ここから本文です
ICO、暗号通貨、ビットクラブを中心に思考します
最近YouTubeで噂になってるOdinトークンセール について調べてみました。

うん、これは怪しい。

子会社のNext Tech Lab Asiaと提携先のBlockchain Technology が同じ住所、Odin Wealth Management AGも住所がなんか変。
前から活動してるとはっきりしてるのがインディゴ株式会社くらい


社長の名前が田中真紀子の子供と同じと発見したときは脱力したなーww

でも一応詐欺ではないとおもってます。
なぜならあまりにも宣伝をしてる人が多くて金額も多いから
これが詐欺だとなぁ結構な大事件ですよ

開くトラックバック(0)

現状を

ビットクラブがなかなか更新しなくて不安だなと日々思ってます。

4月5日にハッシュレート790くらいになったと思ったらどんどん落ちて行って、今日は450で一個もできてないし・・・


しかし本日は動きがあったのか再投資が0になってます。子機は出てないので不安ですが親アカでみればちゃんと再投資されてます。
1BC=9498.82ドルとやたら高いレートだがそんなものなのか



私がビットクラブでマイニングし始めたのが16年9月29日
購入額599$、0.99ビットコイン


550日たった時点で受け取ったビットコインは0.13829 10万3千円

初日の採掘量は0.00036284で21円   50%再投資
今日は0.00006652で50円       100%受け取り

一部の宣伝で100日くらいで回収とかありますが、ビットコインの上昇を大きく考えないとどう考えても無理でしょう。

私の現状としては、ビットコインで持ってたほうがよかったが円で見ればプラスになってる。という状態です

ビットクラブをネットで見ていると宣伝みたいなものがあるので、実際にマイニングしてる人間が分析してみます。

500$の親機1000日レンタルで考えると
今日の500$の親機のマイニング量は0.0000687btc
1btcは84万くらいなので57.708円です。

なにもなければ1000日で57708円。しかし登録費で99$かかるので599$必要になるのでこのままでは赤字です。
しかしビットクラブはマイニングのパワーアップを図る予定なのでマイニング量は増えると思われます。
でも最後に増えたの8月の終わりごろ。現在もちょっとずつ採掘量は減っていきます。
ビットコインが下落するかもしれないということを考えれば倍くらいは採掘してほしいところです

子機とかもろもろのボーナス書けばましにはなるが、これだけ読めば投資しないほうがいいように思われます。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事