かんがみ〜命の灯火〜天界、霊界通信

真の霊能者の見分け方。占いと霊視の違い、霊能者・占い・スピリチュアルの裏側。誠は天の道なり。之を誠にするは人の道なり!

全体表示

[ リスト ]

先日韓国の最高裁で出された、いわゆる徴用工の判決、
安倍政権は、韓国政府に対して毅然とした対応をしている様です。
これまでの政権とは一味違います。

韓国との請求権の問題は1965年に、
最終的かつ不可逆的に解決しています。
その事は韓国政府も認めています。
所が韓国の司法は、それを否定したのです。

国際条約は国内法よりも優先する事は、世界の共通認識です。
それは司法判断も含めてです。ところが韓国は違う様です。
国際条約よりも、国内の法律(司法)が優先する事が確定的になりました。

通常の国の司法であれば、
国際条約がある場合は、それを鑑みた判決を出したり棄却したりして、
国際条約を優先させます。
所が韓国はそうではなく、
国際条約を反故にして有効な司法判断を出すのです。
韓国政府も「三権分立」だとして司法判断を肯定しています。
法治国家においてはあり得ない事です。

そもそもこの裁判の裁判官の多くと裁判長は、
文在寅韓国大統領が任命しています。

この度の件で韓国政府は、
「司法の判断には介入しない。」
と公言しています。
つまり「何も言わない。」ひいては「追認する。」と、
法治国家にはあり得ない対応をしています。

安倍政権はこの件について、即座に反応しました。
1 判決後直ぐに遺憾の意を表明
2 河野外務大臣が在日韓国大使に遺憾の意を直接表明
3 河野大臣は、
  「日韓基本条約を無視するのなら、問題にならない訳が無い。」
  と発言
4 安倍首相が国際裁判も視野に入れていると発言
5 河野大臣が世界各国に現状の報告をする様に指示
6 日韓首脳会談の見送り
7 韓国大統領訪日先送り
をしています。

さらに驚くべき事が明らかになりました。
この度の韓国の最高裁の原告四人は、
徴用工では無く、応募して就職して事が
調査の結果判明し、日本の国会で答弁されました。

つまり、韓国の最高裁の原告らに対する
「徴用工」
であるという前提すら崩れたのです。

韓国の司法は、
徴用工では無い応募してきた労働者を原告の徴用工だとして
国際条約を無視して判決を出し、
それを韓国政府は事実上追認し、
国内法を国際法よりも優先させているのです。

ある韓国人記者の言い分では、
「韓国は過去に約束した事でも、都合が悪くなったら破っても良い。」
と公言しています。
これが韓国人の感覚なのでしょう。
だから、いくら約束しても後からいくらでも反故にしても平気なのです。

この件は安倍政権の方針通り世界各国で報道され
さらに河野大臣は外国メディアに対し
「どの国も韓国政府と一緒には働きにくいだろう。」
と発言し、批判の手を緩めません。

これら日本の毅然とした態度に対し韓国の大統領秘書室長は、
日本企業に元徴用工への損害賠償を命じた韓国最高裁判の判決を巡り、
「判決に伴う一連の日本の政治行為は非常に不適切で遺憾だ。」
と公言しています。

韓国の主張は、めちゃくちゃのデタラメですね。
どちらに理があるか、マトモな国でしたら一目瞭然です。
この度の韓国政府の対応について
韓国国内からも批判が出ていますが、
「親北・反日」を掲げ、分が悪い文政権は黙り込みを決めた様です。

安倍政権は法に従い粛々と韓国政府の外堀を埋めて、
国際問題として争う姿勢です。
安倍政権は韓国の甘えを許しません。

中間選挙で過半数を取得したトランプ政権も、今後対北戦略と相まって、
安倍政権支持に回ると思われます。
安倍政権には、韓国の甘えを許さず、
このまま毅然とした対応を続ける事を望みます。

転載元転載元: ひとこと言わせろ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事