majyoakiのおさんぽ日記

アップされている画像を使用されたい方は事前にゲスブにコメント下さいね

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

第67回正倉院展 ケータイ投稿記事

今年も行って来ました正倉院展。
二週間と言う短い開催期間なので混雑のピークは入場まで75分と言う長蛇の列ですが。
日曜日の午後3時頃に行ったので入場待ち時間は20分程度。
場内も混んでましたがしっかりゆっくり見れました。
約60点の作品に1時間半かけました。
音声ガイドを借りようか悩みましたが更なる混雑を招くだけなので辞めました。

圧巻は聖武天皇様の袈裟。
「七条褐色紬袈裟」
絹の羅です。
非常に細い糸を使って精巧に織られてます。
染織品は痛みが酷いのでなかなか出展数が少ないのですが1300年前のインドの染織技術の素晴らしさにうっとり。
工芸品はどれも素晴らしく正倉院御物の紋様はどれも可愛らしくて見ていて楽しいです。
「紫檀木画ソウ琵琶」の背面の華紋様。
「琥珀魚形」は赤い魚のトップが着いた腰ひもの飾り。
紐の結びかたも凄く可愛い。

個人的に素敵だなぁと思ったのは光明皇后様の文書。
「根本説一切有部百一コン磨」
筆跡がただ美しいだけではなく優しい。
亡き父母の冥福を祈るとともに夫である聖武天皇の御代の安泰を願って写経させた一切経だそうです。
民間初の皇后様、貧しい人や病人の為に慈善事業にも積極的だったと言う皇后様のお人柄が偲ばれます。


正倉院展に毎年行ける。
関西転勤唯一のメリットだと思ってます。

お昼は大混雑なのでやはり午後3時過ぎがお薦めです。
正倉院展中は場内にコインロッカーが無いので必ず入場前にテントの無料ロッカーに大きな荷物は預けましょう。
閉館1時間半前から入場料が安くなります。
最終入場時間が日によって違いますのでご注意下さい。

但し女性だけのグループは夜の観覧はお薦めしません。
秋になり日が暮れる時刻も早まりました。
奈良国立博物館の周りは夕方5時を過ぎると真っ暗です。
駅までの道も人も少なくとても暗いので避けたほうが無難です。

観光で行かれる方も参考になさって下さいね。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事