ここから本文です
ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
初めての外国車はどうでしょう?

書庫その他雑感など

記事検索
検索

近所の桜花

春の天気は変わりやすいのが特徴ですが、今日は晴れから曇りへ急変したかと思うと突然の雨、そしてまた晴れと天気予報士も悩むような天気でした。

その雨のあがった夕方に、近所の公園へ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


もう今日明日でかなりの桜は散ってしまいそうで、風が吹くとヒラヒラと飛んでいきます。

今夜はまた雨か雪が舞うという予報が出ていて、せっかく軽く洗車したのにまた明日は汚れてしまいます。




◆2019年12月でYahoo!ブログが終了のためこちらへ移転します。
■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
■INDEXページ
.
今日のお昼のNHKニュースをぼんやり見ていたらランエボ10らしき映像が映し出されました。
(・・???って見直したらやっぱりエボ10です。

三菱がスポーツカー(ランエボのこと)の生産を終了するというニュースでしたが、NHKとしては異例のニュースでしょう。

平成4年(1992年)からずっと継続してきたこのシリーズの生産が終了すること。過去にはラリーの国際大会でも活躍したこと。今後はSUVやハイブリッドカーに注力することなどが説明されていました。

イメージ 1


残念ですねぇ、、、

初代のランエボはちょうどスバルがインプレッサWRXを新発売してきた時期と同じで、その後ずっと国産4駆スポーツカーのライバルとして君臨してきたモデルです。

しかし最近はこのランエボを買う人は私を含めて高年齢化が進み、若い人には敬遠されているようで、そういう意味では将来性がなく、海外ではまだ人気を保っているものの国内で販売し続ける意味はなくなってきているのでしょう。


◆2019年12月でYahoo!ブログが終了のためこちらへ移転します。
■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
■INDEXページ


【お買い得カー用品】






今さらですが、頑固なガラ携ファンだった私にもようやくスマホの春がやってきました。

変えた理由は様々ありますが、自分への言い訳みたいになるので、ここでは避けて、使ってみてのレビューというか感想を少し書いておきます。

なにぶん他のスマホを使っていないので、スマホ同士の比較はできません。ガラ携との比較も、従量制課金と定額制の違いで使用する条件があまりにも違いすぎて比較の対象にはならないと思います。

スマートフォンのいいところ
・いつでも追加の課金を気にせずネットにつなげられる
・大きな容量の画像や動画を送っても定額制なので気にならない
・スマホ専用アプリ(LINEや電子メールなど)が使える
・画面が大きいのでデータや地図などを見るのに便利
・データやメールがPCのものと互換性がある

ガラ携のよかったところ
・なんと言っても月々の価格を安く抑えられる
・機能が限られているのでその分使い方が簡単
・キー入力は慣れるとブラインドタッチが可能
・落としても比較的耐久性があった
・1回の充電で3〜4日使えた
・電池が自分で交換できた

ガラ携を使っていた人にも大きく二種類いて、ガラ携時代から料金を定額制にしてネットやメール、チャットをバンバン使っていた人は当然スマホに変えてより便利になったでしょうが、使ったときだけ課金される従量課金制で、通話が主体だったり、時々メールするぐらいの人は、スマホに変えてもそれほどよかったとは思わないのじゃないでしょう。私は典型的な後者でした。

つまり(定額制の)スマホに変えた以上は、後者の人は使い方を根本的に変えていかなければそのメリットは受けられません。

スマホでも定額制と従量課金との中間的な契約もありますが、これは中・上級者でなければ、課金されるサービスや通信をうまく切り分けられず、結局は定額制で契約していたほうが安かったという結果になりかねません。

国内のガラ携とスマホの契約数シェアは、2013年末現在ではまだガラ携(フィチャーホン)が6〜7割を占めていますが、新たな契約数では断然スマホが多く、早ければ今年2014年には総契約数でスマホが過半数に達すると言われています。

能書きはさておき、今回購入したのは、2014年2月に発売開始されたばかりの303SHというシャープ製の端末機で通信キャリアはソフトバンクです。

イメージ 1

イメージ 2


これを選んだ理由は、

1)東日本震災時で帰宅困難者になった時、役立ったのがTwitterとワンセグTVだったのでこの二つの機能は欲しい
2)息子が4年前からiPhoneを使っていてベテランなので、その弟子になるのは嫌(笑)
3)電池の持ちが悪いというスマホの欠点を多少補ってくれる省電力ディスプレイIGZO搭載
4)新製品ながら本体価格は実質0円となるキャンペーン

でしょうか。

スマホをざっくり言うと、ネットにつながった高性能パソコンが手のひらに収まったものと言えますが、それだけ奥が深いだけに、一度深みにはまると抜け出せなくなる人もいるだろうなというのを実感します。

