majyoakiのおさんぽ日記

アップされている画像を使用されたい方は事前にゲスブにコメント下さいね

京都・奈良へおでかけ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

奈良に行きます ケータイ投稿記事

イメージ 1

東京から友人が遊びに来てくれて一緒に日帰りで奈良に行くことに。


メインは正倉院展ですが。
奈良西大寺から南へ向かって

法隆寺・中宮寺・藤ノ木古墳
薬師寺・唐招提寺
まで行こうと計画。

中学生の修学旅行の時は観光。
社会人になってから行った時には仏像目当て。


今回は染織に注目して周りたいです。

なので
「きもの好きの視点」

奈良を紹介出来たら良いなと思います。



ほんとはきもので行きたいけど
ちょっとハードルが高い。

大阪からだと
電車の乗り換えや階段の上り下りは多いし
歩く距離も半端ないから。
今回はトレーナー・ジーンズにスニーカー。

「きものだったら!?」
と想像しながら歩きます。

駅においてあった特典付きガイドブックを持って行って来ます。

「いづう」の鯖寿司 ケータイ投稿記事

イメージ 1

きもの教室のお稽古が終わってお腹がすいたので大丸京都店の地下のイートインで鯖寿司を食べました。

「遠くからお越しですか?」
なんでわかるのかな〜
「東京から転勤で」
すると
「関東は地震が多くて大変ではありませんか?」
いえいえ確かに多いですが大変なことはありません。
どうやら息子さんが千葉県にお住まいで心配なんだそうです。
鯖寿司が出来るまで僅かの会話ですが。
息子さんのところに行った時のお話を伺いました「人が多くびっくりしました。駅にエレベーターが四基もあったりわからなくて困っていると皆さんとてもとても親切でわざわざ乗り換えを調べて教えて下さったり。息子が浅草に連れて行ってくれましたら電車の中からスカイツリーが見えまして『お母さんあれがスカイツリーだよ』と申しますとなんと皆さんが脇にのいて見せて下さいまして。なんとお優しいんだろうと感激いたしました」

小さなことかも知れませんが旅先でこういうことあると嬉しいですよね。

鯖寿司も美味しかったけどお話にほっこりしました。

故郷を遠く離れて
ひとりで暮らす。

大変だけど
頑張らないとね。

今月末でもう4ヶ月です。

京都大丸でお買い物♪ ケータイ投稿記事

イメージ 1

お稽古前にちょっと大丸に寄り道しました。

デパートで定期的に開催される全国の伝統工芸の職人さんが直接売り場に出向いて下さるのでちょっとお安かったりします。

着物は「江戸小紋」の一軒のみ。

憧れの江戸小紋は「鼠の三役」
鮫か行儀か通し。
だけど意外にもこういう百貨店の出店の時には少ない。
「好きなの手にとってみて」
と言うお言葉に気を良くして鼠の鮫を広げた瞬間。
「え!そんな地味なのが良いの?」
とあっさりダメ出し。
「だって、憧れの江戸小紋と言ったら鼠の三役でしょ?」
「そりゃそうだけど。まあ自分が好きなものが一番だよ」
と言いつつも職人さんは正直なので言いたいことははっきり顔に出てます。
「もっと明るい色が似合うのに」
もしもし〜聞こえてますよぉ。

こういう通りすがりのお店で合わせるのって思っても無い反応が帰って来て面白いです。
着物教室の展示会は
勉強することがいっぱいなので
緊張しますが。

購入する予定がない気楽な立場でぶらぶらもたまには必要。

着物の知識って
まだ学術的な裏付けや検証も無いのに
誰が言ったかわからないようなことが「常識」になってることが多いのでたくさんの方とお話して客観的に考えることが必要だと思ってます。

きもの雑誌やテレビの報道でもあららっ?っていっぱいありますからね。

気になるのも
楽しいお話もなかったから職人さんにお礼を言って帰りました。


その後に和雑貨コーナーで見つけてしまった。
naoさんのブログで紹介されていた家紋のデザインのがま口。

可愛いっ!
で連れて帰って来てしまった。
西陣のお店にも行ってみたいなぁ。
1人じゃ絶対たどり着かないだろうから誰かに連れて行ってもらおう…
イメージ 1
 
使用カメラ PENTAX K-100D レンズ52mm
 
京都鴨川で行われた友禅流しのイベント。
昔はこうやって反物を川で洗っていました。
京都染織組合さんのイベントです。
 
お兄さんのすばらしい投げ方に拍手なんだけどどうも主旨が違うような。。
 

京都の七夕 ケータイ投稿記事

イメージ 1

鴨川で開催されている七夕祭りに行って参りました。
友禅流しの実演やLEDの光のオブジェなど。
メインは鴨川ではなく堀川だったようで
こちらは今一つな感じ。
人は多かっですけど。

ここでまた不思議な出逢いが。

良くある全国産地の特産品を販売するテント。
見ているとなんと山形県名物「玉こんにゃく」が!

「きゃああっ懐かしい!!」
と感激したとたんに販売していたお姉さんに「山形の人ですか?」
はい。親が山形県です。
「10月に山形県人会で芋煮会やりますが来ませんか?」
芋煮会!なんて甘美な響き。
山形県DNAフルスロットル!!

玉こんにゃくの美味しいこと!!

幹事さんの名刺を戴いて帰りました。

偶然だけど不思議でしょう?
なんかご縁を感じますね。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事