全体表示

[ リスト ]



 人のDNA(遺伝子)は複数繋がって、螺旋状になり、糸が絡まった様になって凝縮し、染色体と呼ばれる構造を作っている。この遺伝子を、米国の科学雑誌のサイエンス・ネーチャーが取上げ、今年特集されたが、その中の情報に、どうも恋愛遺伝子と言うものがあるらしく、現在、科学者の間で話題になっている。


 遺伝子は簡単に説明すると、特殊の塩基配列により、30億以上のヒトゲノムと言う正確な情報が凝縮され、それが46本と言う染色体と言う膨大な情報伝達機能を備えている。世界中で、このヒトゲノムを解析するのに科学者たちは躍起になっている。人間の身体的な特徴から、病気まで、刻銘に遺伝子に記録されているからである。


 日本でも、東京大学をはじめ色々な研究機関が調査に連座し、その中でも筑波大学の村上チームが、研究で一歩リードしている。30億の遺伝子情報の中で、人間の設計図にあたるものは5億程度で、残りの25億の情報を研究している。この研究には、人間の生涯の出来事が書かれて可能性も示唆されている。


 パーティの会場を間違えて入って、偶然出会ったような話から、すれ違いざまに電気の様なものが走った・・・と言う様な色々な話が存在する。まさに出会いは人生の数奇な奇跡で、偶然の形をとって、遺伝子情報により、必然的な出会いをした事になる。つまり、恋愛は明確な遺伝子が作り上げているもので、同時に起きる高揚感やときめきはこれとセットになっているらしい。・・・


 これに対して、古典的に考えられてきたものが、心理学者の提唱する「無意識の中の自我の選択」である。長らくこの考えの基礎となっていたものは、個人々の幼少期の生い立ちまで遡る事が多い。例えば、「愛情移行」と言う専門用語を使うと、自分に愛情を降り注いだ父親や、尊敬する学校の教師がこれにあたる。


 時として、エディプス期(第一思春期)にある子どもは、父親や母親の独占をめぐって、家族間と対立したり、学校の教師などの特異な存在に、感情が移行して愛情と勘違いする場合がある。つまり、その感情移行した相手と、最も似ている人を、上記の理由から「一目惚れ」をしてしまうのである。


 少しくどくなるが、「一目惚れ現象」とは、文字通り一目で会った瞬間に相手を好きになることで、アドレナリンが噴射され、一般の人が感じる初恋に似た特徴(心拍動悸が速まったり、思考回路の欠落する)があらわれるのが一般的で、この症状を運命的な恋愛と思いこんでしまうことである。


 これとは別に、「一目惚れの同時現象」と言うのが存在する。パーティ会場の隅と隅にいても、お互いにアドレナリンの同時噴射がおこり、出会いと同時に(正確には10分以内)に結婚を意識してしまいそのままゴールしてしまう場合がある。ナショナルグラフィックのアンケート調査でも、結婚を決めた瞬間の20%以上にものぼり、離婚率の高い米国で、数パーセントしか離婚の回答がないのである。(現在調査中・・・)


 上記の調査から、米国のトロント大医学部では、被験者の膨大なサンプルから、恋愛遺伝子を専門に研究している。恋愛の遺伝子実験に、現在までに分かっている遺伝学、免疫学、脳科学の専門家を動員して、これにあたっている。サイエンス・ネーチャーのレポートは、現在進行形の医学分野から途中経過の報告だが、形而上学の謎には全くふれていない。


 人類だけに、恋愛遺伝子が存在し、種の保存以外に、色々な人生模様が展開する。単なる人間種の生き残り法則とは、全く違うのである。「何でこんな人に出会ってしまったのだろうか・・・」そう後で思う恋愛や別れも常に存在する。寝ても覚めても、相手の事を思って、1日が過ぎてしまった・・・ことのある人は沢山いると思います。


 ただ言えることは、未知の遺伝子には誰が何らかの目的で、恋愛遺伝子を書きこんだサムシング・グレートが存在すると言う事である。それともう一つ、科学者を悩ませる問題がある。恋愛遺伝子は複数存在し、既婚未婚や年齢に左右されない点である。もしも、あなたが、むかし塩漬けされた感情が、ある日出会いで、突然に蘇るかも知れない。