しかし人間の持ち時間は誰しも1日24時間しかないので、たかがこのような端末に何時間も時間を取られてしまうのはもったいない気がする私は典型的な旧式人間なのでしょう。トヨタがライバルとみているのはホンダや日産ではなくてスマホだという気持ちが実際にスマホをいじり出すとよくわかります。同様にテレビや映画、ファミレス、ゲームセンターなどの一番のライバルは時間の取り合いという意味でスマホなんでしょうね。

実際に使ってみての感想は、PCでできることは画面が大きく入力も速いPCでやりゃいいし、PCではできないこと、外出先で写真を撮る、外出先で調べ物をするメリットしか今のところ感じられません。外出中の暇つぶしには文庫本というものが私にはあります。

カメラならガラ携にもついているので、スマホにする意味はネットの常時接続で、いつでもどこでもネットで行き先の地図を調べたり、出先でのレストラン情報や電車の経路などの調べものができるっていうぐらいです。でもそれらって事前に予定がわかってれば先にPCで調べておけますよね。

若い人はLINEなどSNSをずっとチェックしていて、連絡が来たら即返答を返したりするためスマホが欠かせないツールとなっているのでしょうけど、中年で特に即返信しなければならない親しい友人も用事も少ないおやじ(笑)にはさしてメリットはないです。

宿泊の伴う旅先ならともかく、ちょっとした外出中に写真を撮ってSNSに投稿するのも積極的にやりたいとは思わないし、わざわざ小さな画面と小さな文字のネットニュースや電子書籍を読みたいとも思いません。

結局、常時接続のための料金を毎月負担するっていうのは、今のところどう考えてもこの中年オヤジには割が合わず、失敗したかなというのが正直な本音です。

まだちゃんと使いこなしているわけではないので(使いこなそうという意欲も起きないですが)、今後暇なときにでも他にどんな使い方ができるか調べて試したいと思います。繰り返しになりますが、PCでできることまでスマホでしようとは思わないので、結局はPCが使えない場所での利用と言うことに限られ、それがなかなか思い浮かばないんですよねぇ。



【考察シリーズ】
バカバカしい軽自動車の馬力規制の考察(考察シリーズ30)
自動車の車幅に関する考察2(考察シリーズ29)
自動車の車幅に関する考察1(考察シリーズ28)
自動車盗難(2013)の考察(考察シリーズ27)
ラリーアートとSTIの明暗について(考察シリーズ26)
衝突防止装置の普及を加速するための考察(考察シリーズ25)
ランエボの維持費についての考察(考察シリーズ24)
もっと光をあてていい軽自動車の考察(考察シリーズ23)
高速走行中に集中豪雨に遭った時に関する考察(考察シリーズ22)
自動車部品の革新についての考察(考察シリーズ21)
ドアロックする?しない?についての考察(考察シリーズ20)
スバルアイサイト(EyeSightVer.2)の考察(考察シリーズ19)
自動車ワイパーの考察(考察シリーズ18)
冬場に常時エアコンを使う是非についての考察(考察シリーズ17)
雑誌の自動車評論、試乗レポートについての考察(考察シリーズ16)
ヘッドライトなど自動車部品の共用化についての考察(考察シリーズ15)
連鎖するトヨタ車の不具合報道についての噂と考察(考察シリーズ14)
新車購入の考察その2 購入は現金、マイカーローン、それとも残価設定ローン?13
新車購入の考察その1 ディーラーか業販店かそれともネット通販か?12
車の大規模オフラインミーティングについての考察(考察シリーズ11)
ETCカードの考察(考察シリーズ10)
自動車5ナンバーの栄光と挫折の考察(考察シリーズ9)
安全!快適!ドライブのための考察(考察シリーズ8)
高速道路の無料化メリット・デメリットについての考察(その7)
エコカーの定義についての考察(考察シリーズ6)
ランエボと自動車保険(特に車両保険)についての考察(考察シリーズ5)
カーナビについての(自己流)考察(考察シリーズその4)
高速道路でなぜ自然渋滞が起きるのか?の考察と解消への提案(考察シリーズその3)
ETCについての考察(考察シリーズ2)
ランエボ召離ートクルーズコントロール(以下クルコン)についての考察1

◆2019年12月でYahoo!ブログが終了のためこちらへ移転します。
■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
■INDEXページ
.
年2回おこなうスタッドレスタイヤと夏タイヤの交換は、ホイールバランスの調整が必要と思うときを除き、ほとんど自分でやっています。そこで面倒なのがジャッキアップとホイールナットの取り外しと締め付けです。

近所の人にタイヤ交換はどうしているかって聞いたら「インパクトドライバがあると楽だよ」と。

普通の充電ドライバは持っているものの、インパクトドライバは少し値段が高いこともあり、今まで持っていなかったのですが、今まで使っていた充電ドライバのニッカド電池が役立たずになってきたので、それを買い換える代わりに充電式インパクトドライバを買ってやれと衝動的に買うことにしました。

