することができたら、人と猫が共生できる社会の、貴重な実例となって広がるに違いありません。この現状を、1人でも多くの方に知って欲しいと思います。

ノネコを守るために、私たちができることは?

1)署名
公益財団法人「どうぶつ基金」では、奄美の猫とアマミノクロウサギと、そして奄美の自然のためにも、署名と拡散の協力を求めています。目標は7万5000人で、9月27日現在で5万9000人弱。少しずつ増えてはいますが、まだ足りません。署名はChange.orgのサイト(こちら:https://www.change.org/p/世界遺産を口実に-奄美や沖縄の猫を安易に殺処分しないでください)から簡単にできます。
2)ボランティア
「あまみのさくらねこ病院」では、無料不妊手術活動を行うための捕獲や病院のお手伝い、事務、広報などのボランティアを募集しています。
問い合わせ先:https://goo.gl/92jAqp
3)寄付
公益財団法人「どうぶつ基金」は2018年8月15日、奄美大島に、殺処分ゼロを目指した無料不妊手術病院「あまみのさくらねこ病院」をオープンさせました。でも全国から殺到する無料不妊手術の依頼に資金が追い付いていない状況です。
取材協力/公益財団法人「どうぶつ基金」
取材・文/桑原恵美子

転載元転載元: Yuu 優のブログ

開く トラックバック(0)

【奄美大島】猫3,000頭捕獲・殺処分の中止を求める要望書を送付。どうぶつ基金

環境省はこれまでクロウサギの生息数2,000〜4,800頭としてきましたが、朝日新聞の情報公開請求により2015年時点で推定生息数は15,221〜39,780頭であったことを認めました。

2019年4月11日 09時25分

転載元転載元: ぽっぽのブログ「キジトラとハチワレ猫」の奮闘記

開く トラックバック(0)

全376ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事