ここから本文です
ブログ始めました!

完走しました

艦これ縛りプレイ、ついに達成しました。この記事は達成した内容をまとめます。

1. 雷旗艦で全通常海域をクリア(ゲージ削り及び破壊)
2. 第六駆逐隊は未改造
3. 課金禁止
4. ダメコン発動・轟沈禁止
5. 連合第二旗艦大破時の進撃禁止
6. 鎮守府海域は第六駆逐隊のみでクリア
7. 南西諸島海域、北方海域は第六駆逐隊全員を含めてクリア
8. 冬イベE3雷・響旗艦で丙クリア

こんな感じです。次の縛りはもう考えていて、秋雲縛りです。売れた本の冊数まで課金解禁、2、5解禁でイベント海域甲クリアと第六駆逐隊全員で行けなかった残る4海域のクリアを目指します。

開くトラックバック(0)

備蓄は十分ですか?

生存報告的な何か。

まず、艦これの縛りプレイは、現在6-4まで攻略済です。ここで縛りの内容を改めて書きます。

1. 雷旗艦
2. 六駆改造禁止
3. 全通常海域クリア(削り・ゲージ破壊をすべて1.を守り行う)

本当はもういくつか細かいのがありますが、終わってから明記します。そして…

最終作戦海域:KW環礁沖海域
作戦概要:空母機動部隊迎撃戦(空母棲姫の撃滅)

最後の海域なので、何か縛りを追加しようかなと考えています。どうしましょう…?

ついでに、もうすぐ始まる春イベ、縛りはどうしようか検討中です。

開くトラックバック(0)

坑道-夜警

相性がよいです(特に避難所場の初手納屋廃棄は強いです)。この間、初手で気付けずに負けました。

本当にそうなのでしょうか?

他の坑道戦術と比較してみましょう。(アタックは考慮しません。)

地下貯蔵庫:手札4枚と被ると起動。
倉庫・公共広場:7枚と。
物置:8枚と。
夜警:5枚と。

…あれ、もしかして弱い?

試した結果:地下貯蔵庫には勝てたけど、物置・倉庫坑道ステロには負けました。夜警自体の生産力が何もないこと、次のターンの金量がやや過剰なのに活かせないのが弱いです。物置ステロは4枚で8金出すのは難しいですが、リアクションの機会の多さが魅力的です。

開くトラックバック(0)

和を以て貴しと為す

注意:ドミニオンの記事です。宗教的な何かではありません。

先日、とある海外のプレイヤーと対戦しました。私の連勝に対してチャットで放送禁止用語を叫ぶ方でした。3戦目、「今回は負けだな」と思っていると、向こうが投了して「(放送禁止用語)」と叫んできました。後でログを確認したところ、相手の勝ちでした。4戦目、また私が劣勢に。相手はチャットで放送禁止用語を連発し、明確な勝ちの目を自ら潰しました。

私が唯一ブロックした相手です。

ドミニオンにおいて人徳と冷静さほど大切なものはありません。ドミニオンはあくまでボード「ゲーム」です。生活が懸かる棋士ではないのですから、勝敗はどうでもいいのです。勝つ実力と運が備わっていても、冷静さを失い気付くことができなければ勝てるものも勝てません。彼には勝つために、まずは礼節を弁えてほしい、そう感じました。

私がマナーを語るなどおこがましいかもしれませんが、ここで、投了について私の意見を書いておきます。一言でまとめるなら、私は肯定派です。多人数戦以外であれば、いついかなるときもしてよいと考えています。

時間は有限です。負けている対局を続けてお互いの時間を浪費することと、「参りました」と言い、次の対局を始めること、どちらがより優れた行動でしょう?

「レート60目指すなら投了するな」という意見を耳にしますが、目指すからこそすべきである、と私は主張します。ただし、する前に、相手の詰め手順を完全に読み切り、自分がどこで判断を間違えたか、何を見落としたかを考え、反省しましょう。相手が読みきれていない場合もありますが、私の場合、概ね三手詰め以下であれば投了します。相手の勝ちが明白にも関わらず試合を遅延させるのは見苦しいのでやめましょう。

他にも、相手への礼節を欠きそうな場合は、積極的に投了して気持ちを切り換えることが大切です。

ドミニオンは、ルールを守り、楽しくロックを掛け合いましょう。

開くトラックバック(0)

「ドミニオン最強カードは礼拝堂」という意見をよく聞きます。この間、礼拝堂狂信者をボコボコにしてみせました。サプライは

王国:礼拝堂、地下貯蔵庫、薬師、開発、地下牢、玉座の間、市場、掘出物、宮廷
イベント:相続

だったでしょうか。ランダムでしたのであと1つは覚えていません。読者の皆さんは、どのような初手を取りますか?

私の初手は、開発-ポーションでした。屋敷を地下牢に開発して薬師を回していきました。地下牢-ポーションや地下貯蔵庫-ポーションも有力でしょう。一方で相手は礼拝堂-銀。ダブルスコアで圧殺しました。

礼拝堂は弱いカードではありません。が、この場では掘出物を初手で取れないときついと思います。属州5枚取っても、相手に属州3枚と公領3枚と屋敷4枚とられると負けます。屋敷を残す選択肢を廃棄する礼拝堂スタートは、悪手に近いと思います。

この例は礼拝堂がなぜ強いのかを再考するのに十分です。礼拝堂の強みは4枚廃棄、つまり研究所4枚獲得にあります。恐ろしい効果ですが、研究所5枚獲得と同等の効果があれば負けます。今回は宮廷薬師が当てはまります。薬師の悩みどころである開幕事故が、地下牢で起きにくくなっているのも、相続で屋敷買い放題というのもずるいですが。

礼拝堂は場の支配力が強く、多くの場合は買わないと負けるカードです。ですが、本当に買うべきかはよく考えたいですね。

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事