majyoakiのおさんぽ日記

アップされている画像を使用されたい方は事前にゲスブにコメント下さいね

全体表示

[ リスト ]

祇園祭で賑わう京都。

素敵な出会いがありました。

今年は巡行が金曜日と言うことで宵山も水曜日から。
台風11号の強風と大雨の中で前祭の巡行は行われました。
いくら神事とは言えほんとにやるの!?って位の雨でした。
大きな事故が無くてほんとに良かった。
後祭は良いお天気だと良いですねぇ。


三連休ではまだ少し早いですが密かに楽しみにしていた着物の問屋さんのセールに行きました。

物凄く良いものがお安く買えるのです。
最初、普段ここの問屋さんから正価で購入している私は02つ違う価格にモヤモヤしてました。

でも今回そのモヤモヤが晴れました。
安い価格で出しているのは廃業した同業者や機屋さんからただ同然で引きとって来た物で本来の扱いの商品ではないのだそうです。

こちらではそういう商品で儲けようと言う気がないので気に入った方に気持ちよく引きとって戴けたらそれで良いと思ってセールをしているんだそう。

なるほど。
確かに商品はとても良いものです。
多少難あり商品もありますが製造過程ではなく恐らく保管中に出来たもの。
それもきちんと伝えて下さいます。


こちらのお店は「南観音山」さんの町会でした。
昨年新調されたここの装飾品を制作したのが山形県のオリエンタルカーペットだと聞いていたので楽しみにしていました。
さすがにちょっと早かったらしく火曜日の夕方かな?月曜夜もちょっと早い。
「残念です。私の母がオリエンタルカーペットのある山形県山辺町の出身なので」
と言ったらこちらのご主人が凄く驚かれて
実際に山形へ行った時のことをお話して下さいました。
人口一万人の小さい町ですから縁の人間が訪ねて来るなんて驚きでしょうね。
その後、京都の「ええ時代」と廃棄が続く現在の状況のお話など伺いました。

その中で前述のお話が出てきた訳です。

モヤモヤがスッキリしたら
やっぱり見せて戴こうと
帯を幾つか見せて戴きました。
どれも「ええ仕事してはる」ものばかりです。
これがみんな廃棄した所のものだと思うと切ない。

最初気になったのは京都の町屋をデザインしたもの。
お洒落〜
「これ、夏帯だったら祇園祭に締められるのに」
「ほんまですねぇ」
京都の思い出でこれも良いかと思ったら。

ありました!
またも運命の出会いが。

歌川広重の東海道五十三次の図柄。
しかもなんと描かれているのは私が生まれた戸塚の宿。
こんなことってあるんでしょうか!!
即買い。
すると若い頃に東京日本橋で営業をしていたと仰る方が
「戸塚言うたら変わった名前の呉服屋さんがありましたなぁ」
「茶碗屋さんですか」
「そうやそうや。ご贔屓にしてくれはった。ご存じですか」
茶碗屋さんと言う呉服屋さんは私の父が勤めていた店と同じ商店街にあった呉服屋さん。
私が小さい頃、母はここで着物を作っていました。

「運命の出会い」なのか
狭い世界だから当然なのか。
わかりませんけど、

京都から遠く離れた山形の町と
何十年もの昔の話がつながって良い出会いが出来ました。

私も嬉しかったですが
多分向こうの方はとっても喜んで下さったと思います。

お安く手に入った帯ですが。
たくさんの物を一緒に運んでくれました。

お仕立て上がったら何処へ行こう♪

こういう出会いがあると
地方のお祭りも単なるイベントではなくて地元の人と触れあう素敵な思い出になります。
帯も大切な記念品になりますね。

あー楽しかった!!

閉じる コメント(2)

顔アイコン

和花さんナイスありがとうございます。

2015/7/25(土) 午前 8:26 [ akiko ]

顔アイコン

りょうらさんありがとうございます。

2015/7/25(土) 午前 8:26 [ akiko ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事