一応検討したのは、リョービ(RYOBI)、マキタ(makita)、日立、BOSCH、ブラック&デッカーの定番のもの。その他にアジアン製の安い製品も出ているのですが、Amazonやカカクコムのレビューを読むと評判はあまり芳しくありません。

充電ドライバとインパクトドライバはその使い方は似ていますが、当然その使い方や使う場面は違っています。それに合わせて使い分けるのがプロやセミプロですが、私のようにごくたまに使うぐらいなら、どちらか片方を使うというのもありです。ただし、使い方を誤ると取り返しのつかないことになることもあるので自己責任です。

決定的に違うのは充電ドライバの場合は、締め付けすぎにならないよう締め付けトルクが調整でき、それ以上は無理して締めないようにできています。インパクトドライバは名の通り衝撃を加えて可能な限り締め付けようとしますので、下手をすると締め付けすぎたりネジ山を潰してしまうことになります。

もし両方とも持っていなかったり買い換えが必要な場合は、ホームセンターなどの特売で充電ドライバとインパクトドライバをセットにして売っているものがありますので、それがお得でしょう。なぜなら非常に高いバッテリーを共用で使えますので、もしバッテリーだけダメになっても買い換えの時ひとつ買えば両方で使えます。

あとバッテリーですが、最近は割と長持ちするリチウムイオンのものが増えてきましたが、以前はニッカドが多く、数年で使い物にならなくなりました。これから買う場合は、投げ売りしているニッカドの旧型ではなくリチウムイオンのバッテリーがついているものを買うのがベターかと。

次に充電インパクトドライバにはその締め付けトルクによりいくつかの種類があります。締め付けトルクはバッテリーの電圧により変わってきます。10Vよりも12V、12Vより14Vのほうがより強くなります。

ホイールナットの締め付けトルクは普通車で100〜120N・m程度(10〜12kgf・m)ですので、緩めるときにはそれ以上のトルクでないと外れない可能性があります。

それを考えると10Vや12Vの充電インパクトドライバではやや締め付け(緩めるときも)トルクにやや不安ありです。日曜大工のネジや木工のドリルに使うには不便はないでしょうけど。

本当はマキタの10.8Vのインパクトドライバと、マキタ充電式クリーナー(掃除機)が共通のバッテリーで使えるというのがわかり、車内の掃除に便利なのでそれが欲しかったのですが、上記の理由により断念しました。

年に2回ホイールナットを緩めて締め付けることが目的として検討した結果、14.4Vの製品を比べ、比較的評価の高いマキタの「M695DWX」を購入しました。

やたらとでかいだけのケース(邪魔です)
イメージ 1


本体は軽くて使えば使うほど馴染んでくる感じ
イメージ 2



あとホイールナットに使う場合は、インパクトドライバ用のソケット(車種により17または21)が必要です。それはホームセンターへ行ってホイールに傷がつかないよう薄型で深いものを購入しました。



実際に使った感じでは、慣れるまでトリガーを引く強さで締め付けるトルクの強弱を調整するのが難しく、いきなり難しいところでは使わないで、十分慣れてから使うことをお勧めします。

現在ではすっかり慣れて、どれだけトリガーを引けばこれぐらいの強さというのがわかり、自在に操ることができるようになりましたが、最初の頃は無駄に力が入ってしまい、木工製品でネジ山を1個つぶしてしまうというミスも犯してしまいました。




◆2019年12月でYahoo!ブログが終了のためこちらへ移転します。
■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
■INDEXページ
.
早いもので今年もあと1週間ほどとなりました。

恒例のクリスマスケーキは、今年は3年連続で家族に好評の「ベルグの4月」で購入してきました。

2011年はクリスマスショート 、2012年はクリスマスショコラで、今年はノエルノワゼットです。

イメージ 1


混まないうちにと開店の9時半に合わせて向かい、5分前に着いたところすでにオープンしていましたが、
まだお客さんは先に来て包装を待っていた5人ぐらいで、すぐに買うことができました。

ベルグの4月へ来るといつも買うマカロン(7種類)も買い、包装してもらっている間に次々と客は増え、いつの間にかすでにオーダーできるまでに10名ぐらいの客が並んでいました。相変わらず人気店ですねぇ。

イメージ 2


あと余談ですが、この時期スーパーなどでイチゴのパックを買うと、これがまた面白いぐらいに形が不揃いで、いわゆる標準的なイチゴの形ではないものばかり入っています。

これは明らかに、形のいいイチゴはクリスマスケーキ用に使われるので、形の悪いモノばかりがパック詰めで売られているものと思われます。イチゴの出荷量が一番多い月はやはり3月ですが、このクリスマス時期もそれに劣らず多く、生産者もこの12月下旬に向けて出荷を合わせているようです。

ま、形は悪くてもイチゴはイチゴ、味さえよければそれでいいのですけどね。



◆2019年12月でYahoo!ブログが終了のためこちらへ移転します。
■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
■INDEXページ
.

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事