majyoakiのおさんぽ日記

アップされている画像を使用されたい方は事前にゲスブにコメント下さいね

京都・奈良へおでかけ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
京都を代表する夏のお祭り祇園祭。
きもの教室の京都校の先生方のお誘いで山鉾巡行を見に行くと言う最高の条件での見学。

壮麗な山鉾や屏風祭など初めて体験するには情報量が多すぎて
大変でした。


「是非祇園祭見に来て」
「長刀鉾だけが生き稚児さんで後は稚児人形」
「長刀鉾出発したら○○通って注連縄斬り見てそしたらここへ戻って…」
「○○山の粽は人気で」
シャワーのように浴びせかけられる情報。

京都の方はほんとに祇園祭を愛してるんだなと言うことだけは理解出来ました。


特集本買って予習ばっちりで望んだら
今度は。
「鱧食べました?」
「菊水鉾のお茶菓子美味しいでしょ?」
「おうち見ました?」
レベルがまた一段階上がってしまいました。

さらに一緒に見学して下さった皆さんのボルテージはどんどん上がり
すっかり京言葉。
「あの小さいこがくじ改めするんかな?」
「ここから先は後の祭やねんて」
「あ、これも撮っておいたほうがええよ」
皆さん、田舎者の私にとっても親切に教えて下さいまして非常に楽しい祭見物でした。

メインのお祭りはもちろん楽しいのですが。
私は巡行の皆さんの浴衣ウォッチが楽しかったです。

長刀鉾では毎年新調されるんですって。
イメージ 1


他にも素敵な柄がたくさんありました。

もちろん浴衣だけでなくたくさんイケメンさんもいましたよ〜。

今年はカメラも持って行ったし午後から出社したので洋服でしたが来年、機会があれば夏きもので行きたいなぁ。

山鉾巡行 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

祇園祭の最大イベント。
「山鉾巡行」

ひとつひとつの山や鉾にも歴史があり貴重な文化財ですが。
京都の方の祇園祭にかける思いや
祇園祭に因んだ習慣にも興味深いものがあります。

この一週間、詰め込み勉強したけど到底追い付きません。

イメージ 1

三連休東京に帰れなかったので職場の女子と連れ立って祇園祭へ。
甘くみてました…
久しぶりのカメラを持ってのお出かけ。

日もくれてこれからと言う時に
「気持ち悪い…」
とリタイア宣言。

残っていいからと言うのに友人達も。
「見たからもういいや。帰ろう」
ちょうど小雨も振り出して待ち合わせから僅か一時間で終了。

祇園さんにお参りして夜に具合悪くなるのって二度目…
くすん。

ゆかたPASS 京都 ケータイ投稿記事

イメージ 1

「京都きものパスポート」のゆかた版を戴きました。

「きもので京都」
は憧れるけどなかなか…
と言う方もゆかたなら挑戦しやすいかも。


京都の夏のイベントや市内の地図。
各種特典が紹介されているだけでなく。
着付けマニュアルもついてます。
女性版と男性版。
日本語・英語・スペイン語・中国語・韓国語対応。
さすがは国際的観光地。

是非夏の間京都を観光したい方は入手して下さいませ。


浴衣に限らず夏の京都を観光する際に
忘れず持って行きたいものは
「靴下(足袋)」

「虫除けスプレー」


「靴下(足袋)」はお寺などの見学の際に。
板張りの廊下を素足で歩くのは気が引けますよね。
汚れるし、痛いし。

「虫除けスプレー」
緑のお庭は目には優しいけど油断大敵。

夏の京都を楽しむには必須アイテムです。

暑い暑い京都の夏を楽しみませう。

こんちきちん ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

恥ずかしながら関西に住むまで「祇園祭」が1ヶ月もあるなんて知りませんでした。
熱い夏の京都のお祭り位しか。

いつ知ったかといったら
6/30に昼食をとった料理屋の女将さんから教えて戴きました。

電車のホームの発車ベルも「こんちきちん」
通りには提灯がさがりショーウィンドゥには山鉾のミニチュア。
街を浴衣で歩く方も多いです。

京都高島屋で開催中の「祇園祭なう」で展示されている屏風を見に行ったところ丁度祇園囃子をやっていてラッキーでした。

山鉾と言うのも「山」と「鉾」の二種類があると言うことも。
「宵山」が「山鉾巡行」の前夜祭であると言うことも知らない。
なんてまぁ田舎者なんでしょ。


今年は「宵山」が三連休と言うこともあり
相当な人手が予想されるようです。

せっかくだから見てみたいなぁ。

その前に「祇園祭」について色々勉強してみます。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事