 最新科学の他、宗教や論理、哲学、医学、心理学を総動員しても、引き出せない答えが存在する。つまり、人間と言う生き物は、ある日突然、どうにもならない熱病という「恋」に落ちてしまうのである。・・・





この記事に

閉じる コメント(33)

顔アイコン

こんにちは、ミヤ さん、コメント有難うございます。
厄介で自分の意思ではどうにもならないのが、この遺伝子の特徴です。
人生は数奇な事の繰り返し・・・まさに、小説よりも奇なりです・・・
運命の出会いには、顕著な啓示がつきもので、いつか機会があったら、その啓示の種類と、専門に調べている学者がいますので、その記事を書こうと思います。(*^^)v
PS・チョット信じがたい話しですが、その啓示で、一番多いのが赤い糸です。(^^♪

2010/10/11(月) 午後 6:04 メイク・アップ 32 jp 返信する

メイク様、こんばんは〜♪^^

>人間の生涯の出来事が書かれて可能性も示唆されている。

おお!ついに科学的に証明される段階に近づいているのですね〜\(~o~)/

>恋愛遺伝子は複数存在し、既婚未婚や年齢に左右されない点である。もしも、あなたが、むかし塩漬けされた感情が、ある日出会いで、突然に蘇るかも知れない。

それは、ワクワクのドキドキですね〜(#^.^#)

諸般の事情で今世は実現できなくても、幾千代かけても・・・と思い
転生してくるのかも知れませんね。
ある意味、既に完成した物語を、最高のストーリーで体験したくて。。。

とても興味深いお話をありがとうございます。ポチ☆!

2010/10/11(月) 午後 10:07 [ ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、舞 さん、コメント有難うございます。
この米国の最新科学雑誌のサイエンス・ネーチャーに特集された恋愛遺伝子の記事は、「驚くべき現代の神話」です。・・・
従来、種の独占保存のため、性遺伝子が反応するという漠然とした仮説が、全く否定されました。記事の全てを紹介出来なくて残念ですが、恋愛遺伝子が発動されると、それまでの人生の見方が変わったり、処世観がまるで変化してしまうそうです。・・・
たった一瞬の出会いで、それまでの全てが変わってしまうとしたら、その遺伝子プログラムは、奇跡の連続かも知れません。
高名な科学者も聖職者も、例外がありません。人間って不可思議ですネ・・・(*^^)v
ポチ☆有難う

2010/10/11(月) 午後 11:35 メイク・アップ 32 jp 返信する

一目惚れの離婚率が低い理由は、「感化」「打算」「妥協」がないためで、逆に言えば、それらの割合が多いほど恋が冷めたとき相手を許せなくなり、離婚に至るという仕組みになっています。

2010/10/12(火) 午前 1:38 加倉 千早 返信する

顔アイコン

こんにちは、ちはや さん、コメント有難うございます。
サイエンス・ネーチャーのサンプリング(米国のみですが・・・)の結果は、大恋愛の末の結婚に限って、過半数が離婚していて、たった一度の偶然の出会いのカップリングが、離婚率数パーセント。確かにその「感化」「打算」「妥協」の論理も沢山あると思いますが・・・これほど極端な結果には、その論理だけでなく、出会いの不可思議の要因が左右しているのかも知れません。(^。^)

2010/10/13(水) 午前 0:01 メイク・アップ 32 jp 返信する

こんばんわ♪
『恋愛遺伝子』って小説が書けそうですね。。。
これはいい題材かも。。。う〜ん、深い!
ポチ★

2010/10/14(木) 午後 10:48 ユウナ 返信する

顔アイコン

こんにちは、ユウナ さん、コメント有難うございます。
今回のノーベル文学賞に、村上春樹さんがベスト3の候補に上がっていたのに、残念でした。・・・
今年、かれの若いころのベストセラー作品『ノルウェイの森』が映画化され、ベネチア国際映画祭高い評価をうけました。(*^^)v
12月の封切りが楽しみです・・・
ポチ☆有難う

