ここから本文です
★川越スケッチブック-埼玉都民の川越暮らし
忙しすぎて更新ままならず・・すいません

書庫全体表示

★私は2歳

イメージ 1

 俳優の船越英二が亡くなりました。享年84歳。

 船越英二というと、「しとやかな獣(1962年)」での悪女若尾文子の正体に気づかないで貢ぐ真面目な税務署員や、「ぼんち(1960年)」での嫁にも姑にも頭の上がらぬ婿養子とか、「妻の日の愛のかたみに(1965年)」の優しい夫役など、どこかお人好しで気弱な役どころの印象です。フィルモグラフィーを見ると実際は様々な役柄を演じて幅広いのですが、代表作「野火(1959年)」などを未見なのでどうも印象が偏っています。

 私が見ている出演作の中では「氷点(1965年)」で、妻の浮気中に最愛の娘を殺されたことから、妻に内緒で犯人の娘を養女に引き取り育てさせる、病院の院長役あたりが異色だったかも知れません。

 今ふと頭に浮かんだのは「私は2歳(1962年)」 若夫婦(山本富士子・船越英二)が苦労と喜びの中で、懸命に子供を育てる話しでキネ旬ペストテン第一位。船越英二はどこかのほほんとした夫で、目を離した隙に子供がビニール袋をかぶって遊んで危うく窒息しそうになり、妻と実母(浦辺粂子)にこっぴどく叱られるシーンを思い出しました。もっともこの作品は山本富士子の演技が圧巻でしたが。

 船越英二の親類にあたる家が川越にいたと、川越関連の書籍で読んだことがあるのですが、いざとなると書名を思い出せません。たしか図書館の仕事に携わっていた方と誰かの述懐でした。戦前のことだと思います。

  • お〜ハンサムだったですね〜私が覚えてるのは校長先生役の船越英二さんですね〜何年前かな?

    [ まゆまゆ ]

    2007/3/22(木) 午後 4:59

    返信する
  • 顔アイコン

    まゆみさん>それ「熱中時代」ですね。この写真はデビューしてまもない頃だと思います。息子の栄一郎さんよりいい顔立ちですよね。そういえば昔、友人が栄一郎さん主催の劇団に参加したことがあって公演を観に行ったことがありました。

    mak**756*000

    2007/3/22(木) 午後 7:34

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事