majyoakiのおさんぽ日記

アップされている画像を使用されたい方は事前にゲスブにコメント下さいね

京都・奈良へおでかけ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

秋の柿の葉ずし ケータイ投稿記事

イメージ 1

奈良と言ったら柿の葉ずし。

出かけた時はなるべくその土地で取れたものや独自の食文化の物を食べたいですよね。

奈良は京都に比べて地のものが多い気がします。
ランチも価格や量が良心的。

柿の葉ずしは高級な方です。

今回は秋の特別バージョンだそうです。
炙り鮭が特別みたい。

美味しいですよ。

万願寺とうがらし ケータイ投稿記事

イメージ 1

京野菜の「万願寺とうがらし」
名前は聞いたことあっても食べたことが無いので
調理法も良くわかりません。

ということでまずはお惣菜で試してみました。

白身魚のすりみを詰めて揚げてあります。

お味は
ししとうかピーマンみたいな感じです。
地のものなのでありがたく頂きました。
関西生活もまさかの四年目ですが
未だに遠くへお出かけは困難がいっぱい。

近鉄日本橋から快速で近鉄奈良へ向かう車両は10両でした。
社内アナウンスで
「この列車は奈良西大寺で車両の切り離しを行います。この放送が流れている前4両で新大宮方面に向かわれる方は後ろ6両にお乗り換え下さい」
ととても親切なご案内が繰り返しありましたが。

私は「新大宮」の次が目的地である終点「近鉄奈良」とは知らなかったのです。

すっかり後ろ6両は西ノ京のある橿原線なんだろうと思い込んでました。
つまり自分は乗り換えなくて良いと思い込んでおりました。

駅についたら若い駅員さんが「降りてください〜この駅で切り離しです」と大声で叫んで車両に乗り込んで来ました。

それでもまだキョトン。

「この電車はここでしまい(終点)です。降りてください〜」
皆さんあわてて降りるのでやっと理解しました。
車両を切り離して、この車両は車庫に入るんですね。

公共施設や観光地では標準語で話して戴いているので
日常生活ほど切迫した悩みはありませんが。

言葉は一緒でも
イントネーションの違いや
何故か一番重要なことを省略されたり
肯定してるのか否定してるのかわからなかったり
のニュアンスの違いで
お出かけはとても疲れます。

ま、これも貴重な体験です。
阪急線からだと1日乗り放題2060円。
微妙…
何故なら総持寺〜近鉄奈良の普通料金も同額。

奈良国立博物館や東大寺と言った近鉄奈良から歩いていける所にしか行かない時はメリット無し。
奈良交通バスも乗り放題エリアなのでバス移動する法隆寺や矢田寺に行くにはお得です。
薬師寺のある西ノ京も電車料金は同じようなものですが薬師寺と唐招提寺の拝観料が団体料金になるのでメリットはありますね。

このチケットは総持寺のような小さい駅じゃ買えないので電車でお隣の茨木市駅に行って買わなくちゃいけない。

わざわざ駅員さんのいる反対側の改札まで行ったと言うのに。
トホホ…

ホームで10分電車を待って2分で隣駅について改札でチケットを買って。
一旦改札を出て磁気カードを通して旅の始まり。

カードと一緒に紙に印刷された「各施設の優待券」6枚が貰えます。
料金が団体料金になると書いてあるが
いくら値引きされるのかがパンフレットには明記されていません。
経験値で100円から200円とみるのが妥当。
チケット提示だけで割引にはならないんですね。

本人のみって明記されて無いから
奈良に住んでる友人と現地集合の時も使えますね。

一緒に食事して自分だけ特典だと友人に付き合ってもらってるのになんだか申し訳ないですよね。
転勤族で今は関西に住んでる友人と出かけることもありますから。

提携飲食店は10%オフ。
お店の詳しい地図が無いので探すの大変でした。
今回私は近鉄奈良駅の近くの「うどん亭」さんに伺いました。
店員さんの対応がとても良かったです。
結局優待券を使ったのはここ1枚だけ。
万葉植物園には行かなかったし(100円引き)
奈良国立博物館は企画展は使えなかった。


期間中であればチケットの事前購入出来るみたいなので
今度法隆寺に行く時はこのチケットを活用したいと思います。

奈良も京都も割引や特典付きがたくさんあるんですけど
土地勘無いと
どれが良いのか比較出来ないし
考えるのも面倒でそのまま行ってましたが
賢くお得なプランを使って
浮いたお金でご飯食べたり
お土産買って地域に貢献しなくちゃね。

東京帰ったら奈良にはなかなか来れないですから今のうちに。

春日大社式年造替 ケータイ投稿記事

イメージ 1

シルバーウィークは実家に帰らず家の片付けと日帰りお出かけをすることにしました。
夏休み帰ったばかりですぐまた長逗留すると家族にも迷惑だろうし。
毎回の自腹帰省はお金もかかる。
はっきりした見込みは無いけど今度こそ最後の秋と思って京都と奈良に出掛けましょう。


土曜の朝は早起きして洗濯物を片付けて奈良に。
まずは二十年に一度の式年造替の春日大社にお参り。
造替とは「社殿を作り替える」ことで本殿の場所を変えずに新しく立て直すので式年造替と呼ぶのだそうです。
朱塗りの社殿や釣灯籠がとても美しい素敵なところでした。
団体の観光客さんがたくさんいらっしゃいます。
奈良は緑が多くゆったりしてるところが好き。
大阪とは空気が違います。

春日大社の本殿は近鉄奈良駅から歩いて約1の所にあります。
だからラフな洋服とスニーカーで行きました。
帽子はもちろんペットボトルの水も。
虫除けスプレーもしっかり。
参道も土だし階段もありますから小さいお子さま連れや足に自信の無い方にはお薦めしません。


どうやら私の祖父の家系はずっと遡ると藤原氏に繋がると言うことでしっかりお願い事もしてきました。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事