2010/10/15(金) 午後 5:28 メイク・アップ 32 jp 返信する

一目ぼれも片想いだと 辛いですね・・・
一目ぼれの仕組み(?)アドレナリンが噴射され・・・

不思議ですね〜
とても難しいお話です。(^^)ポチ★

2010/10/16(土) 午前 1:23 *ひな菊&サン太* 返信する

顔アイコン

こんにちは、サン太ひな菊姫 さん、コメント有難うございます。
科学や遺伝子学を総動員しても、結局は「一目惚れ」の根拠を解明する後づけの論理かも知れません。(^^)/~~~
何故なら、科学や医学は何故「一目惚れ」が起こるのか、データや統計をもって証明しようとしますが、それでは何故『一目ぼり惚れ』が、必要でどういう進化をたどったかの・・・説明には、全くなりません。・・・
本当に、人間独自の不可思議なこと・・・ポチ☆有難う

2010/10/17(日) 午前 9:26 メイク・アップ 32 jp 返信する

顔アイコン

この世のすでに完成されたものがさらに最高のストーリになれるなら
年齢、身分やスタイルなどはあまり関係なくなってしまうのは、広く
世界が見えて楽しいですね。
これは来生にもあることなのでしょうね。
いつも素敵メイクさんのブログはとっても魅力的です。
メイクさんからあきも元気もらえて嬉しいです。
調子も戻ってきたところです。
どうぞよろしくお願いしますね。
冬の寒さにも負けないように、お体ご自愛くださいませ。
ポチ☆
あき

2010/10/17(日) 午後 0:24 Akichan (あきちゃん) 返信する

顔アイコン

こんにちは、akichan さん、コメント有難うございます。
人間の運命は、偶然性が強い程、遥か以前から運命づけられていたものが多い様に思われます。(^^♪
その逆に、家が隣どうしで、しかも幼なじみ・・・大恋愛の結果、結婚したとしたら、まさに遺伝子外のたまたま偶然のなせた業かも知れません。・・・
科学は、神と言われるものの、創造の偉業に全く追いつきません。でも・・・なぜ、それが運命づけられたのか・・・形而上学の最大の謎かも知れません。そして、もうひとつの謎である、悠久の時を超えた輪廻転生・・・状況証拠から、その神話を、科学が否定できることはもうありません。・・・
遺伝子に書き込まれた膨大な情報は正確で、時限スイッチが出会いと言う形から、ミッションプログラムが作動することは間違いがありません。(^^)/~~~
人間の人生を左右する、偶然の出会いや別れも、天文学的な確率を超えて、突然やってきます。これをどう理解するかは、個人々の自由ですが、必然性のなせる業は、時として人知を超えた存在です。・・・
ポチ☆有難う

2010/10/17(日) 午後 5:51 メイク・アップ 32 jp 返信する

人の出会いって不思議ですよね。若き頃、全く結婚など考えず、仕事が楽しく、頑張っていた時に、主人に出逢いました。私のタイプでは全くないし年もかなり年上の主人。私は結婚するとは思いませんでしたが、主人の一目惚れって言うのか、押し切られて、只今、26年
一緒にいます。喧嘩も滅多にせず、お互い束縛せず、家事も半分、仕事もお互いしてたので、同居人みたいです。今では、私は何も出来なくなったので、主人はやっと、文句も言わず、家事一切をしています。

もし、blogで、メイクさんと出逢い、遥か昔に一緒にいた様な感じが、
実際にこの世で出逢っていたら、どうなっていたでしょうね?(笑)

不思議な出逢い、でも心が分かる出逢いって不思議ですよね~~~~~
ステキなメイクさんへ★ポチッと( ^ ^ )/□

2010/10/27(水) 午後 4:59 [ lave1959 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、chiko さん、コメント有難うございます。人間の一生のうちに、一番不思議なものの一つは、やはり人間の出会いと結婚に尽きると思います。(^^♪この分野で、統計をとっている人で有名なのが、福島大学が飯田史彦教授です。彼は、結婚した夫婦の出会いの第一印象を、学生を使って、数万件のサンプリング調査をしています。・・・一番多いのは、夫婦のどちらかが、出会って10分以内に結婚を閃いている・・・もしくは、それに似た、啓示を受けていることです。この件は、本人に合って何度も教授に確かめて居るので、間違いがありません。・・・メイクのまわりで話を聞いても、沢山の人が経験しています。本当に赤い糸が見えたと言う人から、その赤い糸をいじって、なんだこれ・・・と騒いだ人も現存します。(^O^)/この様な何らかの体験を夫婦のどちらかが経験しているのが、6割近くにものぼるそうです。ところが、残念ながら、夫婦同時に啓示を受けるのは、3%と極端に下がってしまいます。chikoさんは、残念ながら、ご主人のみの体験だったのでしょう。・・・(*^^)vポチ☆有難う

2010/10/28(木) 午前 10:29 メイク・アップ 32 jp 返信する

顔アイコン

素晴らしい。
この記事読み落としてました。
遅ればせながら、転載させてください。
よろしくお願いします。

2010/12/11(土) 午後 11:41 [ 伊右作 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、伊右作 さん、コメント有難うございます。
いつも、ブログを訪ねて、拝見させていただいています。・・・(^^♪
メイクの記事はオリジナルですので、転載はご自由にお使い下さい。よろしくお願いします。(*^^)v

2010/12/12(日) 午前 8:32 メイク・アップ 32 jp 返信する

>恋愛は明確な遺伝子が作り上げているもので、同時に起きる高揚感やときめきはこれとセットになっているらしい。・・・


へえええええええええ〜

すごく興味深いお話ですね

引き込まれるように一気に読んでしまいました

ポチ

2011/1/25(火) 午後 2:21 あ ぐ 返信する

顔アイコン

こんにちは、Axen さん、コメント有難うございます。
『赤い糸』・・・赤い糸の伝説の原話は中国にあり、生れ落ちた時赤い糸で結ばれていたのが、それが気に入らなかったらしく、相手を突き飛ばし糸を切って旅にでた唐人の話。その後人生を紆余曲折した結果、最愛の人にめぐり会えたら、その人には不思議と突き飛ばされた痕が残っていたと言われている故事・・・

ポチ☆有難う

2011/1/25(火) 午後 9:36 メイク・アップ 32 jp 返信する

顔アイコン

一方的に一目ぼれ(片想い)する方が、多いのでしょうか。
お互いに一目ぼれで、ゴールインした人達こそ、運命ですね、うらやましい。

結婚したくても、結婚したい人に出会えず、一生を終える人も
いますが、運命の赤い糸に辿りつけない人もいるのでしょうか。
これも、運命なのでしょうか。 削除

2012/3/16(金) 午後 9:30 [ とおりすがり ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、とおりすがり さん、ご訪問有難うございます。
一目惚れ現象には、過去の因果が関係したものと、お互いに欠点を補正し合う共依存とがあり、一丸に運命的な出会いとは言い難いものがありますが、「赤い糸」の伝説は驚くべき現代の神話だと思います。♪
結婚出来ない人は、大事な運命を、何度も見送っているのでしょう。・・・

2012/3/17(土) 午前 9:07 メイク・アップ 32 jp 返信する

顔アイコン

福島大学教授の飯田史彦著 の、ソウルメイト−「運命の人」には、
「生まれる前に、今生では結婚しないと決めている魂もあるので、
その場合は独身を貫くケースが多い」と、書かれているそうです。

でも、昔は、愛とか恋とか関係なく、殆どの人が結婚していましたね、
「25歳を過ぎても独身でいる人は、異常者で、精神が病んでいて・・」と、
言われていた時代もありました。

人類学者のヘレン・フィッシャー博士は、
「情欲、恋愛、愛着の3つ脳のシステムは、関連しあっているとは限らない」と言っていますね
・・恋愛しなくても結婚生活は続けられますからね。

人類皆、恋愛遺伝子をもっているのか考えます。 削除

2012/3/17(土) 午後 4:09 [ とおりすがり ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事